idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ: 時事ニュース


    ビタミンD (vitamin D) は、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類される。必須栄養素だが、日光浴によって生合成もされる。カルシウムの働きに関わり骨などの健康に関与する。ビタミンDはさらにビタミンD2(エルゴカルシフェロール、Ergocalciferol)とビタミン
    74キロバイト (9,530 語) - 2020年11月25日 (水) 08:14



    (出典 www.asahicom.jp)


    魚を食べよう٩(^‿^)۶

    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2020/05/05(火) 13:43:57.96

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化の因子として、年齢や慢性疾患の有無、性別などの可能性が指摘されていますが、新たな研究により、「ビタミンDレベル」と重症化との関係が明かされています。

    Vitamin D Insufficiency is Prevalent in Severe COVID-19 | medRxivhttps://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.24.20075838v1

    Scientists link vitamin D deficiencies to higher COVID-19 mortality rateshttps://www.zmescience.com/science/news-science/scientists-link-vitamin-d-deficiencies-to-higher-covid-19-mortality-rates/

    Low levels of vitamin D may be linked to severe COVID-19https://www.news-medical.net/news/20200429/Low-levels-of-vitamin-D-may-be-linked-to-severe-COVID-19.aspx

    必須栄養素の1つとされるビタミンDは脂溶性ビタミンの一種であり、自然免疫応答と適応免疫応答のいずれにおいても重要な役目を持ちます。ビタミンDを含む食べ物は存在するものの、一般的な食生活でビタミンDを十分に摂取するのは難しく、日光浴をして体内でビタミンDを生成することも重要となってきます。

    ルイジアナ州立大学健康科学センター・ニューオーリンズのFrank H. Lau氏が率いる研究チームは、ビタミンDとCOVID-19の関係性を確かめるべく、COVID-19患者の医療記録をたどり、ビタミンD欠乏のサインとなる25-ヒドロキシビタミンD(25OHD)について調べました。25OHDが30ng/ml以下であれば、ビタミンDが不足していることを意味します。

    20人の患者の25OHDを調査したところ、患者のうち65%がICU(集中治療室)行きという状況において、一般病棟患者のビタミン欠乏症の割合は57.1%でしたが、ICU患者のビタミン欠乏症の割合は84.6%に上りました。また、ICUに入った患者のうち「75歳未満」に対象を絞ると、ビタミン欠乏症の割合はなんと100%になったとのこと。

    ICUにいるCOVID-19患者のうち血液凝固の症状が見られた人は62.5%で、リンパ球の減少は92.3%でした。これらを総合して、研究者はビタミンDの欠乏が血液に影響を与え、免疫反応に混乱を起こしているのではないかと仮説を立てています。

    また、アフリカ系アメリカ人やホームレスに見られるCOVID-19重症化は、ビタミンD欠乏症が関係していることを研究者は示唆。

    加えて、イタリア・ギリシャ・スペインといった、COVID-19が深刻な被害をもたらしている国では、ビタミンD欠乏症の割合が70~90%にのぼっており、ノルウェーやデンマークではこの割合が15~30%と比較的低いことも指摘されています。

    なお、今回の研究結果はサンプルが限られたもので、論文も査読を経ていないため、正確な結論を出すには、リスクにより分類した被験者を対象したランダム化比較試験を行う必要があるとのことです。

    https://gigazine.net/news/20200430-vitamin-d-covid-19/


    【【新型コロナ】重症化抑制効果…重症患者とビタミンDの関係とは⁉️】の続きを読む


    気管挿管(きかんそうかん、英: Intubation)は、口または鼻から喉頭を経由して「気管内チューブ」を挿入する気道確保方法。 気管挿管は「確実な気道確保」と「誤嚥の防止」のため施行される。一般に以下の場合に行う。 意識レベル低下 昏睡状態、特に心肺停止患者における気道確保に行われる。 全身麻酔
    24キロバイト (3,994 語) - 2020年1月26日 (日) 04:21



    (出典 www.cnn.co.jp)


    対策の徹底したいですね(><)

    1 かわる ★ :2020/11/23(月) 20:16:08.88

    全ての血液サンプルがフルコナゾールに耐性を持ち、血液から分離した株のうち4つは別の抗菌薬アムホテリシンBも効かなかった。最後の望みであるエキノカンジンは、インドでは入手が難しい。最終的に、6人が死亡した。

