idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)


    【MIU404】綾野剛✖︎星野源✖︎米津玄師 放送日決定にファン歓喜❣️


    MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日よりTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送予定のテレビドラマ。主演は綾野剛と星野源で、2017年10月期にTBS系で放送された『コウノドリ』以来2年半ぶりの共演。さらに、野木亜紀子(脚本)、新井順子(プロデュース)、塚原あゆ子(演出)は20
    13キロバイト (1,456 語) - 2020年6月6日 (土) 15:14



    (出典 gen128128.com)


    絶対観たい(≧∀≦)

    【【MIU404】綾野剛✖︎星野源✖︎米津玄師 放送日決定にファン歓喜❣️】の続きを読む


    戸田 恵子(とだ けいこ、1957年9月12日 - )は、日本の女優、声優、ナレーター、歌手、タレント。旧芸名、あゆ 朱美(あゆ あけみ)。青二プロダクション、グランパパプロダクションを経てルックアップ所属。特技はダンス、茶道。 愛知県名古屋市出身。駒沢学園女子高等学校卒業。
    92キロバイト (9,855 語) - 2020年6月4日 (木) 14:26



    (出典 i.ytimg.com)


    アンパンマン思い出す(*^^*)

    1 湛然 ★ :2020/06/05(金) 05:05:17.58 ID:x3i1frgL9.net

    2020.06.05
    戸田恵子 初めておばあさん役の声に挑戦…アニメ「もったいないばあさん」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/05/0013398243.shtml
    アニメ「もったいないばあさん」で、おばあさん役の声に初挑戦する戸田恵子

    (出典 i.daily.jp)



     女優・戸田恵子(62)が、アニメ「もったいないばあさん」で、主人公・もったいないばあさんの声を務めることが4日、分かった。「アンパンマン」などで声優としておなじみの戸田が、初めておばあさん役の声に挑戦する。

     「もったいないばあさん」(真珠まりこ著 講談社)は04年に誕生した絵本で、主人公の「もったいないばあさん」が、「もったいない」という言葉の意味と大切さを子どもたちに伝える人気作。海洋プラスチックごみや食品ロスなど、環境をめぐる様々な問題を子どもたちに分かりやすく投げかけており、シリーズは17作品、累計100万部超。全国の幼稚園、保育園だけでなく、韓国や中国、フランス、インドなど世界中の子どもたちに愛されている。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出が規制されている世界中の子どもたちにオンラインアニメで届けることになり、6月5日の「世界環境デー」を皮切りに、6言語で無料配信され、講談社公式YouTubeチャンネルなどで視聴することができる。

     戸田は「『もったいないばあさん』は見た目がとてもファンキーで、元気溌溂としていて、私にとっては理想のおばあさんです」とコメント。「モノが豊富にあふれている時代なので、なかなか『もったいない』と思うことはないかもしれません。お母さんやお父さんにもこの作品をご覧いただき、ただ『もったいない』と子どもたちを叱るだけでなく、どうしてもったいないのか。そこにはちゃんとした理由があることをわかってもらえたらいいですね」と語った。


    (おわり)


    【【もったいないばあさん】戸田恵子、おばあさん役の声に初挑戦❣️】の続きを読む


    少女A」(しょうじょエー)は、日本の歌手中森明菜の楽曲。この楽曲は彼女の2枚目のシングルとして、1982年7月28日にワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)よりリリースされた (EP: L-1616)。 「少女A」は、1982年10月27日発売のスタジオ・アルバム『バリエーショ
    26キロバイト (2,702 語) - 2020年6月6日 (土) 13:00



    (出典 thumbs.gfycat.com)


    中森明菜少女A 新人賞

    (出典 Youtube)


    また歌ってほしい(^o^)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/05(金) 04:43:38 ID:7ccoZBHq9.net

    【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】

     中森明菜のファーストアルバム『プロローグ(序章)』の好セールスにワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)内の“明菜ムード”も高まった。

    地方営業所でレコード店の営業だった担当者は当時を振り返る。

    「明菜の場合は地方キャンペーンをきめ細かくやってきたことが功を奏し、レコード販売店からの反応は、いわゆる“82年組”と呼ばれる新人の中でもよかった。ですからメディア展開以上にレコード店頭での販促展開が効果を発揮していましたね。そう言った意味でエンド・ユーザーには中森明菜の名前はかなり浸透していました」

