idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    2019年11月


    Destination Nowhere (カテゴリ ソニー・ミュージックレコーズのシングル)
    「Destination Nowhere」(デスティネーション・ノーウェア)は、沢尻エリカがERIKA名義で2007年11月28日に発売した2ndシングル。沢尻エリカの出すCDとしては3枚目のリリースとなった。発売元はソニー・ミュージックレコーズ。 「CDのみ」「CD+DVD」の2形態で発売、ジャケットもそれぞれ異なっている。
    4キロバイト (449 語) - 2019年11月11日 (月) 01:16



    (出典 www.officiallyjd.com)


    既に若い頃からヤンチャだったんですね∑(゚Д゚)

    1 牛丼 ★ :2019/11/27(水) 20:11:58.47 ID:2ow6MXvE9.net

    *取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)は、小学校の卒業アルバムに、「好きな言葉は一発逆転」と記していた。彼女が歩んできたのは、その言葉にとらわれたかのような人生だ。

    「丈はギリギリがいい!」とミニスカに目覚めた中学時代(冒頭の写真)、グラドルをやりつつ遊び歩いた高校時代(中退)を経て、最初の “逆転” は2005年。

    「オーディションで『日本映画はつまらないから見ないし』と答えた沢尻を、井筒和幸監督が絶賛。『パッチギ!』のヒロインに選ばれた」(芸能記者)

     映画賞を総なめにし、清純派女優として大ブレイク。だが、金髪ウィッグ姿で映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶に登場したときの、不機嫌全開の「別に……」発言で大炎上。“エリカ様” の悪名は全国に広まり、早々に化けの皮が剥がれた。

     2009年、ハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(55)と電撃婚すると、芸能活動はそっちのけで “豪遊生活” へ。

     2012年に主演映画『ヘルタースケルター』でフルヌードありの怪演を見せて、再浮上。一方、“薬物中毒” 報道が出たのも、そのころだ。本誌も奇行を何度も目撃したが……。

    「最近は重要な役を演じることも多く、現場でも社交的でした。大河ドラマ出演もやっと実現したところでした。もったいない」(事務所関係者)

     人生には代役も撮り直しもない。

    【沢尻エリカの “暗黒半生” 】

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2002年1月
    「グラビア系新人」として事務所の新人お披露目の場に。同年「ビジュアルクイーン」にも選ばれるボディを、報道陣に見せつけ!

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2003年ごろ
     友人と青春を謳歌する高校時代のプリクラ。

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2004年秋
     当時18歳。ハロウィンで制服コスプレをした沢尻容疑者と暴力団幹部の同席写真。本誌が2011年に報道。

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2009年2月
     ハワイ新婚旅行から帰国

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2010年5月
     泥沼の離婚劇に突入

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2010年9月
     銀座で開かれた知人の誕生会に参加したが、ひとりでは歩けないほど泥酔。さらに、自宅前でスマホをいじり、なかなか家の中に入らず。この直後には音信不通やドタキャン騒ぎも。

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2012年7月 
     金髪で揃えたファッションデザイナーの彼氏と深酒デート。ちなみに、まだ高城氏とは離婚前。本誌記者の問いかけに「F◯◯k You!」と罵声をあびせ、自宅へ入っていった。

    (出典 data.smart-flash.jp)


    ●2014年1月
     この前月、約3年8カ月の離婚劇が終結。離婚会見でまとった白いファーの “勝負服” に、ウサギ耳を合わせた格好で現われると、新恋人の腕を掴みタクシーを待つのだった。

    (出典 data.smart-flash.jp)


    週刊FLASH 2019年12月10日号
    https://smart-flash.jp/showbiz/86981


    【【驚愕】沢尻エリカの暗黒半生www】の続きを読む


    この項目では、各学校のPTA(単位PTAと呼称される)について主に記述する。単位PTAが協働するために集まった、市町村・都道府県・全国の各レベルに存在するPTA連合体(PTA連合会)の詳細については、日本PTA全国協議会、全国高等学校PTA連合会の項目を参照。 PTA
    69キロバイト (10,861 語) - 2019年9月18日 (水) 14:07



    (出典 www.asahicom.jp)


    ニッチェ『PTA会長』

    (出典 Youtube)


    私もやりました。

    メンバーによりますね。

    メンツが良ければ作業の効率良く、

    悪ければママゴトのようなやり取りと無駄な時間…

    役員やりたくないから子供は1人にした、

    という声も多々上がっていました。

    今や綺麗事は通用しないと思います。

    本当に必要な作業、無駄な作業は見直すべきです。


     

