idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:三浦春馬


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - 2020年7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。所属事務所はアミューズ。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍し、演技力に加え卓越した歌唱力とダンスの技術により「表現者」とも称された。
    194キロバイト (24,487 語) - 2020年12月13日 (日) 09:34



    (出典 www.sanspo.com)


    なんでも出来たんですね(><)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/13(日) 09:15:43.52 ID:CAP_USER9.net

    12/12(土) 20:41配信
    SmartFLASH

    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

     女優の森川葵が、12月12日に開かれた映画『天外者』公開記念舞台あいさつで、7月に亡くなった三浦春馬さんとの思い出を振り返った。

     幕末から明治初期にかけて活躍した五代友厚を三浦さんが主演し、森川は遊女役を務めた。

    「おしとやかな役かと思っていたんですが、春馬さんや監督と話して『払いよけるところは払いよける強い女性にしよう』となって。(登場した)冒頭のシーンは、芯のある強い女性になったかと思います」

     五代の魅力は、頼れるリーダー的存在だと語る。

    「支えるのは大変そうですけど、ついていきがいがありますね。新しい風景を見せてくれてそうな背中で、追いがいを感じます」

     春馬さんが英語を使うシーンでは、語学力の高さに脱帽したという。

    「前に英語を習っていたときの講師のかたが春馬さんと一緒で、そのときから『英語のレベル高いな』と思っていたんです。英語を使って交渉するシーンのとき、春馬さんが英語を上手に使っていたので、『私も英語もっと頑張ろう』と思いました」

     演技以外にも、春馬さんから学ぶことは多かったのだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e300917769817593995ce324c8efccdcbad4f16a


    【【森川葵】『天外者』共演の三浦春馬さんの英語力に脱帽「レベル高かった」】の続きを読む


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - 2020年7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。所属事務所はアミューズ。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍し、演技力に加え卓越した歌唱力とダンスの技術により「表現者」とも称された。
    182キロバイト (22,638 語) - 2020年12月6日 (日) 10:27



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    今でも悲しいです

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/08(火) 10:27:40.70 ID:CAP_USER9.net

    12/8(火) 6:13
    女性自身

    三浦春馬さん父が初告白!悩んでいた母との関係、最後のLINE
    (写真:アフロ)
    茨城県内にある飲食店ビルから姿を見せた初老の男性は、寒風に肩を少しすくめてみせた。初冬の空は青く澄み切っていたが、目鼻立ちのはっきりした顔には、疲労が色濃くにじんでいる。

    【写真あり】中学2年生時の初々しい三浦春馬さん

    「三浦春馬さんのお父さまですね?」

    本誌記者が、そう尋ねると男性は、一瞬驚いた様子を見せたが、静かにうなずいた――。

    今年7月18日に俳優・三浦春馬さん(享年30)が逝去してからもうすぐ5カ月になる。12月1日には子供たちへの支援チャリティを目的としたイベントが、日本武道館で無観客生配信ライブとして開催された。

    「生前の三浦さんも参加してきたイベントです。当日のステージは、三浦さんの過去の映像も織り交ぜたものになりました。芸能界で多くの仲間たちに愛された春馬さんですが、家族との縁には恵まれなかったと報じられています。そのことが若すぎる*悲劇性をさらに強めているのでしょう……」(スポーツ紙記者)

    三浦さんの両親は彼が幼いころに離婚し、実父・Aさんは家を出た。そして5年ほど前には三浦さんが実母と距離をとるようになったという。

    「携帯電話の番号も変えて、お母さんから連絡がとれないようにしたといいます。“絶縁”した理由については、“母からたびたび無心されていた”“仕事や恋愛の問題で衝突した”などと、報じられています。それでも数年前には、生き別れになっていた実父と再会できたそうですが、その父とも関係が悪化してしまったという報道までありました」(芸能関係者)

