idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    カテゴリ:時事ニュース > 海外


    トルコ共和国 Türkiye Cumhuriyeti 国の標語:Yurtta Sulh, Cihanda Sulh (トルコ語: 国に平和、世界に平和) 国歌:İstiklal Marşı(トルコ語) 独立行進曲 トルコ共和国(トルコきょうわこく、トルコ語: Türkiye
    89キロバイト (11,352 語) - 2020年8月27日 (木) 07:44



    (出典 blogthumbnail.fc2.com)


    凄いですね…

    1 トモハアリ ★ :2020/09/14(月) 06:18:11.17

    【9月13日 AFP】トルコの首都アンカラで12日、巨大な砂嵐が発生し、強風で6人が負傷した。

     アンカラの市長室が公開した動画には、ベージュ色の巨大な砂嵐が建物を覆い尽くしていく劇的な様子が映し出されている。

     また、気象当局がソーシャルメディアに投稿した別の動画では、大きな灰色の雲がアンカラ上空に垂れ込め、雷が発生する様子が捉えられている。

     気象当局はツイッター(Twitter)の投稿で、砂嵐と雨がグリニッジ標準時12日午後4時(日本時間13日午前1時)まで続くと予報。アンカラでは先月末以降、乾燥と熱波が続いている。

     さらに、アンカラに隣接する中部クルッカレ(Kirikkale)県では強風と砂嵐警報が出された。

     アンカラ県のバーシップ・シャーヒン(Vasip Sahin)知事は「(アンカラの)ポラトル(Polatli)や周辺地域で、強風で空中に上がった物により住民6人が軽傷を負った」と発表した。(c)AFPBB News


    (出典 dotup.org)


    9月13日
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89bc186e0496733c63ad1c14b3bbfd219d5b962f


    【【トルコ首都】まるで映画…巨大砂嵐発生で6人負傷⤵︎】の続きを読む


    ファーウェイ・テクノロジーズ(漢字略称: 華為、簡体字: 华为技术有限公司、英語: Huawei Technologies Co., Ltd.)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器大手メーカー。 ファーウェイは1987年に、携帯電話のインフラストラクチャー整備に必要な通信機器を開発するベンダ
    92キロバイト (12,868 語) - 2020年9月6日 (日) 06:12



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)


    米国様、激おこですね(^^;;

    1 ばーど ★ :2020/09/14(月) 08:14:43.25

     8月17日、米商務省産業安全保障局(Bureau of Industry and Security)(以下、BISという)は、中国のファーウェイと関連企業に対する禁輸措置を強化する声明を発出した。

     これにより、米国の技術やソフトウエアを使用して製造された半導体やソフトウエアのファーウェイへの供給が事実上、全面禁止となった。

     また、同声明においてファーウェイの関連企業38社をエンティティリスト(EL)に追加するとともに、これまでファーウェイなどに付与してきた暫定包括許可(TGL:Temporary General License)も失効した旨を明示した。

     ここで、なぜ米国がファーウェイに対する禁輸措置を強化するに至ったかについて、その原因を遠因・中間の原因・近因に分けて筆者の考えを簡単に説明する。

     遠因:激しさを増している米中の対立は、覇権国・米国と新興国・中国の覇権争いであると筆者は見ている。

     米国の覇権を盤石にしてきたものは科学技術の発展であることは論をまたない。中国が米国の覇権に挑もうとするなら、科学技術の向上は必須である。

     このため、中国は、サイバースパイ活動などにより米国をはじめ先進国から最先端の技術情報を窃取していると米国は主張している。

     中間の原因:中国政府は、米国の技術情報を窃取するために、自国の電気通信会社を通じて、米国で販売される中国製の電気通信の構成品及びシステムに、悪意のあるハードウエアまたはソフトウエアを埋め込む可能性があると米国は主張している。

    ※略

     さて、最近、ファーウェイがスマートフォン(以下、スマホ)事業から撤退する可能性を示唆する報道が2つあった。

     1つ目は台湾の電子業界紙である「電子時報」で、次のように報じた。

     「中国の通信設備大手ファーウェイ・テクノロジーズの幹部は最近、モバイル端末事業から撤退する可能性があると台湾の半導体業界関係者に伝えたようだ」

     「米国の禁輸措置強化によりファーウェイのスマホ事業が完全になくなる恐れがあることを示唆したものと受け止められている」(出典:電子時報2020/9/1)

