idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:芸能 > 女優


    唐田 えりか(からた えりか、1997年9月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 千葉県君津市出身。フラーム所属。韓国での所属事務所はBHエンターテインメント。ファッション雑誌『MORE』専属モデル。愛称はからたん。 3歳と2歳年上の2人の姉の影響を受けて幼い頃からファッション雑誌を読
    45キロバイト (5,833 語) - 2020年1月22日 (水) 23:41



    (出典 buzz-press.com)


    どっちも許せないですね( ̄^ ̄)

    1 ばーど ★ :2020/01/23(木) 07:32:30.76

    唐田えりかの匂わせインスタ画像まとめ!杏のインスタにいいね押す神経も話題
    https://iroirog.info/zinbutsu/karata-niowase/

    フィルムカメラが趣味の唐田えりか
    「私は好きな人しか撮らないし撮りたくない」
    バーチャルキス画像で匂わせ?
    インタビューでは東出と「ずっと一緒にいた」と明*
    杏の「偽装不倫」の投稿にに対して「いいね!」を押す

    ※本文、インスタ画像はソース先をご覧ください

    関連スレ
    【芸能】東出昌大“不倫” デカ過ぎる代償…相手は清純派女優・唐田えりか 杏へのコンプレックスが原因か ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579731509/


    【東出昌大と不倫疑惑の唐田えりか、事務所「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたい」コメントするもインスタがヤバ過ぎると話題に】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    68キロバイト (8,344 語) - 2020年1月22日 (水) 07:53



    (出典 hinanoto.com)


    予告動画が恐い(゚ω゚)

    1 孤高の旅人 ★ :2020/01/22(水) 08:41:38 ID:yOmyyMVq9.net

    長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母「演じてみたいと思った」…映画「MOTHER マザー」
    1/22(水) 4:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01210229-sph-ent



     昨年、報知映画賞で主演女優賞に輝いた女優・長澤まさみ(32)が、映画「MOTHER マザー」(初夏公開、大森立嗣監督・脚本)に主演し、自堕落で奔放な母親役を演じることが21日、分かった。女優デビュー20周年の節目の年に、初の汚れ役に挑む。

    「新聞記者」「宮本から君へ」の映画製作・配給会社スターサンズが、実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て映画化。大森監督とタッグを組み、同監督が脚本も手掛けた。

     長澤が演じるのは、行きずりの男たちと肉体関係を持ち、その場しのぎの生活を送る自堕落な女・秋子。「女」としては破滅的な一方、「母」としては子供をなめるように、かわいがって育てる。複雑な内面を抱え、二面性を持った秋子が社会の闇に落ちていくさまを描く。

     オファーを受けた理由に、長澤は「結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく、息子の目線で脚本を読んでいた。人ごとじゃないと思わせられるリアルさがあって母親の存在の大きさ、親として子供を育てる責任について考えさせられ、演じてみたいと思った」。息子(郡司翔、9)には母親しか頼る存在がおらず、社会の底辺で生きる2人の間に“ある感情”が生まれる。その結果、成長した息子は自らの祖父母を殺害する事件を起こす―。

     映画「コンフィデンスマンJP」などコメディエンヌぶりに注目が集まる長澤だが、今作は全く異なる役どころ。「視点の違いで理解が大きく変わるキャラクター。母親に対して、見る方に同情の余地を持たせると、この物語が成立しない気がしたので一番意識しました」とコメントした。

     内縁の夫になるダメ男のホスト・遼役を演じる阿部サダヲ(49)は「親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、もろさを感じた」。初共演の長澤に「母親役の印象はあまりなかったのですが、グッと来ましたよ。親子のシーン…僕はいないシーンです(笑い)」と話した。

     ◆「どんどん大きく」大森監督も太鼓判

     約1か月の撮影期間を経て、昨年6月にクランクアップ。大森監督は「秋子は強烈で想像を超えたキャラクター。大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが、作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。非常に良い表情を収めることができたと思います」と太鼓判を押した。


    【長澤まさみ、女優デビュー20周年!全てを狂わせる"母"を演じる映画「MOTHER マザー」で汚れ役に挑戦】の続きを読む


    ルイヴィトン(仏: Louis Vuitton Malletier)は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイヴィトン(Louis Vuitton、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイヴィトン
    20キロバイト (2,402 語) - 2019年11月21日 (木) 00:51



    (出典 tsukiten01.com)


    憧れのヴィトンですね(*^^*)

    1 湛然 ★ :2020/01/21(火) 05:02:10 ID:dz1qQ1wT9.net

    1/21(火) 5:00 スポーツ報知
    広瀬すず、ヴィトンの「顔」に…「憧れのブランド。魅力を伝えたい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-01200195-sph-ent

