idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    26キロバイト (3,306 語) - 2020年1月11日 (土) 05:28


    働かなくても大丈夫ですね(´∀`)

    1 ばーど ★ :2020/01/21(火) 19:27:50 ID:6GqHzjd09.net

    芸能活動再開の目途が立っていない木下優樹菜について、実家の裕福さから復帰を焦っていないのではないかと、21日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。

     記事によると、木下の実父は地元で会社を経営。祖父は界隈では有名な地主で、2軒の家と4棟のアパートを所有。家賃収入は年間数千万にも上り、不動産価値だけでも7億円以上あるという。

    「2女を抱えるシングルマザーとなった木下ですが、これほど実家が裕福なのであれば、芸能界に戻る理由もないでしょう。このままフェードアウトするのでは?」(記者)

     木下といえば、2018年7月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、無二の親友という青山テルマと共演。この時、テルマは「自分たち2人は芸能界に未練がないから本音で喋れる。本当にフラットで媚びてない」と木下との共通点を語っていた。

     また、昨年末に木下と離婚したFUJIWARA・藤本敏史は、「夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております」とコメント。一部ニュースサイトは、藤本から養育費が支払われるようだとの関係者のコメントを報じている。

    「離婚発表後に木下の不倫疑惑が浮上したこともあり、長年にわたり養育費を払い続けるであろうフジモンに同情が集まっている。一方、木下はこのまま無職になっても、お金に不自由はしなさそうですね」(同)

     いまだタピオカ恫喝騒動に対する謝罪会見が開かれないなど、芸能界にしがみついている気配を感じさせない木下。その背景には、裕福な台所事情があったようだ。

    2020.01.21
    https://entamega.com/30691

    (出典 entamega.com)


    ■関連スレ
    【芸能】木下優樹菜「子連れ不倫」も確定に? 乾貴士との「逃走不可」な画像一致発覚
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579601334/

    ★1が立った時間 2020/01/21(火) 15:08:27.51
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579594577/


    【タピオカ騒動や乾との不倫疑惑の渦中でも芸能界復帰を焦らない、木下優樹菜「父は社長・祖父は7億円地主」超ヨユ〜】の続きを読む


    山下 美月(やました みづき、1999年726日 - )は、日本のアイドル、女優、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである。『CanCam』の専属モデル。東京都出身。身長159 cm。血液型はO型。愛称は、づっきー、みづき。 1999年7
    27キロバイト (3,452 語) - 2020年1月21日 (火) 05:04



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    山下美月さん可愛いですね(o^^o)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/20(月) 05:28:25 ID:oG+eNKyW9.net

    国民的アイドルグループ「乃木坂46」の新成人メンバー・山下美月さんが大人の街へと変貌を続ける、渋谷の最旬スポット『CE LA VI TOKYO』へ。

    艶やかなムードが漂う、大人の社交場のような空間で、彼女の新しい一面を引き出してみた。

    「艶やかな世界に憧れた10代。これからは大人としてそのたしなみを身に付けたい」
    「『東京カレンダー』に出るのが高校生の頃からの私の夢でした。まさかこんなに早く叶うなんて思っていなくて。今日はとてもうれしいです」。

    山下美月さんは瞳を輝かせた。

    今をときめく国民的アイドルグループ「乃木坂46」の一員であり、デビュー直後からその完成されたルックスと高いアイドル性でファンを魅了してきた彼女。

    1月21日に上梓する初のソロ写真集には昨年の時点で予約が殺到し、紀伊國屋書店の注文受付がいったん終了するという事態が起きた。

    それだけ期待を集める“エース”は、なぜ本誌に出るのを「夢」と語るのか。まずはそれを掘り下げようとすると、山下さんは照れたように笑いながらこう言った。

    「昔から大人の世界に惹かれるところがあるんです。『東京カレンダー』さんは、たとえば隠れ家のようなレストランでお忍びデートするようなワンシーンを写真で切り取って、艶やかな世界を見せてくれるでしょう。