     2つ目は、中国ITメディアの「36Kr Japan」で、次のように報じた。

     「8月30日、アップル製品に精通するアナリスト郭明?(Ming-Chi Kuo)氏が、天風国際証券のウィチャット(WeChat)公式アカウントにて、ファーウェイのサプライチェーンに関する分析リポートを発表した」

     「それによると、『9月15日以降、ファーウェイはスマホの部品を調達できるかどうかにかかわらず、競争力と市場シェアで影響を受ける。最低でも市場シェアが減少し、最悪の場合は携帯電話市場から撤退することになるだろう』という」(出典:36Kr Japan 2020/9/1)

     上記の報道よりだいぶ前に、「ファーウェイの海外向けスマホの低迷は深刻である」とする報道もあった。

     中国メディア「財新」は、次のように報じた。

     「ファーウェイ輪番会長の徐直軍氏はオンラインで開いた2019年度決算説明会(2020年3月31日)で、アメリカの輸出規制の影響で海外市場での携帯端末事業の売り上げが少なくとも100億ドル(約1兆750億円)失われたと説明」

     「調達できなくなったアメリカ製品を代替するため、研究開発投資を大きく増やしたとした」

     「そして、徐氏は『このような状況下で、我々は自らの生死を顧みずに2017年や2018年と同等の純利益率を追求することはできない。まずは空いた穴を埋め、サプライチェーンを再構築し、そのうえで生き延びることを第一の目標にしている』と語った」(出典:財新Biz&Tech 2020/4/3)

     本稿のテーマは、半導体とソフトウエアのサプライチェーンを完全に遮断されたファーウェイの動向を探ることにある。

     初めに、BIS声明の概要を述べ、次にファーウェイの最先端半導体の調達問題について述べ、最後にファーウェイの独自モバイルOS(基本ソフト)およびモバイルアプリの開発状況について述べる。

    9/14(月) 7:40JBpress
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46d5e263659e2d60b7630a45e45708376d0ad51b?page=1

    ■関連スレ
    【中国】ファーウェイ スマホの基本ソフト 自社開発「Harmony OS」に切り替えへ [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599749087/
    【Huawei】ファーウェイ、独自OS「HarmonyOS」搭載スマホを2021年以降に発売へ ただしスマホ事業存続は不透明 [雷★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599805483/


    【【Huawei】ブチ切れた米国の禁輸措置強化によりファーウェイ、スマホ撤退か⁉️】の続きを読む


    アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん、英: September 11 attacks)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国で同時多発的に実行された、イスラーム過激派テロ組織アルカーイダによる4つのテロ攻撃の総称。一連のテロ攻撃による死者は2,996人、負傷者は6
    175キロバイト (24,639 語) - 2020年9月11日 (金) 03:59



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    忘れてはならないですね…

    1 風吹けば名無し :2020/09/11(金) 12:45:05.82 ID:2vOm7N1Vp.net


    (出典 Youtube)

    ワシントンに中継繋いでたらビル無くなってたとか怖すぎだろ


    【【9.11】アメリカ同時多発テロから19年「世紀末のようだった日」】の続きを読む


    身体醜形障害 (整形依存からのリダイレクト)
    して、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。実際よりも低い自己の身体的なイメージが原因である。俗に醜形恐怖また醜貌恐怖とも呼ばれる。自殺率は非整形経験者の45倍と非常に高い。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版のDSM-5では強迫性障害関連症群(スペクトラム)
    26キロバイト (4,193 語) - 2020年3月24日 (火) 06:11



    (出典 www.cyzo.com)


    目が大きすぎる(・・;)

    1 デロビブリオ(茸) [CA] :2020/08/24(月) 21:17:22.11


    画像

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 i.imgur.com)


    小Z娜娜(ナナ)(画像は本人のウェイボーより)


    総額1600万円! 13歳から100回の美容整形を受けた女性の顔面崩壊が進行

    この数年、中国で急成長しているのが美容整形市場だ。市場規模はすでに3兆円を超え、美容整形専用アプリも数多く誕生している。美容整形アプリの中でも人気のものになると会員数3600万人を抱え、オンライン上では常時2万人の美容整形の専門医師が会員からの質問に答えている。美容整形の費用もアプリ上でローン契約が結べるというから驚きである。

    そんな中国で深刻となっているのが、「整形依存症」である。美容整形が身近な存在になった一方、美への極度のこだわりから美容整形がやめられない女性が増えているのだ。

    網易新聞(7月28日付け)は、3年間で100回もの整形手術を行った女性について報じている。女性は、“小Z娜娜(ナナ)”という名前で、動画配信やモデルとして活動しており、ウェイボー(中国版Twitter)では30万人ものフォロワーを抱える人気インフルエンサーである。

