idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    2020年10月


    十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』(じゅうにひとえきたあくま げんじものがたりいぶん)は、内館牧子による長編小説。2012年5月12日に幻冬舎から刊行されのち、2014年12月4日に文庫化され。フリーターの青年が雷に打たれて源氏物語の世界にタイムスリップし、光源氏
    8キロバイト (684 語) - 2020年10月30日 (金) 11:48



    (出典 buzzfilm.net)


    複雑ですね(⌒-⌒; )

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/10/31(土) 10:55:08.45 ID:CAP_USER9.net

    投稿日:2020/10/30 19:17 更新日:2020/10/30 19:17
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1908169/

    (出典 img.jisin.jp)


    10月29日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された伊藤健太郎容疑者(23)。

    映画や舞台など主演作を控えるなかでの不祥事に、各関係者は対応に追われているという。

    そんななか、伊藤容疑者が主演の映画『十二単衣を着た悪魔』も公開日が11月6日に迫っている。30日、公式サイトでは「各所と協議中」と発表された。

    本作には、9月に*取締法違反で逮捕された伊勢谷友介容被告(44)も出演。伊勢谷被告の逮捕時には、「個人が起こした事件と作品は別である」として公開中止を踏みとどまった。

    本作は内館牧子氏の同名小説を原作とし、監督を務めたのは黒木瞳(60)だ。’16年公開の『嫌な女』で監督デビューして以来、彼女にとって長編2作目となる。

    ネガテイブな男子が「源氏物語」の世界にタイムスリップし、自分の存在価値を見つめ直すストーリー。伊藤容疑者は就職試験に落ち続け、コンプレックスに葛藤するフリーター役を演じた。

    初版時の’12年に小説を読んで感動したことを機に、映画化を熱望していたという黒木。各メディアによると、伊藤容疑者を主演に抜擢した理由を「真面目で清らかなところを演じてもらえると確信した」と絶賛。伊藤容疑者の誕生日である6月30日に合わせて、情報公開された。

    再び監督に挑戦した黒木だが、本作を成功させたい“理由”があったという。

    「前作は木村佳乃さん(44)と吉田羊さんという人気女優がW主演でしたが、興行収入はわずか6,200万円。もとは黒木さんが出演予定でしたが、監督が決まらず自らメガホンをとることに。タイトなスケジュールのなか不慣れなことも多く、プレッシャーを抱えていたそうです。ですが女優として円熟の域に達している彼女は、『もっと良い作品を作りたい』と意欲的に。前作での反省点を挽回すべく、再び挑戦したのでしょう」(映画関係者)

    10月28日に報じられた日刊スポーツのインタビューで、黒木は監督としての矜恃をこう語っている。

    「私自身が作品へのものすごい熱量を持っていないと、日々の撮影をクリアしていけない。その熱い思いは最後までキープした」

    そんな黒木の熱意は、製作過程の端々まで行きわたっていたという。

    「台本をいつも持ち歩き、隅々まで目を配っていました。見どころでもある艶やかな衣装や十二単衣は、黒木さんが最もこだわった演出です。着物の色や柄はもちろん、人物が登場する年代や季節まで細かく研究。何度も京都まで出向いて、色合わせを行ったといいます。

    さらに撮影は2月の最も寒い時期。時代劇のセットは、積雪のため使用が困難に。そこで黒木さんは、主人公が源氏物語の世界にトリップしたように見えるセットを提案。新たにセットを組み直すことで撮影を続行できたのです」(前出・映画関係者)

    出演者に再び逮捕者が出てしまった本作。黒木の沈痛は計りきれないーー。


    【【十二単衣を着た悪魔】黒木瞳の構想8年…伊藤健太郎主演映画、公開へ】の続きを読む


    サー・トマス・ショーンコネリー(英: Sir Thomas Sean Connery、1930年8月25日 - 2020年10月31日)は、スコットランド出身の元映画俳優。『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で有名。公称身長188cm。 スコットランド・エディンバラでアイルランド系の家庭に
    29キロバイト (2,224 語) - 2020年10月31日 (土) 13:16



