idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:ヘンリー王子


    Prince Henry, Duke of Sussex(サセックス公ヘンリー王子殿下)」であるが、英語圏では通常公式の場・非公式の場を問わずPrince Harry(ハリー王子)という通称で呼ばれている。 イートン校を卒業した後、ヘンリーはオーストラリアの牧場で勤務したり、レソトの孤児院で奉仕活動に従
    22キロバイト (2,741 語) - 2020年1月17日 (金) 03:11



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    今後の生活が気になりますね(><)

    1 幻の右 ★ :2020/01/19(日) 09:41:54.26

    ロンドン時事】英王室は18日、声明を出し、ヘンリー王子夫妻が今春から王室の公務を行わず、王族の称号「ロイヤルハイネス」(殿下・妃殿下)を使用しないことになったと発表した。公金も受け取らない。王室から離れたいと「引退宣言」した夫妻の意向が認められた形だ。
     チャールズ皇太子と故ダイアナ元皇太子妃の次男であるヘンリー王子は王位継承順位第6位。「シニアロイヤル」と呼ばれる主要王族が、王室を事実上「離脱」する異例の事態となり、長い伝統を誇る英王室は大きな転換点を迎えた。
     声明によると、夫妻はエリザベス女王の代理として公務を行わない。ロンドン近郊ウィンザーの自宅改修のために使われた公金240万ポンド(約3億4400万円)も返金する意向。
     夫妻は英国とカナダを行き来して生活するが、ウィンザーの自宅は英国滞在時の拠点として所有を続ける。ただ、今後の夫妻一家の身辺警護をどう手配するかや、費用を誰が負担するかは明らかになっていない。
     女王も18日声明を出し、「私の孫とその家族が前へ進む、建設的で協力的な道を共に見つけられたことを喜ばしく思う」と表明。夫妻がメディアから過度な注目を受け、困難を経験してきたと強調し、「より干渉を受けない人生を求める彼らの望みを支持する」と述べた。

    2020年01月19日09時03分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011900094&g=int


    【ヘンリー王子・メーガン妃、英国王室の称号返上へ… 公務に就かず、公金の収入も受け取らず】の続きを読む


    イギリス王室イギリスおうしつ、英:British Royal Family)は、イギリスの国王とその家族・親族(王族)で構成される集団を言う。 王族の範囲に関する明確な定義は存在しないが、少なくとも Her Majesty(HM, 陛下〈王妃〉)や His/Her Royal Highness(HRH
    31キロバイト (2,897 語) - 2019年11月18日 (月) 10:11



    (出典 eiga.k-img.com)


    こういうことも

    あるんですねΣ('◉⌓◉’) 

    1 ひかり ★ :2020/01/14(火) 08:27:22.68 ID:tb9c9RiV9.net

    【ロサンゼルス12日(日本時間13日)=千歳香奈子通信員】英王室がさらなる激震に見舞われた。ヘンリー王子(35)とともに英王室主要メンバーからの電撃離脱を発表したメーガン妃(38)が、
    ウォルト・ディズニー・カンパニーとナレーション契約を結び、ハリウッドに復帰すると複数の欧米メディアが報じた。

    報道によれば、ディズニーと契約したメーガン妃はアニメーションの吹き替えなどを担当。その仕事で得た収入すべてをアフリカゾウの保護活動などを行う慈善団体に寄付するという条件で契約書に
    署名したと伝えられている。

    ヘンリー王子とメーガン妃は8日、エリザベス女王(93)ら英王室の同意を得ずに主要公務から退き、英国と北米を往来して生活し、経済的に自立すると公式SNSで発表した。王子夫妻はメーガン妃の
    ハリウッド復帰へ向け、離脱を発表する前から水面下で動いており、発表前には契約を済ませていた、と伝えられており、大論争が巻き起こるのは必至だ。

    メーガン妃は2011年から人気ドラマ「SUITS(スーツ)」に出演するなど女優として活躍していたが、ヘンリー王子と婚約した17年に、女優を引退していた。現在は、メーガン妃はカナダに滞在しており、
    ヘンリー王子と現地で合流すると伝えられている。王子夫妻が本格的な海外移住へ向けた準備を進めているとする報道もある。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-01140041-nksports-ent


    【ヘンリー王子・メーガン妃の「王室のシニアメンバーとしての地位から退き、財政的に独立する」宣言を英女王が容認「2人の意思を尊重します」】の続きを読む

    このページのトップヘ