    現在15歳の彼女だが、整形手術を13歳から始めたのだという。13歳から15歳までの3年間でおよそ100回の整形手術を行い1600万円以上の費用をかけ、眼・鼻・唇・脂肪吸引を繰り返し行ってきたという。
    眼に至っては二重手術から始まり、目頭切開など11回以上の手術を行っており、彼女が今月公開した自撮り写真を見ると眼球がこぼれ落ちそうなほど進化を遂げているのだ。

    そんな彼女だが、8月4日に更新したSNSでは「また手術しようかな!脂肪吸引したい!両あごと腕やろうかな!もっと痩せたい!」と美容整形への意気込みを語っている。
    SNSでは13歳だった彼女に整形手術を許可した両親に対して批判の声も寄せられているが本人は全く気にしていないようだ。

    中国の芸能界では近年、美容整形を売りにする整形女性タレントが増加している。最も有名な整形タレントとして知られるアビー(Abby)は、30歳となった現在までに6000万円を費やし100回以上の美容整形を行ってきた。今では有名美容外科の広告塔として活動しておりセレ*レントとして活躍している。

    中国では美容整形市場の拡大が進む一方、整形依存への対策などはほとんど行われておらず健康への影響も懸念されている。今回の彼女にも今後健康被害がなければよいのだが……。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_250617/


    【【整形依存】13歳から受けた美容整形100回のナナさん、顔面が崩壊寸前⁉️】の続きを読む


    ^ 「ロシアと中国、新型コロナウイルスのワクチンの共同開発に着手」『ロイター』、2020年1月29日。2020年2月3日閲覧。 ^ “中国、新型コロナワクチン治験開始へ”. ロイター (2020年3月17日). 2020年3月18日閲覧。 ^ a b 「新型コロナワクチン」中国人民解放軍が世界に先駆けて開発した背景現代、2020
    288キロバイト (35,940 語) - 2020年8月16日 (日) 08:21



    (出典 dotup.org)


    本当なら怖い(・_・;

    1 トモハアリ ★ :2020/08/17(月) 10:44:24.45

    ウラジミール・プーチンの娘は、実験的なロシアの新型コロナ(COVID)ワクチンで予期せぬ副作用を起こし、モスクワで亡くなりました。クレムリンは彼女の死についてまだ声明を出していません。ロシアの内輪筋の情報筋によると、プーチン大統領の娘、カテリーナ・ティホノバは、2回目の注射の直後に体温が上昇し、その後発作を起こしました。医師はワクチンの副作用を抑えることができず、彼女は昨日の夜遅くに死亡したと発表されました。

    ロシアのワクチンの名前「スプートニク」は、ロシア人によって宇宙に打ち上げられた最初の人工衛星の名前に由来します。1957年打ち上げのスプートニクは、ロシアの国際ニュースステーションの名前であることは注目に値します。

    カテリーナの*前に、ロシアの医師、セルゲイ・ツァレンコは、ワクチンを早期にリリースすることが2つの選択肢のうち、より良いと述べました。彼の意見では、人々を*せるのではなく、先に進むだけの方が良かったのです。

    しかし、西側諸国の医師たちは、ロシアがステージ3の試験を迂回して薬を市場に送り出すことを恐れ、破壊的な影響を与える可能性があると警告しました。

    ミシガン大学の疫学教授であるアブラム・L・ワグナー氏は、急いでCOVID-19ワクチンについて語りました。

    ワクチンを迅速に投入することは素晴らしいことですが、研究者や製造業者が手抜きをした場合、かなりの不利益が生じる可能性があります。ワクチンが広く投与される前に小規模な試験で発見されなかった深刻な副作用がしばしばあったワクチンを想像してみてください。

    現在、カテリーナ・ティホノバは(Katerina Tikhonova)は、ロシアのCOVID-19ワクチンの最初の公式の死亡者です。「スプートニク5世」は安全ではなく、ステージ3の試みをスキップしたことは、クレムリン側の見当違いの動きでした。

    クレムリンは偽情報を広めることが知られているので、プーチン大統領の娘の死について嘘をつくか、ワクチン以外の何かで彼女が*だことにするでしょう。

    by Google翻訳



    (出典 dotup.org)


    ※2020年8月15日
    https://www.torontotoday.net/2020/08/15/vladimir-putins-daughter-dies-after-second-dose-of-covid-vaccine/


    【【コロナワクチン】プーチン大統領の娘、コロナワクチン2回目の接種後に死亡説浮上⤵︎】の続きを読む

    このページのトップヘ