    (出典 img.cinematoday.jp)


    カッコ良かったですね!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/08/26(水) 17:08:23.94

    俳優ショーン・コネリーさん、90歳に 初代ジェームズ・ボンド

    2020.08.26 Wed posted at 14:56 JST

    (CNN) 映画「007」シリーズで初代ジェームズ・ボンドを演じた俳優のショーン・コネリーさんが25日、90歳の誕生日を迎えた。
    コネリーさんは1930年8月25日、英スコットランドのエディンバラで生まれた。
    007シリーズの1作目「ドクター・ノオ」でボンド役を演じたのは1962年。ここ数年、ハリウッド映画には出演していないものの、今も大スターであることに変わりはない。
    SNSは90歳のコネリーさんの誕生日を祝い、英紙ガーディアンは「ショーン・コネリー90歳:危険な誘惑に満ちた男らしさの象徴」という記事を掲載した。
    コネリーさんは007シリーズの7作品で主演したほか、ヒッチコック監督映画「マーニー」(1964年)などに出演。ギャングの暗躍を描く犯罪映画「アンタッチャブル」(1987年)ではアカデミー賞助演男優賞を受賞した。
    直近では、2012年のアニメ映画「サー・ビリー(邦題:ビリーじいさんのミラクル救出大作戦)」で主人公の声を担当している。
    2003年に収録されたインタビューの中でコネリーさんは、当時70代だった自身と妻のミシュリーヌ・ルクブルンさんについて、「気分は3歳児の方に近い」と語っていた。

    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35158692.html


    【【ショーン・コネリー】初代ジェームズ・ボンドで活躍、90歳にて永眠】の続きを読む


    永野 芽郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。 子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー
    62キロバイト (8,361 語) - 2020年10月12日 (月) 09:48



    (出典 cdn.entameclip.com)


    似合いますね(o^^o)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/10/29(木) 22:47:04.72 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 img.cinematoday.jp)



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



     人気若手女優の永野芽郁の6作目となるカレンダー「永野芽郁オフィシャルカレンダー2021」が、12月10日に発売されることが決定した。

    山田洋次監督の新作『キネマの神様』(2021年公開)が控えているなど、映画、ドラマ、CMに引っ張りだこな永野は、自身が撮影のアイディアを出し、写真セレクトやレイアウトにも一から携わった2nd写真集「No cambia」を4月に発売。そんな彼女の6作目となる本カレンダーは、昨年に続き、デスクとポスターの2種タイプで発売される。

     ポスタータイプ・デスクタイプそれぞれの表紙イメージに加え、STARDUST SHOPPERS、楽天ブックス、イベント応募権付商品の予約・購入特典となるオリジナルフォトカードのイメージカットの5点が公開された。本カレンダーでは、自身初となるフワフワなカーリーヘアに挑戦。また、肩出し姿など、さまざまな永野をみることができる。

    発売日となる12月10日には、抽選で選ばれた30名が永野と個別で話ができるプレミアムな発売記念イベントがオンラインにて開催予定。カレンダーと同日にクリアファイルも発売される。(編集部・梅山富美子)

    「永野芽郁オフィシャルカレンダー2021」は12月10日発売 ポスタータイプ・デスクタイプ共に2,000円+税 発行:SDP

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd6303a68b242f8e6333ccc242ca3dc5e291e142
    10/29(木) 17:00配信


    【【永野芽郁】可愛いカーリーヘアー♡2021年カレンダー発売❣️】の続きを読む


    限定条件の1つで、オートマチック車(自動変速車、以下AT)に限り運転できる免許のことである。通称「オートマ限定」「AT限定」「オートマ免許」「AT免許」。この項では以下AT限定免許と表記する。 日本国内の自動車教習所では、AT
    19キロバイト (2,945 語) - 2020年7月19日 (日) 11:27



    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    AT限定だったのか( ̄▽ ̄;)

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/10/31(土) 07:03:49.72

    2020年10月31日 05時15分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2355615/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


