idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:芸能 > アーティスト


    米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年〈平成3年〉3月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサーである。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm。血液型はO型。
    92キロバイト (10,005 語) - 2020年9月5日 (土) 01:05



    (出典 meigen.keiziban-jp.com)


    CMではよく見かける(⌒-⌒; )

    1 jinjin ★ :2020/09/19(土) 17:31:41.20 ID:CAP_USER9.net

    米津玄師ファン激怒!? 芸人の「もったいぶらず紅白出ろ!」発言に波紋


    ケンカ芸でブレーク中のお笑いコンビ『鬼越トマホーク』が、米津玄師のファンから〝ロックオン〟されてしまった

    9月12日深夜、「鬼トマ」の2人は『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出演。
    まだ誰も気付いていないが、自分は気付いた真実を発表する新企画「第1回 気づいちゃった発表会」で得意の毒舌を展開した。

    ケンカ後に毒を吐く役の坂井良多は、「俳優・ミュージシャンと飲みに行く芸人は問題起こしがち」との持論を発表。
    「俳優・ミュージシャンと飲みに行って、楽しかったことなんか1回もない」とぶっちゃけると、「芸人は俳優・ミュージシャンと飲みに行く必要がない」「誘われても行かない」と主張を強めていく。

    ここでMCの劇団ひとりから、「米津(玄師)に誘われても?」と、ビッグネームに誘われても断るのかという〝踏み絵〟の質問が。
    しかし、坂井は「行かない行かない。絶対に面白くないでしょ」と譲らず、ここで例のケンカ芸を「米津玄師が止めに入ったら」というシチュエーションですることになった。


    “米津キッズ”またも大激怒…

    ここで坂井が発したのは、「お前もったいぶってねぇで現場で紅白出ろよ!」というセリフ。
    スタジオからは爆笑が起き、丁度いい毒づきに絶賛が上がっていく。

    しかし、坂井は「地元はあまり好きじゃないと公言しているのに、(紅白で)地元から中継で出演した」など、やたら米津の情報に詳しく、実は米津のファンであることが判明。
    「好きな人と飲みにいったらガッカリしちゃう」というファン心からくる毒だと分かり、スタジオも丸く収まっていった。

    一方、ネタやくだりといった流れすら許せない〝米津の盲目なファン〟は坂井の発言に激怒。ネット上には

    《どの立場から言ってるの?》
    《そもそも紅白出ることはもはや凄いことじゃない 米津さんはそんな番組出る必要ない》
    《何様だよハゲ》
    《米津さんは容姿の話がそもそもNG》
    《つまらない。見てて不快》
    《冗談をマジで受け止めるなって手でディスってんじゃん》

    など、厳しい声が相次いでいった。


    「昨年3月、『トレンディエンジェル』斎藤司が、『ENGEIグランドスラムLIVE』(フジテレビ系)で米津の『Lemon』を替え歌にしたハゲネタを披露しました。これに対し、米津ファンは『*にしている』『ふざけるな』と激怒して大炎上。同年末にも、『ものまねグランプリ2019冬』(日本テレビ系)で米津のものまねを披露したコロッケが、『バカにした動きだ』と叩かれまくりました。
    米津のファンはバラエティーで、ネタやパロディーにされることすら許さない過激派が多いんですよ。米津は自分の意思で顔を出さない活動をしているのですから、そこへの指摘はあっても仕方ないのですが…」(芸能記者)


    「米津は神聖にして侵すべからず」ということか…。


    https://myjitsu.jp/archives/132637


    【【米津玄師】ファン激怒⁉️芸人の「もったいぶらず紅白出ろ!」発言に波紋】の続きを読む


    直井 由文(なおい よしふみ、1979年10月9日 - )は、日本のロックバンド・BUMP OF CHICKENのベーシスト。千葉県佐倉市出身。既婚。愛称はチャマ。未年・天秤座。 1979年、千葉県に直井家の長男として生まれる。臼井幼稚園ではのちのBUMP OF CHICKEN
    11キロバイト (1,282 語) - 2020年9月19日 (土) 00:03



