idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:剛力彩芽


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経て個人事務所「株式会社ショートカット」を設立し所属。。姉は1歳上。
    63キロバイト (7,979 語) - 2020年10月10日 (土) 09:51



    (出典 www.sanspo.com)


    頑張ってほしいですね(><)

    1 カーディフ ★ :2020/10/27(火) 17:03:33.85 ID:CAP_USER9.net

    女優の剛力彩芽(28)が27日、自身のツイッターを更新。「頭の中がパンクしそうだ」と顔文字を交えての投稿にフォロワーから心配の声が殺到した。


    (出典 static.chunichi.co.jp)

    https://www.chunichi.co.jp/article/144201


    【【剛力彩芽】ツイッターで「頭の中がパンクしそうだ」”SOS投稿”に心配の声⤵︎】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 jonny.click)


    いろいろあるんですね(^^;;

    1 冬月記者 ★ :2020/09/02(水) 20:10:08.85 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/66486d91d42695c38b280f55f68a526c70953a32

    「剛力彩芽」オスカー退所に感じていた負い目 前澤交際で“色”、バーター出演にストレス


     8月31日、女優の剛力彩芽(28)が、オスカープロモーション退所を正式に発表した。これに先立ち剛力が芸能事務所を興していたことを、週刊新潮7月9日号が報じたが(「『剛力彩芽』独立へ 前澤友作氏支援で子会社を設立、『アンビリバボー』降板か」記事参照)、彼女の心は事務所設立から数カ月間、独立を巡って揺れ動いていたという。ついに「育ての親」であるオスカー、そして古賀誠一会長と決別した胸の内とは――


    「彩芽は、かつてないほど悩みました」
    と明*のは剛力の知人。

    「まず、彼女は、尊敬していた米倉涼子さんが今年4月に独立したことに、強いショックを受けていました。米倉さんが独立した4月前後が、彩芽が本格的に退所を考えるようになった時期です。契約が給料制から歩合制に変わったので、自らの事務所設立は税金対策という目的もあったでしょう。ですがいま振り返れば、まちがいなく独立への布石でしたね。同時に、次々とオスカーからタレントが独立していくなかで、自分が事務所に残り続けることに不安を覚えるようになった。それは彼女自身が自分の“立ち位置”をきちんと把握していたからなんです」

     立ち位置とは、いかなるものか。

    「前澤さんと付き合い、それがSNSにアップされることで、自分にはどうしても拭いきれない“色”がついてしまった。彩芽はそういう負い目も感じていました。そんな自分の仕事を、オスカーが無理をして他のタレントと抱き合わせのバーターなどで取る。そこにすがることもできるけれど、彩芽はそれをストレスに感じ、独り立ちすべきだと思い至ったわけです」(同)


     また、オスカーの古賀前社長が会長に退いたことも大きかったようだ。

    「剛力さんがオスカーの看板となることができたのは古賀会長が目をかけたから。オスカーのタレントも社員も、そして剛力さんも“古賀組”を自負して歩んできたわけです」(事情通)

     だからこそ、退所すると決めたのちも、剛力は最後まで会長と袂を分かつことについて、悩み苦しんだのだという。

     9月3日発売の週刊新潮では、退所が相次ぐ“オスカー帝国崩壊”のほか、退所後の剛力の仕事事情についても詳報する。


    「週刊新潮」2020年9月10日号 掲載


    【【剛力彩芽】オスカー退所に感じていた負い目とは⁉️】の続きを読む

    このページのトップヘ