    1 ばーど ★ :2019/11/26(火) 08:39:55.61

    はてな匿名ダイアリーに11月20日、「PTAのせいで仕事クビになるから金銭補償して!」という怒りのエントリがあり注目を集めた。投稿者は今年4月、PTA役員の抽選に当たってしまったという女性だ。仕事をしておりPTAごときで平日は休めないが、投稿者の子どもが通う学校のPTAは軍隊並みに規律が厳しいとのこと。参加できないと非難され、裏でママ友に悪口を言われ無視されたという。それでもできる限り参加していたようで、

    「PTAのために仕事何度休んだと思ってる!」
    「わたしは専業主婦と違って、仕事に行って稼いで税金納めてる」
    「PTAで給料補償の訴訟を起こそうと弁護士に相談中」

    と雄叫びをあげている。(文:篠原みつき)

    「そのために仕事休めっていうなら金銭保証してって言いたい気持ちすごくよく分かる」

    投稿者は、PTAの仕事は非効率で時間がかかると不満を並べ、「底辺なしごと」として、

    「1日PTAでベルマーク作業して集まるのはたったの300円」
    「人件費はいくら!」

    などと憤っている。PTAが必要だという人はいるのか、「どう思いますか?」と問いかけていた。

    この投稿は500以上ブックマークが付き、賛同の声が相次いだ。投稿者のように困惑や怒りを抱えている人は多いようだ。

    「実際に訴訟起こしてもらえるとありがたい。PTAで困ってる他の人を助ける事になると思うから」

    「PTA もベルマークも、問題点は何度も指摘されていますよね。対話の機会をつくる意味で、訴訟よいと思います。社会を前進させたい」

    多くはPTA役員経験のある親たちで、「PTAでの時間拘束は長すぎると思ってた!そのために仕事休めっていうなら金銭保証してって言いたい気持ちすごくよく分かる」「重労働なのに無償」など、PTAの問題点について論じる声が次々に上がっている。

    何度も物議を醸すPTA問題だが、共働きが子育て世帯の大半を占める現在、簡単に「平日集まれ!」と言われても困る。任意参加とはいうものの、加入しないとなれば「子どもが不利益を被る」と暗に脅される学校もあるようで、実際に訴訟となればインパクトは大きいだろう。

    ■「母親が我慢して休みを取ればいい」と、問題が棚上げされていないか?

    実際にPTA問題での訴訟は起こっていて、2014年には熊本でPTA加入の意思確認がなかったことを不服とした男性が、会費の返還を求めてPTAを提訴した(翌年に和解)。大阪府内の私立中学校で、保護者会未加入を理由に卒業式のコサージュが貰えなかったことを不服として、慰謝料2万円を求めて提訴した父親の例もある。

    PTAの負担感については、2015年に女優の菊池桃子さんが「PTAは参加任意のはずなのに、全員参加が暗黙の了解となっているケースが多い」として、一気にクローズアップされ話題となった。菊池さんは「政府が積極的に関与・指導をし、女性の就業問題の議論を深めて欲しい。(要約)」と要望を出していた。以来、PTAのあり方を巡って問題意識が高まり、今年8月には神戸で「PTAフォーラム」が開催されたり、各地で改革に取り組む動きも出てきているようだ。

    しかし、投稿に共感が押し寄せることを見れば、まだまだ「母親が我慢してその期間休みを取ればいい」と、問題が棚上げされている所が多いことがうかがえる。

    子持ちの筆者もPTA役員は経験済みだが、確かにPTAは前時代的で非効率な作業が多い。PTAが全く不要とは思わないが、「これが仕事を休んでまでやらねばならないことなのか」と疑問を感じることも多々ある。正社員なら休みを取るのが大変だし、自営やパートなら収入減につながってしまう。専業主婦も暇なわけではない世の中だ。PTAの改革は、もはや待ったなしではないだろうか。

    2019.11.24
    https://news.careerconnection.jp/?p=82760

    (出典 news.careerconnection.jp)


    ★1が立った時間 2019/11/25(月) 14:20:30.60
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574659230/


    【PTAで仕事がクビ⁈少子化を煽る⁈今こそ考えるべきPTAや自治会の必要性や作業内容】の続きを読む

    このページのトップヘ