     道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が30日午後8時過ぎ、警視庁東京湾岸署から釈放された。救護措置を怠ったことで俳優引退の危機に陥っているが、芸能界ではそもそも売れっ子が自ら運転をしていた点を疑問視する声も…。その背景を探ると、伊藤容疑者の〝熱すぎるクルマ愛〟がひき逃げに繋がったとの情報が浮上した――。

     伊藤容疑者は28日午後5時45分ごろ、東京・渋谷区内で車を運転中、バイクに衝突。男女2人にけがを負わせたにもかかわらず、救護せずに立ち去った。目撃したタクシー運転手の説得で数分後に現場に戻ったが、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで29日、警視庁原宿署に逮捕された。

     これまでの調べに対し、伊藤容疑者は「現場から離れてしまったことは間違いありません」と容疑を認めたうえで、「気が動転してパニックになった」などと供述しているという。

     事故を起こしたことは仕方がないが、救護措置を怠ったことは大問題。糾弾されても仕方がないが、業界内では「なぜ運転することを許していたのか?」との声も聞かれる。

     芸能プロ関係者は「あれだけの売れっ子ならば、事務所が運転させないのが普通」という。こうした点について、伊藤容疑者の所属事務所は本紙の取材に「そこに関して答える義務はない」とコメントした。

     別の芸能プロ関係者は「伊藤は幼少期から遊ぶ玩具はいつも車だったと明*ほど。特に大きな車が大好きらしい。実際に事故を起こしたのも本人の好みに合う車だった。ドライブがストレス解消の一つになっていたようだ。高校卒業後に免許を取得したが、無名時代は事務所から〝運転禁止〟を命じられていた。しかし売れっ子になったことで車の運転が許可され、喜びを爆発させていた」という。

     伊藤容疑者はブレークしたことで〝天狗〟に。大の酒好きなこともあり、ちやほやされて朝まで深酒することも。仕事現場に二日酔いで現れ、悪びれる様子もなかったという。

    「酒と車が好きなのですから、周囲は当然飲酒運転を心配する。特に車の運転を含めて生活態度に苦言を呈していたのが、デビューから親のように面倒を見てきた元事務所のマネジャーAさん。でも今年4月にAさんが退社してから、やんちゃぶりが加速していった」(前同)

     今回の事故ではアルコールは検出されてないが、Aさんが退社した4月にも、伊藤容疑者は文京区の路上で車と接触する物損事故を起こしていた。この事故をきっかけに事務所から〝運転禁止〟を求められたが、伊藤容疑者が猛反発し、9月の事務所移籍につながったとみられている。

    「本人はとにかく強気。運転にも自信を持っていたようで、スピードをかなり出す。物損事故を起こした際、周りから運転技術をダメ出しされたことが気に入らなかったのか、友人らに『次、事故を起こしたら運転しない!』と豪語していた。大事故を起こしたら、運転禁止になることを恐れてパニックになったことものもあるのでは?」とはワイドショー関係者だ。

     4月の事故で運転禁止令を受け入れていれば、こんなことにならずに済んだのに…。


    【【伊藤健太郎容疑者】AT限定だけど…車への異常な執着愛www】の続きを読む


    ジャンポールベルモンド(Jean-Paul Belmondo、1933年4月9日 - )は、フランスの俳優。シリアスなドラマからアクション・コメディまで、出演映画は幅広い。20世紀後半のフランスを代表する俳優の一人。実子のポールベルモンドは、元F1ドライバー。
    19キロバイト (1,619 語) - 2020年8月4日 (火) 14:26



    (出典 pbs.twimg.com)


    カッコいいですね(o^^o)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/10/31(土) 08:57:47.50

    「ジャン=ポール・ベルモンド」。この名を聞いて、すぐにピンと顔を思い浮かべることができる人はどれぐらいいるだろうか? アラン・ドロンとともに人気を二分するフランスのスター俳優として彼が最盛期を迎え活躍したのはもう半世紀近く前のこと。時の流れで、忘れられても仕方ないのかもしれない。知っている若い世代もジャン=リュック・ゴダール監督の「勝手にしやがれ」や「気狂いピエロ」の主演といったヌーヴェル・ヴァーグの俳優として記憶しているのがほとんどだろう。

