idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:芸能 > 芸能全般


    芸能(げいのう)とは、芸術の諸ジャンルのうち人間をもって表現する技法のことである。 日本語の「芸能」は広く流通している表現であり、「芸能界」や「芸能人」など大衆文化(大衆芸能)を想起させるものを含む一方、能や歌舞伎などの伝統芸能の枠組みも含まれる。 芸能には、主に、演劇・舞踊・ポピュラー音楽・映画
    8キロバイト (953 語) - 2020年4月13日 (月) 11:18



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    一般人も大変だと思います

    1 ネギうどん ★ :2020/09/17(木) 11:07:34.20 ID:CAP_USER9.net

    コロナ禍で自分と成功を信じられない

     自死、薬物、退所の3つに共通していたのは、周囲の人々が「何で気づかなかったの?」と言われてしまうこと。「悩んでいなかった?」「おかしな様子はなかった?」「手を差し伸べられたのでは?」などの声に関係者は悩まされているという。ただ、「気づけなかったから起きてしまった」ことは事実であり、各事務所としてはこのままでいいはずがなく、何かを変えていかなければいけない。

     では、どんな現実があり、どんな原因が考えられるのか。

     まず自死に関しては、やはり本人でなければわからないことが多く、誰に聞いても憶測の域を出ない。しかし、それでも芸能界の当事者たちに話を聞いていくと、「ただの憶測」というより、「そうだったのではないか」と思わされる現実と原因があった。

     「芸能人は『仕事が少ない』か、『忙しすぎる』のどちらかになりやすくて、『ちょうどいい』という人はほとんどいない。『自分の代わりになる人がたくさんいる』ことをわかっているから、人気があって順調に見える人でも心身両面でけっこうつらいし、何回か『私がいなくなっても誰も困らないでしょ』と言われたこともある」(芸能事務所関係者)

     三浦さんと芦名さんがそうだったかはわからないものの、世間の人々が思っているよりも自己肯定感が低い芸能人は多い。近年、芸能人の数が増えて競争が激化し、加えてコロナ禍で休みが続いたことで、「自分の資質や成功を信じられない人が増えている」というのだ。

     「仕事を断れる人はなかなかいない。特に求められて初めて演じる機会を得られる俳優は断れないし、『できるだけ期待に応えたい』と思うので、おのずとハードワークになり、キャパを超えてしまうことがある。コロナ禍でのオファーなら、なおさら頑張ってしまうけど、ふだんより撮影がハードになっているから、ある若手俳優は体調を崩してしまった」(ドラマ制作会社スタッフ)

     俳優業は芸能人の中でも、特に「地味で受け身」と言われる仕事。完成した作品こそ華やかだが、基本的な仕事の流れは「オファーを受け、脚本を読んでセリフを覚え、監督の演出方針を聞き、OKが出るまで繰り返し演じる」という受動的かつ地味なものになる。

     そのため芸能人の中には、穏やかに笑っているように見えても、心の中では「うまくできていたかな……」と不安視する人が少なくない。「自ら命を絶つくらいなら、やめればいいのに」と思うかもしれないが、芸能人として一定の成功を収めると、「やめる勇気より、命を絶つ勇気を持つことのほうが簡単」と思ってしまう人がいるのだ。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/361a175bccab5723bb32557c628bdca7d661c8af


    【【止まらない】芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか⁉️】の続きを読む


    華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた。
    78キロバイト (8,577 語) - 2020年9月15日 (火) 01:24



    (出典 yohei-0614.com)


    映像が見たい(・・;)

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 07:37:09.15 ID:CAP_USER9.net

    《さて突然のことで誠に恐縮ではございますが、弊社所属の華原朋美の専属契約解除のご報告をさせて頂きます》

     9月14日深夜、尾木プロダクションがこのような声明を出し、同事務所を退社していたことがわかった華原朋美。小室哲哉とともに音楽業界のスターダムを駆け上った彼女の現在は、ほの暗さと謎に満ちている。

    「昨年夏に念願の第一子を授かったばかりですが、お相手の男性が“外資系企業に勤務する一般男性”ということしか報道されないなど、謎が多いです。現在も特にこれといった仕事があるわけでもなく、事務所が運営する有料ブログも子育てのことを中心に綴ってきましたが、それも7月ごろからストップしています」(スポーツ紙記者)