     アルバムがチャートにベストテン入りしたこともあり、反応が鈍かった芸能誌からも取材の問い合わせが舞い込むようになっていた。

     セカンド・シングル『少女A』は7月28日に発売が決まっていた。

     ツッパった10代の少女の揺れ動く表情をマイナー調8ビートに乗せて歌ったこの作品は、広告代理店のコピーライターから転身した売野雅勇が作詞、尾藤イサオのバックバンド「ザ・バロン」でギターを担当していた河内広明こと芹澤廣明が作曲したものだった。

     ちなみに、売野と芹澤のコンビは、後にチェッカーズの作品でヒットを飛ばすが、『少女A』は文字通り、このコンビでの“出世作”となった。

     もっとも当初、セカンドシングルはデビュー曲『スローモーション』に近い路線の作品で、来生えつこ(詞)と来生たかお(曲)コンビによる『あなたのポートレート』で決まっていた。しかし、明菜の制作宣伝を統括していたワーナーの寺林晁氏(現「エイベックス・エンタテインメント」レーベル事業本部アドバイザー)のツルの一声で『少女A』に変更された経緯があった。

     寺林の判断には社内からも異論が出ていた。ワーナーで明菜のプロモートを担当していた富岡信夫氏(現「モモアンドグレープスカンパニー」代表取締役)が明*。

     「明菜に関しては、寺林さんの指示は絶対でしたので『少女A』という決定は変えようがありませんでしたが、とはいえ第2弾も来生コンビの路線で行くべきだったのではないかという意見が、社内の一部に根強くあったのも確かです。いずれにしても、セカンドシングルの直前に発売したアルバムが好調だったこともあって、発売直前までそう言った声がくすぶっていましたね」

     もっとも『少女A』には、そんな意見以上に制作現場泣かせ(?)な難題があった。

     「明菜自身が『少女A』の“A”を自分のことだと勘違いしていたんです。それで詞の内容を含め、最初から『イヤだ!』『絶対に歌いたくない!』と言い張っていたんです。確かに10代の明菜にとっては強烈的な詞でしたから、余計にそう思ったのかもしれませんね。彼女は性格的にも繊細ですし、イヤなことは感情に表す子でしたから…。それでレコーディングも苦労したと聞きました。とにかくスタジオで『歌いたくない』と言って聞かない明菜を、時間をかけてなだめたのだと思います。結局は不機嫌な状態でレコーディングしたようですが、歌入れでは、本人にはテストと言いながら1回目から内緒で録音したと聞きました」と明*。

     「もっともディレクターも明菜の強情な性格を知り尽くしていたので、途中で『聴いていて何も面白くない』と逆にけしかけたようです。すると急に明菜の歌に対する怒りのエネルギーが爆発して、最終的にはディレクターの納得した歌が録れたそうです。その後、セカンド・シングルにすると決めたのが寺林さんの意向だということで本人も納得したようです。とにかく明菜というのは、自分の考えや意見をむやみに言うだけではなく、一方では柔軟な考えも持ち合わせていました。ただ思い出すのは、ジャケットの…あの、どこか睨みつけているような表情も気に入っていなかったようでしたね」 (芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

     ■中森明菜(なかもり・あきな) 1965年7月13日生まれ、54歳。東京都出身。81年、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』で合格し、82年5月1日、シングル『スローモーション』でデビュー。『少女A』『禁区』『北ウイング』『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE-情熱-』などヒット曲多数。

     NHK紅白歌合戦には8回出場。85、86年には2年連続で日本レコード大賞を受賞している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df96d1020ac0db113e190780143049667cb25a02
    6/4(木) 16:56配信



    (出典 Youtube)

    中森明菜 - 少女A


    (出典 Youtube)

    あなたのポートレート 中森明菜


    (出典 i.imgur.com)


    【【少女A】明菜ちゃん「絶対に歌いたくない!」と言いつつ大ヒット♡】の続きを読む

    このページのトップヘ