idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:芸能 > お笑い


    ミルクボーイは、日本の男性お笑いコンビ、YouTuber。吉本興業大阪本部所属。2007年7月結成。大阪市天王寺区住みます芸人。2019年M-1グランプリ王者。略称は「ミルク」。 駒場 孝(こまば たかし、1986年(昭和61年)2月5日(34歳) - 、大阪府大阪市住吉区出身)
    35キロバイト (4,463 語) - 2020年9月19日 (土) 12:35



    (出典 www.rbbtoday.com)


    かなり増えましたね(><)

    1 ひかり ★ :2020/09/19(土) 15:39:21.24 ID:CAP_USER9.net

     弊社所属ミルクボーイ 内海崇(うつみ・たかし、34歳)が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたのでご報告申し上げます。

     内海は9月18日(金)の夜、帰宅後に検温したところ、37.2度の発熱症状となった為、大阪市内の病院で抗原検査を受けた結果、陽性と診断されました。

     19日(土)、保健所からPCR検査は不要で「陽性」確定との連絡を受けました。

     発症日は18日(金)となります。

     保健所の指導により、内海は自宅待機中で相方の駒場孝(こまば・たかし、34歳)も自宅待機しております。

     当社としましては、濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります。

     当社グループは引き続き、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます。

    https://www.yoshimoto.co.jp/corp/sp/news/media/media200919.html


    【【ミルクボーイ・内海崇】コロナ陽性、37.2度の発熱で自宅療養中www】の続きを読む


    稲田 直樹(いなだ なおき、1984年(昭和59年)12月28日 - )は、日本のお笑い芸人であり、アインシュタインのボケ担当。 大阪府四條畷市出身。吉本興業東京本部所属。 大阪NSC第28期生。 下顎が異常に長く、インパクトのある顔立ちから、今いくよ・くるよのくるよに、「よしもとの宝」と言われて
    10キロバイト (1,316 語) - 2020年9月13日 (日) 05:03



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    大事に至りませんように…

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 10:34:29.58 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ「アインシュタイン」稲田直樹(35)が新型コロナウイルスに感染したことが15日、明らかになった。所属している吉本興業が公表した。

     稲田は13日、早朝に発熱があり、PCR検査を受けた結果、14日に陽性と診断されました。発症日は12日とされた。現在、自宅待機している。

     吉本興業は「当社としましては、濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります」とコメントしている。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbd85b38cfd0d24324924ea813c1892a3776fd42


    【【アインシュタイン・稲田直樹】コロナ陽性で自宅療養中www】の続きを読む


    ねるとん紅鯨団』が始まり「ねるとんブーム」を起こし、深夜番組ながら視聴率上位常連の大ヒット番組なる。翌1988年には、代表番組『とんねるずのみなさんのおかげです』が始まり、開始直後から20%越えの高視聴率を記録。社会現象になるほどの番組となり、彼らの地位が確立した。その後も『とんねるずの生でダラダラいかせて
    150キロバイト (19,583 語) - 2020年9月2日 (水) 11:07



    (出典 e-talentbank.co.jp)


    人生いろいろですね(><)

    1 れいおφ ★ :2020/09/13(日) 11:53:09.29 ID:CAP_USER9.net

    「『やっぱり俺*でいたんだ』って。脳も全然動いていなかったんでしょうね」。
    石橋貴明、58歳。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了以来、燃え尽き症候群になっていたという。6月、YouTubeチャンネルを開設し、息を吹き返した。

    「絶対負けない。27個目のアウトを取られるまで、野球はゲームセットじゃない」。
    お笑いに導かれた若き日、テレビと視聴率、「売れる」とは何か、規格外の笑い。40年の情熱を語り、若者世代に活を入れる。(取材・文:塚原沙耶/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

    「元とんねるずですかね?」
    「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね。それだけ命をかけてやっていましたし、
    チャンスをもらった番組だったし、いろんな思いがすべて入っていたので。……なんか、あれからおかしかったです。
    やっと、YouTubeでまたちょっと息が入ったというか、呼吸し始めた感じで、*でいましたね」