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    コスプレ三昧不倫て…(・・;)

    1 名無し募集中。。。 :2020/09/19(土) 00:08:24.03 0.net

    ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」のベーシスト・直井由文さんが9月18日にSNSを更新。一部で報じられた不倫報道について言及し、謝罪しました。

    同日、「文春オンライン」は、直井さんが過去に結婚していたことを隠して一般女性と不倫していたことを報道。これを受け直井さんは、
    「この度報道されました私の記事に関しまして、当時親しくさせて頂いていた女性に対して誠実な対応が出来ていなかった事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、
    「今回の記事の内容で、BUMP OF CHICKENの音楽を愛して下さっているリスナーの皆様に嫌な思いをさせてしまった事、楽曲への信頼を失ってしまう事が、何よりも怖く、悔しいです」とコメントしました。

    続けて、メンバーや関係者への謝罪の言葉をつづった上で「これまでの自分を省み、これからの自分を正しながら、今まで以上に音楽活動に精一杯向き合うことで、傷ついてしまった信頼を回復していきたいと考えております」とつづっています。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1264870501b914fb941ddc4c6a01c6270e36a5a5


    【【BUMP OF CHICKEN】ベーシスト・直井由文、文春で不倫報道され即謝罪www】の続きを読む


    西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション(業務提携パーフィットプロダクション)。血液型はA型。身長161cm。既婚。
    68キロバイト (8,552 語) - 2020年9月16日 (水) 07:19



    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    綺麗ですね(⌒-⌒; )

    1 少考さん ★ :2020/09/14(月) 11:25:39.44

    西川貴教、美少女艦船化。新曲「As a route of ray」が「アズールレーン」CM曲に | BARKS
    https://www.barks.jp/news/?id=1000188923

    2020.9.14 11:00


    (出典 img.barks.jp)


    西川貴教の新曲「As a route of ray」が、艦船シューティング・アプリゲーム「アズールレーン」のCMソングに起用された。

    「アズールレーン」は、艦船を擬人化した美少女キャラクターを編成して敵と戦うRPGゲームで、中国アプリとして初めて日本のストアでダウンロード数1位を獲得している。「アズールレーン」の世界観をもとに書き下ろされた「As a route of ray」は、疾走感あふれるサウンドに、海にちなんだワードを散りばめた軽快なロックナンバーだ。

    また、「アズールレーン」の3周年を記念した新しいプロモーションとして、西川が出演するCMも公開。CMでは、同ゲームに登場する美少女キャラクターの一人である「エンタープライズ」に扮する西川が、「アズールレーン」が3周年を迎えた喜びの気持ちを爽快にシャウトし、ダイナミックに体を反る歓喜の決めポーズを披露する。

    アズールレーン3周年記念CM 「まだまだ3周年」篇

    (出典 Youtube)


    アズールレーン3周年記念 「As a route of ray」スペシャルムービー

    (出典 Youtube)


    ※西川貴教 tweet
    https://twitter.com/TMR15/status/1305300024956301312
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【西川貴教】美少女艦船化♡新曲が"アズールレーン"CMに❣️】の続きを読む


    華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた。
    78キロバイト (8,577 語) - 2020年9月15日 (火) 01:24



    (出典 oto-ch.net)



     
    心配ですね(><)

    【【華原朋美】呂律が回ってない…YouTubeの姿に心配の声】の続きを読む


    華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた。
    78キロバイト (8,577 語) - 2020年9月15日 (火) 01:24



    (出典 rebeauty.love)


    波乱万丈ですね(⌒-⌒; )

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 23:13:33.20 ID:CAP_USER9.net

     9月14日、所属事務所「プロダクション尾木」(以下、尾木プロ)との契約解除が発表された歌手の華原朋美(46)。「週刊文春」の取材に対し、華原本人が初めて契約解除について口を開いた。