     ここ日本においては、忘れかけられた俳優といっていいかもしれないジャン=ポール・ベルモンド。そんな彼の主演映画8作品を網羅した特集上映「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」が30日から開催される。


    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


    今、なぜジャン=ポール・ベルモンドなのか?
     今、なぜベルモンドなのか? 今回の特集の仕掛け人、配給プロデューサーで映画評論家の江戸木純氏に訊いた。

     はじめに今回の特集を企画した経緯をこう明*。

    「僕が映画を観始めたのは、1970年代の前半ぐらい。そのころはフランスの娯楽映画もよく公開されていたし、テレビでもしょっちゅう放送されていました。当時は、フランス映画というと、アラン・ドロンとベルモンドの主演作が双璧で。アラン・ドロンは圧倒的に女性ファンがついていて、一方の男の映画ファンは断然、ベルモンドでした(笑)。また、いまと逆で、ベルモンドはもうヌーヴェル・ヴァーグの俳優というイメージはほぼ消えていて、アクション・スターとして人気を得ていた。

     たぶん、僕らの世代はほぼ『ベルモンド=アクション俳優』で、ヌーヴェル・ヴァーグのイメージは多少あるのみ。ただ、日本ではそのあと、1990年前後からはじまったミニシアターブームのときに、ヌーヴェル・ヴァーグの作品がリバイバル上映されて、そこでベルモンドも脚光を浴び、そのまま『ヌーヴェル・ヴァーグの俳優』という評価で定着してしまった。でも、そこからも30年近くたってしまっていて、今の日本では、ほとんどベルモンドは忘れかけられている。しかも、ヌーヴェル・ヴァーグ俳優のイメージのまま。


    中略

    日本では誰でも知っている『ルパン三世』や『コブラ』のモデル
     そうした考えがある一方、ベルモンドを再評価したい気持ちもあったという。

    「1990年代のミニシアターブームで、いわゆるアート系と呼ばれる作品や、作家系の映画が注目された時代もそうなんですけど、日本の映画ジャーナリズムは、どこか娯楽映画は下に見る傾向がある。

     ベルモンドの映画も、ヌーヴェル・ヴァーグはいいけど、ほかの娯楽作はB級だよねみたいな。当時の論調がそうだったんです。今回、傑作選を組む上で、昔の映画評などを見返したんですけど、ほとんどまともに論じられていない。徹底的にエンターテインメントを追求した娯楽映画なのに、きちんと語られていない。もっとマニアックな、たとえばホラー映画とかだと、熱狂的に書かれているものとかあるんですけどね。

     たとえば今回上映される『ムッシュとマドモアゼル』なんかめっちゃくちゃおもしろい。すごくきちんとしたコメディ映画であり、アクション映画になっている。でも、当時のポスターやチラシをみると、単なるおチャラけた、ちょっとおバカに映るような感じの印象になっている。つまり、ベルモンドの映画はちょっと下に見られていた傾向があります。

     一方で、フランスで人気を得ていたアラン・ドロンは女性人気もあって、日本でもけっこうきちんと扱われている。

     でも、ベルモンドのファンは確実にいて、大好きは人がいっぱいいる。実際に影響は大で、日本では誰でも知っている『ルパン三世』や『コブラ』のモデルになっている。でも、ベルモンド自身とその映画は忘れかけられている。

     いまこそきちんとベルモンドを評価したいと考えましたし、そのためにはやっぱり見てもらわないといけないと思いました」


    (出典 prod.akimg.tv.rakuten.co.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20201030-00205350/
    10/30(金) 6:30


    (出典 Youtube)

    Space Cobra スペースコブラ 1982 BD OP


    (出典 Youtube)


    Cobra Space Pirate(Opening Theme) Full with Lyrics


    【【ベルモンド】「ルパン三世」「コブラ」モデルだった❣️アクション劇が再び注目】の続きを読む

    このページのトップヘ