    ルイ・ヴィトンのアンバサダーに就任する広瀬すず

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     女優の広瀬すず(21)が高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーに就任することが20日、分かった。

     ヴィトンによると、2012年にモデルデビューし、女優としても多くの映画賞を受賞している広瀬のキャリアは海外でも高評価。昨年は初めて演劇にも挑戦するなど「進化し続ける姿がエスプリ(精神)と共鳴している」(関係者)という。

     アンバサダーは海外のコレクションやイベントにゲスト出演するなどブランドをPRする。これまでエマ・ストーンら海外セレブが歴任。広瀬は「憧れのブランドでしたので、とてもうれしく思っています。ファッションの世界を楽しみながら、ルイ・ヴィトンファミリーの一人として、皆様に魅力を伝えていきたいです」と喜んでいる。

    (おわり)


    【広瀬すず、ルイ・ヴィトンのアンバサダーに就任「ルイ ・ ヴィトン ファミリーの1人として、皆様にその魅力を伝えていきたいです」】の続きを読む



    知佐子(はら ちさこ、本名:実相寺 知佐子、旧姓名・芸名:田原 知佐子、1936年1月6日 - 2020年1月19日)は、日本の女優。 夫は実相寺昭雄。現代制作舎所属。 高知県高岡郡高岡町(現在の同県土佐市)出身。高知県立高知追手前高等学校卒業、同志社大学文学部美学美術学科中退。
    16キロバイト (1,987 語) - 2020年1月20日 (月) 07:17


    no title

    (出典 www.tv-ranking.com)


    昭和の記憶が薄れていくようで

    寂しいですね(><) 

    1 muffin ★ :2020/01/20(月) 14:02:43 ID:vxGBHxax9.net

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200120/geo20012013190019-n1.html
    2020.1.20 13:19

    原 知佐子さん(はら・ちさこ=俳優、本名実相寺知佐子=じっそうじ・ちさこ、映画監督故実相寺昭雄氏の妻)19日午後6時4分、上顎がんのため東京都杉並区の病院で死去、84歳。高知県出身。葬儀・告別式は親族のみで行う。喪主は長女吾子(あこ)さん。

    70年代に放送されたドラマ「赤い疑惑」など「赤いシリーズ」で、山口百恵さんが演じるヒロインをいびる役で知られたほか、「岸辺のアルバム」などテレビを中心に活躍。16年の映画「シン・ゴジラ」にも出演した。


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 cdn.asagei.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【女優・原知佐子さん、上顎(がく)がんのため都内の病院で死去、「赤いシリーズ」「岸辺のアルバム」「シン・ゴジラ」など出演された名脇役】の続きを読む


    松本 紀保(まつもと きお、1971年10月15日 - )は、日本の女優である。本名、川原 紀保子(かわはら きおこ、旧姓:藤間)。 東京都出身。白百合学園中学校・高等学校を経て女子美術大学短期大学卒業。日本舞踊松本流の名取で「松本幸紀」の名を持つ。 二代目松本
    5キロバイト (395 語) - 2019年10月10日 (木) 04:37



    (出典 kawarawari.jp)


    姉妹なんとなく似てますね(^^)

    1 豆次郎 ★ :2020/01/17(金) 21:00:00 ID:r8xauNed9.net

    スポーツ報知
    1/17(金) 20:46配信
    松本紀保、初めての映画本格出演に「家族のような絆ができました」


     女優の松本紀保(48)、俳優の藤竜也(78)が17日、東京・新宿武蔵野館で映画「コンプリシティ/優しい共犯」(近浦啓監督)の初日公開あいさつに出席した。

     主に舞台で活躍する松本が、今作初めて本格的に映画出演した。舞台との共通点を聞かれ、「今作では2か月間、山形で撮影した。同じスタッフと撮影を共にして、舞台みたいな座組ができて。家族のような絆ができました」と笑顔で語っていた。

     藤はそば職人役として出演。そば打ちの訓練をしたようで、「練習する日にちが20日しかなかった。そば職人の形にするのは無理だと言われた」と明かした。それでも、「こっちも必死にやって、そば粉にして70キロ分練習した。最後に卒業試験として50人前のそばも作りました」と胸を張った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170213-sph-ent
    舞台挨拶に登場した(左から)ルー・ユーライ、藤竜也、松本紀保、近浦啓監督

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 rootote.jp)


    【松たか子の姉・松本紀保、「コンプリシティ/優しい共犯」初めての映画本格出演「家族のような絆ができました」】の続きを読む

    このページのトップヘ