     2007年、度重なる体調不良で仕事の継続が不可能だと判断されると、尾木プロから契約を解除された華原。2012年に同事務所に再所属というかたちで芸能活動を再開していたのだが、ここ最近は出産などもあり、活動にも陰りがみえてきていた。そんな彼女の名前を久しぶりに大きく取り扱ったのが、9月11日に発売された『FRIDAY』(9月25日号)が報じたスクープだった。

    「《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事で、互いに“親友”と認め合うふたりだっただけに驚きましたね。お子さんが生まれたばかりの華原さんが、信用する高嶋さんが“かつて自分の子どもたちも預けた”というベビーシッターA子さんを雇ったところ、1歳になる直前のお子さんに対し、“哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り”をしていたことがわかり、これは虐待だということでトラブルになったそうです」

     記事によると、A子さんの日頃の言動を不審に思った華原が部屋の防犯カメラの映像を確認したことから今回の一件が発覚し、A子さんは即刻解雇。しかし、そのことを高嶋にLINEで相談したところ、

    《これのどこが虐待なの? うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ》

     と返されたのが不和のきっかけになったという。この一連の報道について眉をひそめるのが、ことの真相を知る大手レコード会社幹部。

    「実はこの記事、華原さんの“持ち込み”から始まったものだそう。あくまで華原さんの友人による告発というテイをとり、彼女が直撃取材を受けるといった構成になっていますが、入念な打ち合わせが行われていたようです。誌面には防犯カメラの映像を切り取った画像や、高嶋さんとのやりとりが書かれたLINEのスクリーンショットも掲載されていますが、それらも本人が掲載を“公認”したものです」 

     記事中ではベビーシッターの行為について、複数の専門家にコメント取材を行い、「明らかに虐待」といった発言も引き出しているが、実はこの一件、すでに“解決済み”のことだったらしく、

    「愛息がこのような仕打ちをうけてパニックになった華原さんですが、結局、警察も介入する事態になったんです。そして、さまざまな検証が行われた結果、“虐待ではない”という判断がくだされました。つまり、すでに記事が出る前に終わっていたハズの話なんですよ」(同前)

    以下略 週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=2


    【【華原朋美vs高嶋ちさ子】警察も介入❗️“愛息虐待騒動”の全真相とは⁉️】の続きを読む


    b c d e f g h “『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月19日閲覧。 ^ 芸歴書 - 大判社 ^ a b c d e f g TBS (日本語), 日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ, https://www
    255キロバイト (39,864 語) - 2020年9月14日 (月) 00:21



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    次回も楽しみ(*^o^*)

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/14(月) 09:07:07.59

     俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の第8話が13日に放送され、平均世帯視聴率は25・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。初回から8話連続の大台超えで、第5話の25・5%を0・1ポイント上回り、番組最高を更新。同時に「今年ドラマ1位」「令和ドラマ1位」の記録も塗り替えた。第8話は新型コロナウイルスの影響により撮影に遅れが生じ、当初予定の先週6日から急きょ延期。待ちに待った2週間ぶりの放送をファンも堪能した。

     初回22・0%、第2話22・1%、第3話23・2%、第4話22・9%、第5話25・5%、第6話24・3%、第7話24・7%、第8話25・6%と推移。6日の代替生放送特番は22・2%。

     当初は4月19日スタート予定だったが、新型コロナウイルスの影響による撮影中断を挟み、3カ月遅れで待望の幕開けとなった。

     2013年7月期に放送された前作は、ベストセラー作家・池井戸潤氏(57)の小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成民放ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

     7年ぶりの続編となる今作も同じく池井戸氏の小説「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。半沢は大和田常務(香川照之)の不正を暴き“倍返し”したものの、子会社・東京セントラル証券へ出向。IT業界の雄・スパイラルの買収をめぐり、親会社・東京中央銀行との全面戦争に突入した。半沢は大手IT企業・電脳雑伎集団の粉飾を突き止め、銀行の証券営業部長・伊佐山(市川猿之助)らに“倍返し”。銀行本店に返り咲いた。それも束の間、今度は破綻寸前の巨大航空会社・帝国航空の経営再建を任され、国家権力という巨大な敵と闘うことになった。

