idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:芸能 > 海外


    マイケル・ジョセフ・ジャクソン(英語: Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター、ダンサー。史上最も成功したエンターテイナーであり、一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。
    80キロバイト (9,479 語) - 2020年11月15日 (日) 09:49



    (出典 madamefigaro.jp)


    凄いですね(゚∀゚)

    1 少考さん ★ :2020/11/16(月) 07:07:34.04 ID:CAP_USER9.net

    米フォー* 「亡くなった有名人の長者番付」2020年版を発表 1位は8年連続でマイケル・ジャクソン - amass
    http://amass.jp/141397/

    2020/11/15 22:53掲載

    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/large/2018/87198.jpg

    米経済誌フォー*は、毎年恒例となっている「亡くなった有名人の長者番付」の2020年版を発表。1位は8年連続でマイケル・ジャクソン。今年1月にヘリコプター事故により亡くなったコービー・ブライアント、2019年12月に亡くなったラッパーのジュース・ワールドもリストに含まれています

    13. Marilyn Monroe - Film star 800万ドル
    12. George Harrison - Musician 850万ドル
    11. Freddie Mercury - Musician 900万ドル
    10. Prince - Musician 1000万ドル
    9. John Lennon - Musician 1,300万ドル
    8. Bob Marley - Musician 1,400万ドル
    7. Juice WRLD - Rapper 1,500万ドル
    6. Kobe Bryant - American basketball player 2,000万ドル
    5. Elvis Presley - Entertainer 2,300万ドル
    4. Arnold Palmer - American professional golfer 2,500万ドル
    3. Charles Schulz - American cartoonist 3,250万ドル
    2. Dr. Seuss / Theodor Seuss "Ted" Geisel - American author 3,300万ドル
    1. Michael Ja*son - Musician 4,800万ドル


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.forbes.com/sites/maddieberg/2020/11/13/the-highest-paid-dead-celebrities-of-2020/

    ※関連リンク
    https://twitter.com/Forbes/status/1327257104059674627
    https://twitter.com/Forbes/status/1327311409659699206
    (deleted an unsolicited ad)


    【【マイケル・ジャクソン】「亡くなった有名人の長者番付」2020年版を発表…マイケルは8年連続で1位に❗️】の続きを読む


    ジョニーデップ(英: Johnny Depp)(1963年6月9日 - )は、アメリカ合衆国出身の俳優、ミュージシャン。本名:ジョン・クリストファー・"ジョニー"・デップ2世(英: John Christopher "Johnny" Depp II)。 日本では「ジョニデ」などと略されることもある。
    60キロバイト (5,848 語) - 2020年11月2日 (月) 13:48



    (出典 courrier.jp)


    降板、残念ですね(><)

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/07(土) 08:35:54.97 ID:CAP_USER9.net


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    ジョニー・デップが映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズで演じていたゲラート・グリンデルバルド役を降板し、同作から身を引くことを発表した。事情を説明したジョニーからの声明を全文訳。(フロントロウ編集部)
    ジョニー・デップが『ファンタスティック・ビースト』を降板
     俳優のジョニー・デップが、映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズへの今後の出演を辞退することを、インスタグラムで公開した直筆の署名入りの声明を通じて発表した。

    https://www.instagram.com/p/CHQXHimJvAC/?utm_source=ig_embed

    降板は、ジョニーが、自身を元妻で俳優のアンバー・ハードに対して暴力を振るった「Wife Beater(妻を虐待する者)」と呼んだイギリスの大衆紙The Sunの発行元であるNew Group Newspapers(以下NGN)を名誉毀損で訴えた裁判で、英裁判所がジョニー側の訴えを棄却したことを受けて決定したもの。

     ジョニーは、『ファンタスティック・ビースト』シリーズの製作・配給元であるワーナー・ブラザースの要請により、同シリーズで演じた“闇の魔法使い”ゲラート・グリンデルバルド役を降りることを決断したと声明の中で説明したほか、アンバーへのDV疑惑に関して、自身の潔白を晴らすために上訴する意志を明らかにした。