    肩書を尋ねると、「元とんねるずですかね?」。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したのは、
    2018年3月。30年にわたる「みなさん」をまとめたDVD BOXは、終わったことを認めたくないから「たぶんこの先も開けない」という。

    「子どもたち、孫たちが棺桶に入れるんじゃないですか? 燃えるのかなあ、DVDって。
    火葬場の人が嫌がるかな(笑)。約30年間、毎週木金、『みなさん』の収録でフジテレビに行ってたんですよ。
    行かなくなって、定年退職したサラリーマンの方みたいに、燃え尽き症候群で。戦力外通告されて、テレビ大好きだったのにできなくなっちゃって、つまんねーなーって」

    今年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が始動する。「みなさん」で苦楽を共にしたディレクター、マッコイ斉藤から、「タカさん暇でしょ?」と誘われた。

    「マッコイに『YouTubeってどういうことをやるんだ?』って聞いたら、『僕に任せてくれれば大丈夫ですよ。石橋貴明を面白くするのが僕ですから』って」

    「目指せ1万人」でスタートしたが、3カ月も経たないうちにチャンネル登録者数は125万人を突破。
    元プロ野球選手の清原和博が出演した回は、600万回以上再生されている。毎回、視聴者からの熱心なコメントが並ぶ。

    「テレビと違って面白いなと思ったのはコメントですよね。キヨさんの回なんて1万とかきてるから、読んでいると夜中の3時4時になっちゃって。
    『こんなふうに見てくれてるんだ』とか『こんなふうにキヨさんにあったかいメッセージ書いてくれてんだ』ってウルッときちゃう時がある」

    視聴者は自身と同世代かと思いきや、意外な結果が出ているそうだ。

    「(データを見たら)30歳までと30歳以上、52対48で若いほうが多かったんですよ。
    これは俺らに勇気を与えてくれて。娘の友達で20歳くらいの男の子たちが、貴ちゃんねるずを見てくれていると。
    『パパの面白いよね。伝えといて』って言われたのが、最近すげー嬉しかった話ですよね」

    元気を取り戻して、アイデアが次々と湧いている。
    「ここ数カ月、すっげえ脳動いています。『そうだ。次はあれを作ろう』とか、出るわ出るわ。『あっ、やっぱり俺*でいたんだ』って。
    脳も全然動いていなかったんでしょうね。面白いもんですね」

    (以下、長いので省略。記事全文はこちら)

    ●インタビュー動画あり
    https://news.yahoo.co.jp/feature/1798


    【【とんねるずは死にました】石橋貴明が戦力外通告を受けていた⤵︎⤵︎⤵︎】の続きを読む


    近藤 くみこ (こんどう くみこ、1983年(昭和58年)1月4日(37歳) - )ツッコミ担当 三重県四日市市出身、暁高等学校卒業。 身長152cm、体重65kg。B104㎝ W96㎝ H96㎝。O型。体脂肪率41% 自称体脂肪率が江上が44%、近藤が33% で、これをつかみのあいさつにとり入れたことがある。
    21キロバイト (2,630 語) - 2020年9月9日 (水) 06:24



    (出典 kanakana-blog.com)


    おめでとうございます(*^o^*)

    1 muffin ★ :2020/09/12(土) 23:53:38.96 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2171870/full/
    2020-09-12 23:34

     お笑いコンビ・ニッチェの近藤くみこ(37)が、12日放送のフジテレビ系バラエティー番組『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜 後11:10)に出演。同番組の藤本プロデューサーと、約1年間極秘交際を続けており、婚約をしたことを明かした。まさかの告白に、明石家さんまは「プロポーズは?」と驚きを隠せない様子を見せた。

