idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:お別れの会


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - 2020年7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。所属事務所はアミューズ。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍。演技力に加え卓越した歌唱力とダンスにより「表現者」とも称される。
    143キロバイト (19,300 語) - 2020年10月31日 (土) 14:05



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    笑顔が素敵でしたね( ; ; )

    1 ひかり ★ :2020/10/28(水) 22:16:28.04 ID:CAP_USER9.net

     7月に急死した俳優の三浦春馬さんの所属事務所は28日、春馬さんの「お別れの会」について、当初予定の年内実施から、三浦さんの一周忌となる来年7月の開催に延期したと発表した。

     所属事務所が公式HPに発表した文書によると、「これまで、新型コロナウイルスの感染状況や、会場の問題など、様々な事情を考慮しつつ、あらゆる可能性を模索して参りました」と経緯を説明。

     また春馬さんが亡くなった後も出演ドラマ「太陽の子」「おカネの切れ目が恋のはじまり」が放送され、さらにはセカンドシングル「Night Diver」のリリース、出演ミュージカル「キンキーブーツ」の特別映像配信と、「三浦春馬が丁寧に取り組んできた作品を皆様へお届けすることを大切にして参りました」と、まずは作品を世に出し、ファンへ届けることを「大切に」してきたとも説明されている。

     そして「お別れの会に関しまして、改めてあらゆる状況を総合的に勘案し、アーティスト・三浦春馬が取り組んだ作品とその思いを皆様にお届けしたのち、2021年の7月を目安に実施させていただく予定です」としている。

     事務所は四十九日となる9月4日に文書を発表し、お別れの会は「応援してくださった皆様の沢山の愛で溢れる場にできるよう、2020年内での実施を予定しております」としていた。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2c65dc174237df94c60811aeea9665c56bb404d


    【【三浦春馬さん】お別れの会、一周忌の来年7月に開催延期の理由とは⁉️】の続きを読む


    芦名 (あしな せい、1983年〈昭和58年〉11月22日 - 2020年〈令和2年〉9月14日)は、日本の女優、元女性ファッションモデル。本名、五十嵐 彩(いがらし あや)。愛称はちゃん。 福島県郡山市出身。ホリプロ所属。日出女子学園高校卒業。スリーサイズはB83/W58/H80cm。靴のサイズは23
    40キロバイト (4,812 語) - 2020年9月19日 (土) 12:15



    (出典 www.nikkansports.com)


    親は辛いですね…

    1 ひかり ★ :2020/09/19(土) 07:37:48.47 ID:CAP_USER9.net

     14日に36歳の若さで亡くなった女優の芦名星(あしな・せい、本名五十嵐彩=いがらし・あや)さんの「お別れのお花入れの会」が18日、都内の斎場でしめやかに営まれた。

     突然の悲報からわずか4日。会場には祭壇も遺影もない。通常の葬儀・告別式で営まれる法要も執り行われなかった。

     棺の傍らにあらかじめ用意された供花や花びら。親族やごく近い芸能界の関係者ら約50人がそれを棺に入れていく。極めて簡素で、あまりにも寂しすぎる別れだった。参列した人によると「近親者以外はご遺族がお声がけした方たちだけだったと思います」という。

     棺に横たわる芦名さん。その顔を見て、花を持ったまま肩を震わせる人。こぼれ出る涙を拭おうともせず唇をかむ人もいた。やりきれない思いで最後の別れを終えた人々が見守る中、芦名さんは荼毘(だび)に付され、静かに旅立った。

     葬祭業関係者によると「お花入れの会」は最近増えている様式。「派手な式にはしたくないが、せめて身の回りは華やかにして送ってあげたいという方が選ぶ。このところ新型コロナウイルスの兼ね合いもあり、人数のかからないこの様式が選ばれることも多い」という。

     周囲に気を配り、場を盛り上げる。可憐(かれん)な花のような芦名さんの優しい心遣いは誰からも愛された。親しかった芸能関係者によると芦名さんは「自然の温かな息遣いが感じられるものを好んでいた」という。誕生日に花束を贈られるのが恒例だった時期もあった。関係者は「花束をもらったときの笑顔が非常に印象に残っている。こんな形で送り出すことになるなんて…」と肩を落とした。

     ◆芦名 星(あしな・せい)1983年(昭58)11月22日生まれ、福島県出身。02年に女優デビュー。06年に日本やカナダなど5カ国合作の映画「シルク」(08年日本公開)の日本人ヒロインに抜てきされた。昨年はBSテレ東のドラマ「W県警の悲劇」でゴールデン帯の連続ドラマに初主演した。テレビ朝日「相棒」、TBS「ブラッディ・マンデイ」「テセウスの船」などに出演。最近ではグラビアにも挑戦していた。1メートル65、血液型O。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b433309ebe0a39eca4d39c3dac750d577bcfaf9b


    【【芦名星さん】「お別れの会」花に囲まれ天国へ…親族ら涙で見送り】の続きを読む

    このページのトップヘ