     尾木プロは各メディアに対し、書面でこう発表した。

    〈此の度1999年~2007年、2012年~2020年と足掛け20年、弊社所属でありました「華原朋美」との契約を、本人からの申し入れもあり、8月31日をもって双方合意の上、解約致しましたことをご報告致します〉

     華原本人の申し入れによる契約解除とのことだが、華原をよく知る音楽関係者は語る。

    「表向きはそうなっていますが、実際はクビです。理由は若い頃から乱用していた精神安定剤や睡眠導入剤などの薬をやめられないからです。テレビの仕事の現場に来ても目がうつろで、ここ2年くらいはほとんど仕事もできない状態でした。さらに薬の影響で、少なくともここ1年で、母親の家と(母が経営する)美術館がある那須で2度、新宿で1度、事故を起こしています。特に今年3月には那須で、*ーリを大破させる事故を起こし、その時も薬で酩酊状態だったようです」

     9月14日夜、小誌は約1時間にわたり、契約解除となった理由や薬による“トラブル”などについて、華原に直撃した。

    「契約解除は私からお願いしたんです。やっぱりあのコロナになってしまって、仕事が全然無いのと、あとー、子育てを中心に今やっているところなのでー、うーん、とてもじゃないけどやっぱりいま歌手のひとたちって仕事がないので、そういう意味合いで」

     ゆったりとした口調で語る華原。

    ――子供を産んでからも薬がやめられなかったと聞いた。

    「全然です。そうじゃなかったら母乳で育たないですよね、ここまで」

    ――母乳で育ててらっしゃるんですか?

    「はい」

    ――睡眠薬とか抗うつ剤とか(母乳への影響があり)危ないとも聞く。

    「はい。だから、そういうことはないんですけどもー」

    ――今年3月には*ーリで事故を起こしたが。

    「あっ、あれはビーエム(BMW)のでっかいのと、私が乗っている*ーリと、すれ違い様にぶつかったというやつですけれども、それは本当です。でも、保険でもうあっちの修理も終わって、私が一方的にぶつけたわけではないので。だから100対0とか、10対0とか、そういうのではないですね」

    ――運転しているときに薬の影響で華原さんが酩酊状態だったという話も。

    「(呆れたように笑いながら)誰から聞いたんですか(笑)、そんなこと。全く違いますねー」

    ――いつから薬は飲んでない?

    「妊娠してからですね。去年の、一昨年? 一昨年からはもう全然。子供できるとやっぱり薬は飲めないので、うん、だからそういう状態でいますけど」

    ――事故が短期間に多過ぎる印象がある。薬の影響では?

    「子供を産んでるんで、そんな(薬物中毒の)状態ではいられないですよ。夜泣きとか。うちの子は夜泣きとかしないからあれですけど、母乳で育ててましたし、そういう可能性というのはまずないですよね」

    ――新宿の事故については?

    「あれは、ベビーシッターとうちの息子が後ろに座っていて、後ろを振り返ったときにハンドルも一緒に右に動いてしまったっていうことですね。左ハンドルだったんで」

    ――どこにぶつけた?

    「ガードレールです。誰も怪我もせず」

    ――(母親の)美術館のほうでも?

    「続きましたよね。育児でけっこう寝不足になったりとかが多かったので、たまたま重なったというような状況ですかね」

     あくまでも薬は服用していないと主張し、「なんでそんなに薬にこだわるんですかねぇ」と独り言のように語る華原。

     華原は2019年8月に未婚のまま男児を出産。しかし、その男児をめぐっても最近、騒動を起こしていた。9月11日に発売された『FRIDAY』で、友人のバイオリニスト・高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターに息子が虐待されていたとする記事が写真付きで掲載されたのだ。

    以下略全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cd421b63d573f79acfcdc523292902c1998a4d8
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cd421b63d573f79acfcdc523292902c1998a4d8?page=2
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cd421b63d573f79acfcdc523292902c1998a4d8?page=3


    【【華原朋美】薬をやめられず契約解除⁉️“薬物乱用”“交通事故頻発”疑惑を直撃www】の続きを読む

    このページのトップヘ