idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:工藤静香


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
    57キロバイト (4,200 語) - 2020年11月29日 (日) 14:20



    (出典 hochi.news)


    紅葉色、似合ってますね(^^)

    1 ひかり ★ :2020/12/13(日) 21:52:44.52 ID:CAP_USER9.net

     歌手の工藤静香(50)が13日、自身のインスタグラムを更新し、紅葉色のニットに身を包んだショットを公開した。

     工藤はこの日、ストーリーズで紅葉色のニットを着たショットをアップし、「私が紅葉 笑笑笑笑」「今日もレコーディング頑張ります」と投稿。さらに、「思いつきライブ」と題し、レコーディングの様子を公開した。

     この投稿にフォロワーからは「素敵すぎ」「綺麗」「憧れの主婦であり憧れのママさんです」「静香さんドキッとする」「スタイルいいし見てると女神様みたいに見えてきて」などのコメントが寄せられている。

    スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20201213-OHT1T50112.html

    (出典 hochi.news)


    【【工藤静香】「私が紅葉 笑笑笑笑」紅葉色ニット姿公開】の続きを読む


    A.S.A.P. (曲) (カテゴリ 石橋貴明の楽曲)
    Little Kissとはバラエティ番組の企画によって結成されたユニットであり、歌手である工藤静香とお笑いコンビであるとんねるずの石橋貴明の2人で構成されている。 「A.S.A.P.」とは、「As Soon As Possible」の略。「出来るだけ早く」の意味をもつ。
    8キロバイト (911 語) - 2020年6月2日 (火) 03:30



    (出典 www.tvlife.jp)


    相変わらず痩せてますね(^^)

    1 首都圏の虎 ★ :2020/12/07(月) 21:35:10.41

    歌手で女優の工藤静香が、12月2日放送の『2020 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)に出演。視聴者から〝激ヤセ〟ぶりを心配されてしまった。

    工藤はバイオリニストの宮本笑里とコラボし、中島みゆきの名曲『地上の星』のカバーを披露。本人の雰囲気にマッチした迫力あるステージとなり、ネット上にも好評が相次いだ。

    しかし、工藤の容姿そのものには好評とは別の反応が相次ぐ。「地上の星」が持つ重厚さに合わせたのか、工藤は目の周りを黒くしたメークで、力強くもクールなオーラを全開にしている。しかし、このメークや、そもそもの痩せっぷりが影響し、その容姿はまるで病人のようにすら見えるのだ。

    ネット上にも、

    《元から痩せてるけど、工藤静香痩せすぎじゃない?》
    《痩せてたけど大丈夫かな》
    《ん?? 工藤静香さん、めちゃくちゃ痩せられました?? 一瞬誰だか分からなかった》
    《年取って痩せ過ぎてめっちゃ老けて見える》
    《めちゃくちゃ久しぶりに見たけど、キレいだけど凄い痩せはったなぁ》
    《心配なくらい、痩せてる… 元から?それともそういメイクなのか…》

    などの声が続出。その容姿が視聴者を驚かせたことが分かる。

    工藤静香との2ショットをアップした宮本笑里は…
    放送後、宮本は自身のインスタグラムに工藤との2ショットを上げ、《華奢て゛本当に細いお人形さんの様に可愛らしい方て゛した》などとコメント。相手を褒めた一言なのだろうが、これも皮肉に聞こえるほど工藤は痩せこけていた。

    「ネット上でバッシング自由なサンドバッグのごとき扱いを受けている工藤。もし*ると、その影響が顔や体に出ているのかもしれません。特に最近は、芸能一家として注目度が何倍にもなっていますからね」(芸能記者)

    9日放送の第2夜には、『とんねるず』石橋貴明との伝説的ユニット『Little Kiss』を23年ぶりに再結成し、唯一リリースしたシングル『A.S.A.P.』を一夜限定で披露する。そちらでのパフォーマンスには、良き反応が集まることを期待したい。

    https://myjitsu.jp/archives/192059

    (出典 myjitsu.jp)