     以下、ジョニーの声明をフロントロウが全文訳。

    「最近の出来事を踏まえ、下記に手短にコメントしたいと思います。
     まず第一に、私に支持や忠誠を恵んでくださっているみなさんにお礼を申し上げます。みなさんが、とくに、ここ数日の間に送ってくださった愛やご心配のメッセージには、とても感動し、有難く思っています。
     そして第2に、ワーナー・ブラザースから『ファンタスティック・ビースト』で演じたグリンデルバルド役を辞退して欲しいとの要請があり、私はそれを尊重し、リクエストに応じることにしたことをお知らせします。
     最後に、これは言わせてください。イギリスの裁判所が下した非常に理解し難い判決が、私が真実を伝えるための戦いを変えることはありません。私が上訴すを計画しているということを、ここに認めます。
     これからも、私の決心は固く、自分に対してかけられている疑惑は真実ではないと証明してみせます。私の人生とキャリアが現時点で定義されてしまうということはありません。お読みいただき、ありがとうございます」

     イギリス人作家J・K・ローリング著の児童小説を映画化し、空前の大ヒットを記録したファンタジー映画シリーズ『ハリー・ポッター』のスピンオフ作品として、2016年には第1作目の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、2018年には『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。同作で、ジョニーが演じた、グリンデルバルドは、ストーリーが語られるうえで、かなり重要なキャラクターとして知られる。

     同シリーズへの出演が決定した際には、すでにアンバーとの離婚裁判やDVをめぐる疑惑が世間を騒がせており、渦中のジョニーがキャスティングされたことには、一部で抗議の声が上がった。

     名誉棄損裁判の発端である、The Sunがジョニーを「Wife Beater」呼ばわりした2018年の記事の見出しも、ジョニーの『ファンタスティック・ビースト』へのキャスティングの適正に疑問を示したものだった。


    グリンデルバルド役には別の役者を 新作の公開は延期
     ワーナー・ブラザースは、米メディアへの声明を通じ、ジョニーの降板を認めたうえで「これまでのジョニーの同作への貢献に感謝しています」とコメント。さらに、グリンバルド役は別の俳優に引き継がせる意向を明らかにした。


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


     さらに、同社は、2021年11月12日に予定されていたシリーズ第3作目『Fantastic Beasts and Where to Find Them 3(原題)』の公開を2022年夏まで延期することも発表した。

    アメリカでの裁判は予定通りか
     今回の声明で上訴を宣言したNGNを相手取ったイギリスでの裁判とは別に、ジョニーは、アメリカで、アンバー本人を相手取って損害賠償を求める裁判を起こしている。


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    全文はソース元で
    https://front-row.jp/_ct/17407194


    (出典 Youtube)


    【【ジョニー・デップ】『ファンタスティック・ビースト』降板…元妻へのDV疑惑裁判敗訴⤵︎】の続きを読む


    ^ 日本語表記について、名前は「ロリ」または「ロリー」と表記され、姓は「ロックリン」、「ローリン」、「ラフリン」、「ルーフリン」など様々な表記がなされる。NHK版『フルハウス』のオープニングではロリー・ローリンとクレジットされていた。 ^ ステイモスとローミンは1998年に結婚。2005年に離婚。
    14キロバイト (1,015 語) - 2020年9月18日 (金) 10:04



    (出典 plusalpha-today.jp)


    また頑張ってほしいです(><)

    1 muffin ★ :2020/11/02(月) 13:41:23.87 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0119609
    2020年11月2日

    人気テレビドラマ「フルハウス」のベッキー役で知られる女優のロリ・ロックリン(56)が現地時間10月30日、カリフォルニア州ダブリンの連邦刑務所に入った。これから2か月の刑期をつとめることになる。CNNなどが報じた。

    娘たちを名門大学に不正入学させるための詐欺行為に関与したとして逮捕されたロックリンは今年8月、2か月の禁錮刑に処されていた。ロックリンは禁錮刑に加えて、100時間の社会奉仕活動と15万ドル(約1,575万円・1ドル105円計算)の罰金の支払いが義務付けられている。

    また、夫のモッシモ・ジャヌリにも5か月の禁錮刑と25万ドル(約2,625万円)の罰金が科せられており、250時間の社会奉仕活動を行う必要がある。ジャヌリは11月19日に刑務所に入る予定だ。

    これは米国史上最大の大学不正入試事件で、ロックリンをはじめ著名女優や企業の幹部など約50名が訴追された。ロックリンと夫のジャヌリは50万ドル(約5,250万円)を支払って、娘のオリヴィア・ジェイド・ジャヌリ(20)とイザベラ・ローズ・ジャヌリ(21)を有望な選手と偽装させ、ボート部のスポーツ推薦枠で南カリフォルニア大学に入学させたという。2人の娘はボート選手ですらなかった。(朝倉健人)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【ロリ・ロックリン】米人気ドラマ「フルハウス」ベッキー役女優が刑務所入り⤵︎】の続きを読む