    ■知人明*“遺産相続が長期化”している理由

    だが実父・Aさんの知人は、本誌の取材にこう語る。

    「少なくとも私の印象では、Aさんにはお金に困っている様子もありませんでしたし、父子関係がギクシャクしていた様子もなかったと思います。Aさんは3年ほど前に心臓を悪くしてペースメーカーを入れる手術を受けたのです。春馬さんが入院中にお見舞いにきてくれて、親子の交流が復活したと言っていました。

    息子さんの活躍ぶりがうれしかったのでしょうね。Aさんは仲間内で、よくうれしそうに話していました。『せがれが東京で舞台に出ているので見に行ってきた』とか、『春馬とメシを食べにいった』とか」

    それだけに三浦さんが亡くなった後のAさんの憔悴ぶりには、見ていていたたまれなかったという。

    「生きがいを失ってしまったという感じでしょうか。もともと大病をしたのに、あまり健康には気を使わないタイプだったのですが、さらにその傾向に拍車がかかっているようです。

    春馬さんのお母さんとの遺産相続の話し合いについてポツリと漏らしていたこともありました。『弁護士さんを入れて話し合っているんだけど、いろいろ大変なんだよ』と……。どうやら元奥さんが、お金遣いが少し荒いタイプみたいで、冗談めかして、『彼女はもらってもすぐ使ってしまうかもしれないし。自分はいつまで生きられるかわからないけれど、春馬が生きていた記念になるようなものにして残しておきたい』なんて語っていたことも印象に残っています。

    記念になるもの? 具体的には言っていませんでしたが、記念館とか記念碑的なものかな、と思いました」


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l
    https://news.yahoo.co.jp/articles/034038ec470724f429ecfb6e8cda2d518c9f4a61

    >>2続く


    【【三浦春馬さん】父が初の告白❗️"絶縁"した母との関係とは…】の続きを読む


    天外者』(てんがらもん)は、2020年12月11日公開予定の日本映画。監督は田中光敏、主演は三浦春馬。 史実を軸にしたオリジナルストーリーとなっており、五代友厚を主人公に幕末の青春群像劇を描く。タイトルの「てんがらもん」とは、鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」を意味する。
    8キロバイト (880 語) - 2020年11月3日 (火) 15:51



    (出典 i.bb-navi.com)


    公開が楽しみです(*^^*)

    1 ひかり ★ :2020/11/05(木) 20:54:43.35 ID:CAP_USER9.net

     三浦春馬さん主演の映画『天外者(てんがらもん)』(12月11日公開)の前売り特典のオリジナルB5クリアファイル2万枚が発売初日に完売となったことが5日、明らかになった。特典つき前売り券は、10月30日より全国の劇場で発売されていた。

     本作は激動の幕末から明治初期を舞台に、武士の魂と商人の才を持ち、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いた五代友厚の軌跡を描く青春群像劇。企画スタートは2013年。五代友厚の「想い」と「志」を次世代に継承するために製作総指揮の廣田稔をはじめ、市民有志が立ち上げた「五代友厚プロジェクト」が映画化に向けて尽力し、7年を経て映画公開が実現。『利休にたずねよ』『海難1890』などの田中光敏がメガホンを取り、その二作品でも田中監督とタッグを組んだNHK大河ドラマ「天地人」などの小松江里子が脚本を担当し、オリジナルストーリーを生み出した。
     この程、本作の新たな劇中カットが公開。五代友厚(三浦)と坂本龍馬(三浦翔平)、岩崎弥太郎(西川貴教)と伊藤博文(森永悠希)、五代と妻・豊子(蓮佛美沙子)、遊女はる(森川葵)らの姿が見られる。
     今年7月に急逝した三浦春馬さん。来年は、のちに徳川家康となる松平元康を演じる『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)、NHKの国際共同制作・特集ドラマ「太陽の子」の映画版(公開日未定)などが控えている。(編集部・石井百合子)

    シネマトゥデイ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74114251d74cf934c3af4ff0ac8afa120847700d

    (出典 www.tengaramon-movie.com)