     近藤は昨年11月放送の『ダウンタウンDX』スペシャルで、10年ぶりに恋人ができたことを報告。お相手については「テレビの制作の方です」として、「番組で何回かご一緒して、ご飯食べに行ってアプローチしていただきました」と男性側からのアプローチだったと明かしていた。

     この日の放送では、“魔王”の愛称で知られている、ザブングルの加藤歩が「ニッチェ近藤、立ちんしゃい。このスタジオ内に、その彼氏がいるからなんですよ。お前の口から発表せんかい」と呼びかけ。近藤は動揺しながらも、同番組のプロデューサーとの交際と婚約を明*と、スタジオから驚きの声が上がった。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【ニッチェ近藤くみこ】さんまも驚き⁉️フジ『向上委員会』藤本プロデューサーと婚約♡】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月21日 (金) 14:41



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Time Traveler ★ :2020/09/09(水) 12:32:34 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也と「爆笑問題」の太田光が社会問題からプライベートなことまでしゃべり倒すテレビ番組『太田上田』(中京テレビ・火曜24:59~放送中)で、上田が「アンジャッシュ」渡部建にメールをした際の珍事件について話している。

     渡部建は今年6月、複数の女性との浮気を報じられ、その女性たちへの扱いのひどさもあって大騒動に。テレビで『ヒューマンステージが高い』と主張してきた渡部だけに、多目的トイレで事に及び、口止め料として1万円を渡していたというセコさがいっそう目立った。報道直前に自ら活動を自粛し、現在まで姿を表していない渡部だが、現在はどうしているのか、上田と太田も気になったようだ。

     上田はアンジャッシュの芸歴1年目からの仲だという。児嶋一哉は上田の自宅の合いカギを持っていたほどの仲であり、お互いのライブにもよく顔を出していた。上田が出先に行っているときには、児島が先に上田の家で待っていることもちょくちょくあったそうだ。アンジャッシュが売れてからは、渡部とはプライベートの付き合いこそなかったものの、騒動が会った時には心配になったという。

     騒動直後は多くの人が渡部に連絡していると思った上田は、あえて連絡せず、そっとしておいた。そしてちょうど一カ月ほど経った頃、「あいつもちょっと精神的に落ち着いたかな」と思い、メールを送ったそうだ。

     その内容は上田本人も「ちょっとかっこつけすぎかな」と思ったそうだが、「今回のことは残念だけど、ライブ時代から始めて売れるまで10年くらいかかっただろ? これからまた10年くらいかけて(表舞台に)でてくりゃいいじゃねーか。今後、民放地上波に、仮に出られないとしても、芸人の活躍の場なんてほかにいくらでもあるんだし、腐らず前向きに頑張れよ」というもの。

     メールを送って数時間後、渡部から返信が来た。感動の返信かと思いきや、渡部からのメールの内容は上田をずっこけさせるものだった。

    「あの、連絡先消したんで分かりません。どなたですか」

     これには太田も大爆笑。「マジかよ~~」と手を叩いて笑うと、上田は「『児嶋だよ!』の言い方で『上田だよ!』 って書いてやったわ! まったくさ、あいつ。俺、あいつの謹慎伸びればいいと思ってる」「俺に失礼なことした分、(謹慎を)伸ばせ!」と笑い飛ばした。
     渡部は大先輩である上田の連絡先を消したいと思うくらい疲労困憊していたのだろうか。あるいは、芸能界の知り合いの連絡先のほとんどを衝動的に消し、人間関係の断捨離をした可能性もある。

     まだ活動再開の目処は立たず、そもそも記者会見もしないままに活動を自粛してしまったため、まず会見をしてから出なければテレビ局などへの出演も難しいと見られている渡部。妻の佐々木希は彼を支えると明言しているが、渡部は再びヒューマンステージの上位へ這い上がることができるのだろうか。

    2020.09.08 18:00
    https://wezz-y.com/archives/80936


    【【上田晋也】渡部建に激励メール送ったら、まさかの「どなたですか」www】の続きを読む

    このページのトップヘ