    チャウドリー氏は、新型コロナと同じく、カンジダ・アウリスの感染拡大を抑えるためにも、検査と接触者追跡が重要であると訴える。カンジダ・アウリスの検査は、皮膚の表面をこするか、血液または尿を採取して行う。陽性と判定された患者では、3種類の抗菌薬の効果が調べられる。

    こうしてスーパー耐性菌による死者数をある程度特定することは可能だが、院内感染しやすいという点が問題を複雑にしている。病院では、患者は既にコロナなどほかの病気にかかっているため、死因がその病気によるものなのか、薬剤耐性菌によるものなのかを判断するのは難しい。

    コロナ重症患者が院内で感染か、10人中6人が死亡

    気候変動とパンデミック

    感染症にかかると、人間は防御反応として発熱する傾向がある。菌は熱に弱いためだ。だが、カンジダ・アウリスのような真菌が地球温暖化により高温の環境に適応すれば、その防御反応も効かなくなる恐れがある。つまり、将来的には既存の真菌が拡大するだけでなく、新たな真菌感染症が現れるかもしれない。

    「抗生物質が効かない細菌が増えているように、抗菌薬が効かない真菌も人類を脅*ようになるかもしれません」とラクスミナラヤン氏は警告する。多剤耐性結核菌や、北米を中心に症例が急激に増えているクロストリディオイデス・ディフィシル(Clostridioides difficile)などの強力な細菌は、米国で年間280万件というスーパー耐性菌感染症の99%を占め、死者はおよそ3万5000人に上る。

    以前から薬剤耐性を育む温床と言われてきたインドは、今や新型コロナ感染症流行の中心地となっている。チャウドリー氏の研究室でも、約半数の職員が最近の検査でコロナ陽性と判定され、2人が死亡した。個人的にも大変な状況に置かれているなか、カンジダ・アウリスの脅威に人々が気付き始めていることを、チャウドリー氏は歓迎している。

    「多くの人が、インドの問題なので自分たちには関係ないと考えていました。これまで私はたったひとりで研究し、大変な思いもしましたが、今は世界がその研究に取りかかっています。真菌感染症は、決して無視してはいけない病気です」
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO65815190U0A101C2000000/?n_cid=SNSTW001&page=2


    【【これが最期の瞬間】米ICU医師がコロナ対策の徹底を訴え】の続きを読む


    Go To キャンペーン(ゴートゥーキャンペーン)とは、国内における観光などの需要を喚起して、新型コロナウイルス感染症の流行と、その流行による緊急事態宣言に伴う外出自粛と休業要請で疲弊した景気・経済を再興させることを目的とした、日本在住者の国内を対象とする日本政府による経済政策である。
    23キロバイト (3,184 語) - 2020年11月25日 (水) 04:52



    (出典 feeljapan.net)


    お店やってる方は大変ですね( ; ; )

    1 ばーど ★ :2020/11/25(水) 17:36:37.72

    25日の衆院予算委員会の集中審議で、立憲民主党の枝野幸男代表は、政府が進める「Go To キャンペーン」について「旅行に行ってください、会食に行ってくださいでは(新型コロナウイルスが)感染拡大するのは当たり前じゃないか」と指摘し、菅義偉首相に「方針を変えるべきじゃないのか」と迫った。

    これに対して首相は「政府の役割は国民の命と暮らしを守ることだと思う。暮らしを守らないと命も守れなくなる」と説明。「雇用、事業継続に政府としては全力で取り組んでいる。ホテルやタクシー、食材提供業者、お土産屋さんなど全国で900万人いるといわれている。そういう人たちが『Go To トラベル』で雇用を何とか維持できている」と強調した。

    そのうえで首相は「コロナに感染する、あるいは感染拡大させてはならない中で、政府の分科会の専門委員からも話をうかがい、移動では感染はしない、という中で取り組んできた。今回は委員からもう一度検討してほしいという形の中で、ルールに基づいて取り組んでいるところ」とも答弁。「感染拡大を最優先しながら、経済を回していかなければいけないのもぜひご理解いただきたい」と述べ、「Go To キャンペーン」の中止には否定的な立場を示した。

    2020年11月25日 11時43分 朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASNCT3SR8NCTUTFK00G.html

    ★1が立った時間 2020/11/25(水) 13:11:14.43
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606287903/