    アンという名の少女』(あんというしょうじょ、Anne with an E)は、L・M・モンゴメリ1908年小説『赤毛アン』に基づくテレビドラマシリーズである。カナダCBCとNetflixにより共同製作され、3シーズン27エピソードをもって終了した。 著名な原作に基づいてはいるが、過去
    31キロバイト (1,497 語) - 2020年11月2日 (月) 02:07



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    また放送してほしい(o^^o)

    1 公共放送名無しさん :2020/11/02(月) 00:38:43.30 ID:0r8PbXvU.net

    https://www.nhk.jp/p/anne/ts/37R5MJZ1WZ/
    アンという名の少女[終](8)「あなたがいてこそ我が家」

    2020年11月1日(日) 午後11:15~午前0:00(45分)

    エイミーベス・マクナルティ…上田真紗子,ジェラルディン・ジェームズ…一柳みる,R・H・トムソン…浦山迅,ダリラ・ベラ…米倉希代子,ルーカス・ジェイド・ズマン…金本涼輔,コリーン・コスロ…堀越真己,エイメリック・ジェット・モンタズ…霧生晃司,【原作】L・M・モンゴメリ,【脚本】モイラ・ウォリー・ベケット,【演出】アマンダ・タッピング

    クリスマスが近づく中、収穫した作物を積んだ船が沈没し、収入を絶たれたマシューは、農場を担保に銀行から融資を受けていた。仕事量を増やして返済するつもりだったが、その矢先に心臓発作で倒れてしまう。マリラとアンは、返済期限の延長を銀行に相談するが、月末までに全額を返済できなければ、財産を没収すると言われる。窮地に陥ったアンとマリラは、家畜を売り、大切にしてきた品々を質に入れて、お金を集めようとする。

    ※前スレ
    アンという名の少女[終](8)「あなたがいてこそ我が家」★2
    https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1604242582/

    ※前スレ
    https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1604243515/


    【【アンという名の少女】遂に最終回⤵︎「あなたがいてこそ我が家」】の続きを読む


    サー・トマス・ショーンコネリー(英: Sir Thomas Sean Connery、1930年8月25日 - 2020年10月31日)は、スコットランド出身の元映画俳優。『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で有名。公称身長188cm。 スコットランド・エディンバラでアイルランド系の家庭に
    29キロバイト (2,224 語) - 2020年10月31日 (土) 13:16



    (出典 img.cinematoday.jp)


    カッコ良かったですね!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/08/26(水) 17:08:23.94

    俳優ショーン・コネリーさん、90歳に 初代ジェームズ・ボンド

    2020.08.26 Wed posted at 14:56 JST

    (CNN) 映画「007」シリーズで初代ジェームズ・ボンドを演じた俳優のショーン・コネリーさんが25日、90歳の誕生日を迎えた。
    コネリーさんは1930年8月25日、英スコットランドのエディンバラで生まれた。
    007シリーズの1作目「ドクター・ノオ」でボンド役を演じたのは1962年。ここ数年、ハリウッド映画には出演していないものの、今も大スターであることに変わりはない。
    SNSは90歳のコネリーさんの誕生日を祝い、英紙ガーディアンは「ショーン・コネリー90歳:危険な誘惑に満ちた男らしさの象徴」という記事を掲載した。
    コネリーさんは007シリーズの7作品で主演したほか、ヒッチコック監督映画「マーニー」(1964年)などに出演。ギャングの暗躍を描く犯罪映画「アンタッチャブル」(1987年)ではアカデミー賞助演男優賞を受賞した。
    直近では、2012年のアニメ映画「サー・ビリー(邦題:ビリーじいさんのミラクル救出大作戦)」で主人公の声を担当している。
    2003年に収録されたインタビューの中でコネリーさんは、当時70代だった自身と妻のミシュリーヌ・ルクブルンさんについて、「気分は3歳児の方に近い」と語っていた。

    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35158692.html


    【【ショーン・コネリー】初代ジェームズ・ボンドで活躍、90歳にて永眠】の続きを読む

    このページのトップヘ