    【【天外者】三浦春馬さん主演❗️映画前売り特典が発売初日に完売】の続きを読む


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - 2020年7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。所属事務所はアミューズ。日本を代表する俳優の一人としてドラマ・映画・舞台・ミュージカル等幅広く活躍。演技力に加え卓越した歌唱力とダンスにより「表現者」とも称される。
    143キロバイト (19,300 語) - 2020年10月31日 (土) 14:05



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    笑顔が素敵でしたね( ; ; )

    1 ひかり ★ :2020/10/28(水) 22:16:28.04 ID:CAP_USER9.net

     7月に急死した俳優の三浦春馬さんの所属事務所は28日、春馬さんの「お別れの会」について、当初予定の年内実施から、三浦さんの一周忌となる来年7月の開催に延期したと発表した。

     所属事務所が公式HPに発表した文書によると、「これまで、新型コロナウイルスの感染状況や、会場の問題など、様々な事情を考慮しつつ、あらゆる可能性を模索して参りました」と経緯を説明。

     また春馬さんが亡くなった後も出演ドラマ「太陽の子」「おカネの切れ目が恋のはじまり」が放送され、さらにはセカンドシングル「Night Diver」のリリース、出演ミュージカル「キンキーブーツ」の特別映像配信と、「三浦春馬が丁寧に取り組んできた作品を皆様へお届けすることを大切にして参りました」と、まずは作品を世に出し、ファンへ届けることを「大切に」してきたとも説明されている。

     そして「お別れの会に関しまして、改めてあらゆる状況を総合的に勘案し、アーティスト・三浦春馬が取り組んだ作品とその思いを皆様にお届けしたのち、2021年の7月を目安に実施させていただく予定です」としている。

     事務所は四十九日となる9月4日に文書を発表し、お別れの会は「応援してくださった皆様の沢山の愛で溢れる場にできるよう、2020年内での実施を予定しております」としていた。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2c65dc174237df94c60811aeea9665c56bb404d


    【【三浦春馬さん】お別れの会、一周忌の来年7月に開催延期の理由とは⁉️】の続きを読む


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - 2020年7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。所属事務所はアミューズ。 1994年、4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校 に所属し、1997年にNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー、映画初出演は1999年「金融腐蝕列島・呪縛」。
    127キロバイト (17,150 語) - 2020年10月15日 (木) 12:24



    (出典 nkskad.com)


    謎だらけですね…

    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/15(木) 22:04:46.05

    今年7月に亡くなった三浦春馬さん。報道では自死とされているが、一部ファンの間では “他殺”を疑う声が止まず、警視庁に説明と再調査を求める署名を展開。現時点(10月15日)で、9000人以上の署名が集まっている。

     訃報が流れた直後は情報が錯綜し、「遺書があった」「遺書のようなノートがあった」と複数のメディアが伝えたものの、所属事務所アミューズは後日、三浦さんの部屋から遺書は見つからなかったと正式に発表した。だが、「それならなぜ自殺だとすぐに断定できたのか」というファンの疑念が深まってしまったようだ。

     他殺説を唱えるファンの影響は、三浦さんが最後に撮影した連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)にも波及。三浦さんは撮影現場でスタッフから暴行や嫌がらせをされていたのではないかと噂するネットユーザーもおり、演出家のInstagramが炎上する事態にも発展した。

    三浦春馬さん「他殺」を疑う声の背景は
     「週刊新潮」2020年10月22日号(新潮社)では、三浦さんの友人としてニュース番組に出演した男性の元に、三浦さんの他殺説を信じるファンから「真相を教えて欲しい」との電話が1日に4、5件かかってくることもあると報じている。

     同誌は、ファンが三浦さんの自死に納得できない元凶は、事務所の厳しすぎる情報遮断との見解を示した。

     もちろん故人および遺族のプライバシーは最大限守られなければならないが、三浦さんが亡くなった前後の時系列も報道媒体によって様々だったことから、正確な情報を出してほしいと要求するファンは実際に多いようだ。

    全文はソース元で
    https://wezz-y.com/archives/82122

    (出典 wezz-y.com)


    【【三浦春馬さん】"他殺"疑う声止まず…死の再調査を求める署名が9000人以上 集まる】の続きを読む

    このページのトップヘ