    【【Goto】「経済を回していかなければいけない」 継続への理解と飲食店の疲弊】の続きを読む


    ゼリア新薬工業株式会社(ゼリアしんやくこうぎょう)は、医療用医薬品、一般用医薬品を製造、販売する日本の製薬会社。本社は東京都中央区。医療用では消化器系の治療薬に強みを持ち、一般用(otc)ではコンドロイチン製剤で有名。社名のゼリアは創業の契機となったコンドロイチン製剤、ゼリア錠に因む。企業スローガンは、「健康づくりはしあわせづくり」
    23キロバイト (3,207 語) - 2020年11月24日 (火) 12:12



    (出典 pbs.twimg.com)


    家族は悔しい気持ちですね…

    1 ばーど ★ :2020/11/25(水) 08:53:02.19

    ゼリア新薬工業(東京)の新入社員だった男性=当時(22)=が自*たのは、新人研修で人格否定されたことが原因だとして、両親が同社などに損害賠償を求めた訴訟は24日までに、東京地裁で和解が成立した。両親の代理人弁護士が明らかにした。

    他に和解したのは人材育成コンサルタント会社のビジネスグランドワークス(BGW、東京)と同社の元講師。弁護士によると、元講師は哀悼の意を示し解決金100万円を支払った。BGWは哀悼の意を表したが、その他の内容は非公開。ゼリア新薬との和解内容も明かされなかった。
     
    男性は2013年4月に入社後、BGWの講師から「意識行動変革」と称した研修を受け、過去のいじめ被害や吃音(きつおん)を同僚の前で告白するよう強要された。
     
    男性は強いショックを受けたと研修報告書に記し、約1カ月後に自殺。中央労働基準監督署は15年5月、「嫌がらせなどに該当する強い心理的負荷があった」として労災認定していた。
     
    男性の父親(62)は24日、都内で記者会見し、「やっと息子の墓前に報告できる。『*研修』のひどさの警鐘になれば」と話した。
     
    ゼリア新薬は「和解は事実だが、詳細は差し控えたい」とコメント。BGWも「和解により終結したが、それ以上はコメントできない」と回答した。

    2020年11月24日19時01分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112400944&g=soc

    ■他ソース
    研修中の自殺訴訟 ゼリア新薬、新入社員遺族と和解
    https://mainichi.jp/articles/20201125/ddl/k13/040/014000c

    ■関連過去スレ
    【裁判】「ゼリア新薬」新入社員が研修帰宅中に自殺 パワハラで精神疾患、労災認定 裁判を起こす★7 (c)
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1502278556/


    【【ゼリア新薬】ブラック研修で自殺した新入社員にコンサル元講師が哀悼の意】の続きを読む


    医療崩壊(いりょうほうかい)とは、医療安全に対する過度な社会的要求や医療への過度な期待、医療費抑制政策などを背景とした、医師の士気の低下、防衛医療の増加、病院経営の悪化などにより、安定的・継続的な医療提供体制が成り立たなくなる、という論法で展開される俗語である。
    39キロバイト (6,306 語) - 2020年11月12日 (木) 17:09



    (出典 business.nikkei.com)


    怖いですね( ; ; )

    1 ばーど ★ :2020/11/24(火) 07:27:36.39

    新型コロナウイルスが急速に感染拡大している東京都で、感染者の受け入れ調整が、すぐに行えない事態が起きていることがわかった。

    都内では、感染者の入院先が決まらず、保健所が、都に受け入れの調整を依頼する件数が増加している。

    関係者によると、病床数が逼迫(ひっぱく)してきたため、ここ数日間は、症状が重い患者を優先して、軽い症状の患者は「きょうは調整断念せざるを得ない」として保健所に通告し、ぎりぎりで調整が行われているという。

    また、新型コロナ以外の理由で集中治療室(ICU)に入院する患者を別の病院に転院してもらい、新型コロナの重症患者を受け入れる事態も起きている。

    都の関係者は、「新規感染者を抑制できないと重症者を救えなくなる」と危機感を募らせている。

    11/23(月) 13:12 フジテレビ系(FNN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5db01dc5a0131e2b2c5892ba611298a1089ec5e1


    【【医療崩壊】コロナ患者、病床数が逼迫でギリギリの調整⁉️】の続きを読む

    このページのトップヘ