idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)


    且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は日本のオートレース選手。 東京都足立区出身。所属はJKAの川口オートレース場。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。オートレース選手になる前は、男性アイドルグループSMAPのメンバーとしてジャニーズ事務所に所属し、歌手、俳優、タレントとして活動していた。
    21キロバイト (2,837 語) - 2021年1月22日 (金) 12:56



    (出典 i.ytimg.com)


    心配ですね(><)

    【【森且行】オートレース、落車で搬送❗️骨盤骨折で入院へ】の続きを読む


    桐谷 美玲(きりたに みれい、1989年〈平成元年〉12月16日 - )は、日本のファッションモデル、女優。 千葉県出身。千葉県立千葉東高等学校、フェリス女学院大学卒業。スウィートパワー所属。夫は俳優の三浦翔平。 2005年、高校1年生の時に「千葉のナンバーワン美少女」としてスカウトされ、2006
    48キロバイト (5,999 語) - 2021年1月17日 (日) 08:10



    (出典 wezz-y.com)


    当たり前だけど偉い(^^)

    1 jinjin ★ :2021/01/24(日) 14:15:00.80

    桐谷美玲“うんち拾い”スクープに同情の声殺到「これはかわいそう」
     

    女優の桐谷美玲が、週刊誌にとんでもない姿をスクープされたと同情の声が寄せられている。

    それは、ウェブメディア『NEWSポストセブン』の1月19日リリースの記事。
    同サイトは昨年12月下旬の昼下がりに、桐谷とその夫・三浦翔平がベビーカーを押しながら犬の散歩をしている姿をとらえたようだ。


    そして記者が2人を追跡していると、ついにその時が訪れる。
    散歩していた愛犬がうんちをして、桐谷が慣れた手つきで処理をしたという。

    記事には、桐谷がうんちを拾っている姿がバッチリ掲載されている。



    この記事は犬がうんちをする描写を詳細に記すなど、なんともジャーナリズムに溢れるものなのだが、ネット上では

    《いや、犬の*の処理まで撮られるとか無理だわ 芸能人にはなれないわ笑》
    《こんな所まで撮られるの嫌だね…》
    《うわ… 犬のウ○コ処理してるところまで撮られてかわいそう》
    《うんち拾ってるシーン撮られるって芸能人は大変だね》

    といった同情の声が相次いでいる。



    散歩姿を撮られまくる桐谷美玲

    「今回の記事は、桐谷夫妻のマナーの良さを絶賛するエピソードばかり。犬がおしっこをした場所には、水をかけるというマナーも守っているようです。正直、犬を飼っている人としては当たり前で最低限のマナーですが、これだけでもネット上では『ちゃんとしてて偉い』『当たり前だけど、非常識な人もいるから好感持てる』といった声もあがっています。桐谷夫妻にとっては、嬉しい記事でしょう」(芸能記者)


    実は、昨年の2月と4月にも桐谷は犬を散歩する様子がスクープされ、持ち前のファッションセンスが絶賛されていた。

    スクープされるたびに好感度があがっていく桐谷。
    次はどんな犬の散歩スクープが撮られるのだろうか。


    https://myjitsu.jp/archives/255318

    NEWSポストセブン

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【桐谷美玲】愛犬の散歩で公共マナー遵守に好感の声】の続きを読む


    航平の『』の文字がついたのは偶然なんですよ」と語っている。 2013年3月、出身地の諫早市に完成した諫早市中央体育館は内村の偉業を称え、その愛称を「内村記念アリーナ」とした。館内にはパネル展示コーナーが設置されている。 ^ “金メダリストの略歴=内村航平(体操男子個人総合)〔五輪・体操〕”
    42キロバイト (4,322 語) - 2021年1月13日 (水) 17:55



    (出典 %E6%86%A7%E3%82%8C%E3%81%AF%E6%B5%81%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB.com)


    みんな命がけなんだが( ̄▽ ̄;)