    そこがすごく好き。ひとりでときどき妄想しています。私もいつか誰かに連れていってもらいたいなあって」

    “アイドル”が夢を見させてくれる存在だとしたら、山下さんの発言の最後のくだりはまさに、こちらに夢を抱かせてくれるものだ。

    だが、本人に言わせると、「自分はちっともアイドルらしくない」らしい。彼女は言葉を選ぶようにゆっくりと口を開いた。

    「自然体が可愛くて、素のままでアイドルをやれる方がいいと思っているのですが、私は違います。

    お休みの日はたいてい夕方までゴロゴロしていて、手の届く範囲のところにお菓子やティッシュ、ゲームなどを置いてはベッドから一歩も動きません。干物系なんです(苦笑)。

    だから、ライブに出演したり、握手会に出席したり、人前に出るときは意識的にスイッチを入れないと。これからは仕事モードだ、って」

    自分が歌ったり演技したりする姿を後から映像で見直すたびに、「これは私じゃない」と感じるという。それはつまりオンとオフを切り替えられていることであり、プロ意識が高いとも言えそうだが、山下さんは「いやいやいや」と首を横に振った。

    「スポットライトを当てていただいているときの自分と、もともとの自分とにギャップがありすぎるんですよ。普段の私は、街なかにいても気づかれないくらいですし」

    聞けば、一人で焼肉を食べに行ったり、カフェに行ったりするのが日常茶飯事らしい。また、夜、仕事帰りに渋谷のセンター街をひとりでふらっと歩くこともあるそうだ。

    「人混みって意外とラクなんです。まだ働いている人がいるんだな、みんな自由な時間を過ごしているんだなと歩くだけで感じられるから。このお仕事をしていると、同世代の方がどういう暮らしをしているのかが見えなくなりがちですけど、渋谷には同世代が多くて安らげるんです」

    そうなのかもしれない。芸能界は特殊な世界である。年齢は関係なく、経験が浅い10代でもプロとして責任を持って仕事にあたらなければいけない。しかし、10代には10代ならではの自由がある。彼女が雑踏に紛れるのは、そうすることで社会とのつながりを見出し、バランスを取ろうとするがゆえなのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-10013152-tokyocal-ent
    1/20(月) 5:20配信


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【乃木坂46・山下美月が渋谷の最旬スポット「CE LA VI TOKYO」へ… 世界有数のロケーションで展開を続ける総合エンターテイメントレストランの日本初上陸店】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    15キロバイト (1,863 語) - 2020年1月17日 (金) 09:53



    (出典 www.drcheslock.com)


    大人っぽいですね(^^)

    1 ひかり ★ :2020/01/21(火) 20:54:01 ID:2btwgMoY9.net

     木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,(16)が「第31回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の10代部門を受賞し、21日、
    都内で行われた表彰式に登場した。胸元がV字型に大きくあいた白のタイトなノースリーブにパンツのオールインワン。スタイリッシュな装いと
    健康美で魅せ、会場の歓声に、さわやかな笑みを浮かべて応じた。

     表彰状を受け取ると照れくさそうな笑顔。ダイヤモンドのネックレスを身につけ、「このような賞をいただき、光栄です。自分が素敵だなと思える
    ジュエリーが似合う女性になれるようがんばりたいです」と語った。

     ゆるくウエーブがかかったロングヘアの左側を耳にかけ、イヤリングを見せるとともに、すっきり感もアップした装いだった。

     1年で最も輝いた人物に贈られる同賞。ほかに、20代部門で有村架純(26)、30代部門で木村文乃(32)、40代部門で藤原紀香(48)、
    50代部門で松下由樹(51)、60代部門で原田美枝子(61)が受賞。男性部門は田中圭(35)、特別賞(女性)を浅田真央さん(29)、
    特別賞(男性)を高橋英樹(75)が受賞した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000118-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)

    https://i.daily.jp/gossip/2020/01/21/Images/f_13052015.jpg

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【パパ似のKoki,「日本ジュエリーベストドレッサー賞」純白のノースリーブパンツスタイルで登場】の続きを読む

    このページのトップヘ