松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、女優。1980年にデビューをしてから今日に至るまで活躍し続ける日本を代表するアイドルである。女優の神田沙也加は元夫・俳優の神田正輝との娘。 福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia
159キロバイト (16,797 語) - 2020年10月27日 (火) 13:07



(出典 i.pinimg.com)


聖子ちゃん可愛い(o^^o)

1 首都圏の虎 ★ :2020/11/19(木) 15:24:34.26 ID:CAP_USER9.net

“ディナーショーの女王”が大ピンチだ。今年、デビュー40周年を機に精力的に活動している歌手の松田聖子(58)も、さすがにコロナ禍を打ち負*ことはできなかったか。

 発売中の「週刊文春」が伝えるもので、聖子は、デビュー40周年の今年、7都市11公演のツアーを計画していた。動員は10万人弱で、10億円以上のチケット収入を見込んでいたという。

■恒例ディナーショーは1カ所のみ

 さらに昨年は、1人5万円の高額チケットで、芸能人最多の23公演をこなしていた「クリスマスディナーショー」も大幅縮小された。今年、開催されるのは「グランドプリンスホテル新高輪」(飛天の間)1カ所4公演だけ。記事では音楽関係者がディナーショーの売り上げは1公演2000万円で、昨年と比べると約4億円の売り上げ減、40周年ツアーの分を合わせると14億円以上の損失になるだろうと分析している。ベテラン芸能リポーターはこう語る。

「聖子さんはかつてのような集客力はなく、40周年といえども、1会場数万人規模のドームツアーは厳しいのではないかとみられていた。近年のメインはやはりディナーショーです。しかし頼みの綱のディナーショーは、密室空間で食事をしながら観賞することになるので、コンサートに比べてリスクは高い。今年は他の歌手のディナーショーも、全滅か大幅縮小は避けられないと思います」

 24回目の紅白出場が決定した聖子。コロナ第3波が襲来する中、女王は紅白に“全集中”を余儀なくされる年の瀬になりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1b96fb972825084f31d4dd4ebc6b380612f94ec

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【松田聖子】ドル箱・ディナーショー開催減でピンチ…損失14億円超⁉️】の続きを読む