    1 ボラえもん ★ :2021/01/24(日) 12:53:39.90

    東京オリンピックで自身4度目のオリンピック出場を目指す内村航平選手(32)が、日本テレビの独占取材に答えました。

    まずは、過去出場したオリンピック3大会を一つ一つ振り返った内村選手。
    2008年、自身初の出場となった北京オリンピックを、「最高に楽しかった思い出しかない。そもそも初めて日本代表で出た試合だったので、
    右も左も分からないまま強豪選手たちと共に試合ができてすごく楽しかった。プレッシャーは何もなかった」と振り返りました。
    内村選手は、当時19歳ながら個人総合で銀メダルを獲得しています。

    続いて2012年、個人総合で金メダルを獲得したロンドンオリンピックを振り返り、漢字一文字で「難」と表現した内村選手。
    その理由を「北京で銀メダルを獲得してから3年間の世界選手権で連覇し、ロンドンオリンピックでは金メダル確実と言われている中でプレッシャーを感じた。
    それまで自分はプレッシャーと無縁な人なのかなと思っていたが、実際に競技を行うと、意外とプレッシャーを感じていることに気付いた」と振り返りました。

    さらに、2016年のリオデジャネイロオリンピック。悲願の団体金メダルを獲得したこの大会について、内村選手は漢字一文字で「幸」と振り返りました。
    「ロンドンオリンピックの個人総合で金メダルを獲得し、さらにオリンピックでは初めて団体で金メダルを獲得することができた。
    世の中に体操を広げていきたいと思い出したのも、ちょうどリオオリンピックの頃で、日本の体操が世界で一番良いと思っているからこそ、
    団体で金メダルを獲得しないと意味がないという思いの中での団体での金メダル獲得、さらに個人総合でも連覇することができて幸せ過ぎる。
    こんないいことがあって、これから先にいいことないんじゃないのかなって思うぐらい良い思いをしているなーと感じた」と、「幸」と表現したリオ五輪を振り返りました。

    また、内村選手は4年に1回開催されるオリンピックを「運も持っていないといけない」とも語りました。

    その理由を、「スポーツは実力が全てだと思っているが、オリンピックだけは運という言葉を使わないと説明できない何かがあるなというのがあって、運というものをすごく感じます」と、
    現役最多の7つのメダルを獲得した過去3度のオリンピックの実体験を基に振り返りました。

    東京大会が自身4度目のオリンピックとなる内村選手ですが、リオオリンピックからの4年半に歩んできた道は苦難の道のりでした。

    2019年4月の全日本選手権の演技中に肩を負傷し、12年ぶりに日本代表から落選しました。
    肩の痛みは完治せず、満身創痍の内村選手は6種目で競う「個人総合」ではなく、「鉄棒」の1種目に専念するという大きな決断をしました。

    その理由を「コーチから『本気でオリンピック出場を狙うんだったら絶対種目を絞ったほうが可能性が高い。
    もがいて苦しくてオリンピックに出られないより、確実に気持ちよく行ったほうがよくないですか』と助言され、
    自分一人がオリンピックに行くわけではないので、僕に携わっている色んな人と一緒に行くみたいな気持ちになれた。そこで鉄棒1種目に絞るという決断の踏ん切りがついた。

    2018年の世界選手権でも銀メダルを獲得できているし、鉄棒はメダル獲得の可能性が高いと思っている」と語りました。

    鉄棒1種目に絞って練習を重ねた内村選手は、去年11月に行われた国際競技会で、H難度の大技「ブレットシュナイダー」を成功。
    切り札として練習し続けてきた大技を初めて成功させ、2019年の世界選手権金メダルの得点を大きく上回る15.200点をマークしました。

    さらにこの大会で注目を集めたのが、閉会式での内村選手のスピーチでした。「日本の国民の皆さんがオリンピックができないという思いが80%を超えている。
    できないじゃなくて、どうやったらできるかを皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと僕は思います」

    批判覚悟で切なる思いを訴えた内村選手。その理由を「もしこの状況で五輪がなくなってしまったら、大げさに言ったら*かもしれない。それくらい喪失感が大きい。
    それだけ命かけてこの舞台に出るために僕だけじゃなく東京オリンピックを目指すアスリートはやってきている」と、東京五輪への強い思いを明かしました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa46e639840c8a5da3cc2f52b292c3e9ba59f345

    ★1が立った時間:2021/01/23(土) 19:09:06.34
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611412409/


    【【内村航平】東京五輪がなくなったら…命がけでアスリートはやってきている】の続きを読む

    このページのトップヘ