     第8話は、半沢(堺)は開発投資銀行の“鉄の女”谷川(西田尚美)と共闘し、債権放棄を断固拒否。政府に一矢報いる。しかし、これが箕部幹事長(柄本明)の怒りを買い、中野渡頭取(北大路欣也)が参考人招致されるという危機に立たされる。その折、「タスクフォースの再建草案」の中身を知った半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。伊勢志摩は、他ならぬ箕部の選挙地盤。建設に尽力した彼の功績を讃え、地元からは「箕部空港」とも呼ばれている。すべてのカギを握るのは箕部だと確信し、その不正を探る半沢は“ある衝撃の過去”に行き着く。同じ頃、金融庁の検査官・黒崎(片岡愛之助)もまた、箕部を追っていて…という展開だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a52c4193e6a71684db3432f84a07ea939987ab1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【半沢直樹】「令和ドラマ1位」第8話は25・6%、番組最高を更新!8話連続大台超えwww】の続きを読む


    山本 里菜(やまもと りな、1994年6月22日 - )は、TBSテレビの女性アナウンサー。 千葉県千葉市出身。身長156cm。実家は焼き鳥屋。山脇学園中学校・高等学校、青山学院大学文学部英米文学科卒業。大学在学中にミスキャンパスの「ミス青山コンテスト2014」に出場しファイナリスト6名に選ばれた
    10キロバイト (1,187 語) - 2020年9月5日 (土) 23:28



    (出典 i.daily.jp)


    復帰できて良かったですね(^^)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/05(土) 22:31:32.18


    9/5(土) 22:03
    スポニチアネックス

    新型コロナ感染 TBS山本里菜アナが退院「復帰までもう少しお時間いただきます」
    TBSの山本里菜アナ
     8月27日に新型コロナウイルス感染が確認されたTBSの山本里菜アナウンサー(26)が5日、自身のインスタグラムで退院を報告した。

     山本アナは「この度は、大変お騒がせしておりますが2度のPCR検査で陰性の結果が出たため退院を致しました」と報告し「退院しましたが、もうしばらく自宅で様子を見させていただきます。復帰までもう少しお時間いただきますが、引き続きよろしくお願い致します」とつづった。

     山本アナの感染は、TBSが28日に発表。26日に任意でPCR検査を受け、27日夜に陽性と判定された。27日から軽い咳(せき)の症状が出ているものの、発熱はないとした。

     山本アナは同局の情報バラエティー「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)の進行を担当。MCを勤める爆笑問題・田中裕二(55)の妻でタレントの山口もえ(43)が25日にコロナを発症。濃厚接触者にあたる田中は26日にPCR検査を受け、こちらも陽性反応が出ていた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f4446f452ff3f16af25fb0b83f82b2f3c332ddd


    【【山本里菜アナ】コロナ感染からサンジャポ復帰「お肌のツヤが良くなりました」】の続きを読む


    黒沢 (くろさわ きよし、1955年7月19日 - )は、日本の映画監督、脚本家、映画批評家、小説家である。 1955年、兵庫県神戸市に生まれる。 立教大学では、自主映画製作集団「パロディアス・ユニティ」に所属した。同サークルには森達也や塩田明彦らがいた。蓮實重彦の授業を受講し、強い影響を受ける。
    22キロバイト (2,440 語) - 2020年9月13日 (日) 01:28



    (出典 pbs.twimg.com)


    嬉しいニュースですね(^^)


    1 Egg ★ :2020/09/13(日) 06:09:08.38 ID:CAP_USER9.net

    【ベネチア共同】イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第77回ベネチア国際映画祭の授賞式が12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、
    「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が監督賞(銀獅子賞)に選ばれた。日本人の同賞受賞は2003年の「座頭市」の北野武監督以来、17年ぶり3人目。もう1人は「西鶴一代女」(1952年)の溝口健二監督。

    銀獅子賞は、最高賞の金獅子賞に次ぐ栄誉。新型コロナウイルス流行を受け、イタリア行きを断念した黒沢監督はビデオメッセージで
    「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じている。長い間、映画に携わってきてよかった」と語った

    9/13(日) 5:54配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1eed59076a935efd8bd82299eeefd024aff38137


    【【黒沢清】ベネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞❣️日本人の同賞受賞は17年ぶり3人目】の続きを読む

    このページのトップヘ