    (出典 instagram.fkix2-2.fna.fbcdn.net)
    ?_nc_ht=instagram.fkix2-2.fna.fbcdn.net&_nc_cat=1&_nc_ohc=FvEoNKHdeY8AX8FixOd&tp=1&oh=a0d83d7ac4d894661c745c130b116fc2&oe=5FF5F35D

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com&_nc_cat=104&_nc_ohc=IKamVIKI9FwAX_7R7ja&tp=1&oh=9c4866a2820220e50c1c74633594b0d1&oe=5FF5F178

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com&_nc_cat=107&_nc_ohc=zB7TTJ7yJssAX8oOcgP&tp=1&oh=68e813fe9b7b33a45cb6c7b64653de10&oe=5FF70797

    【【Little Kiss】工藤静香&石橋貴明の伝説ユニットがFNS歌謡祭で復活】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
    57キロバイト (4,200 語) - 2020年11月29日 (日) 14:20



    (出典 cdn.shortpixel.ai)


    いい夫婦ですね(o^^o)

    1 jinjin ★ :2020/12/05(土) 20:46:35.00 ID:CAP_USER9.net

    工藤静香、木村拓哉と結婚20周年の記念日 ファンからのメッセージに涙


    歌手の工藤静香(50)が5日、自身のインスタグラムを更新し、ファンから夫の俳優・木村拓哉(48)との結婚20周年を祝福されたことへの思いを語った。

    工藤は、「今日は朝からファンの皆様が作って下さったビデオや写真を見て泣いてしまいました 素敵なビデオ、写真、メッセージをありがとうございました」と記し、「変わらぬ愛を… FC同志一同」と書かれたカードが添えられたブルーのコチョウランの写真をアップした。


    この投稿には、「色々あったと思いますが、これからも末永くお幸せに」「理想のご家族」「愛で溢れる木村Family最高」「ずっと木村家についていきます」「シンガー、女性、妻、母として素敵な静香さん、おめでとうございます」などのコメントが寄せられた。


    工藤は2000年12月5日、当時SMAPの木村と結婚。01年の5月に長女・Cocomi、03年の2月に次女・Koki,が誕生した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9662c8f87c4ca79a9da87812c5943489d0745df


    【【工藤静香】木村拓哉との結婚20周年でファンのお祝いに涙】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
    57キロバイト (4,200 語) - 2020年11月1日 (日) 15:36



    (出典 www.crank-in.net)


    運転中は全集中しないと(^^;;

    1 幻の右 ★ :2020/11/19(木) 06:11:24.66 ID:CAP_USER9.net

    《落としたお水に気を取られ、ブレーキから足を離してしまい、前の車にぶつけてしまいました》

     11月17日、自身のインスタグラムで、運転中に前方の車に追突する接触事故を起こしたことを報告した工藤静香。ぶつけられた運転手にケガはなく、逆に、現場で謝罪した静香が気遣われたようだ。そして、

    《ちょっとした気の緩みが、人に迷惑をかけてしまうという事を改めて痛感しました。本当に申し訳ありませんでした》

     と、自身の不注意を反省し、謝罪の意を綴ったのだった。これに「珍しいことですね」と話すのはスポーツ紙芸能デスク。

    「普通、芸能人の自動車事故というのは、大抵は警察担当の記者が事故の一報を得て、新聞やスポーツ紙などが運営するネットニュースで報じられることが多い。その後、現場に取材が入り、次第に事故の詳しい状況が明らかになるのです。つまりは所属事務所が事故を把握する前に発表されてしまうこともある」

     最近では、伊藤健太郎によるひき逃げ事件が記憶に新しい。10月28日の夜にバイクと接触する事故を起こし、翌日昼ごろには第一報が打たれた。『共同通信』では、この時点ではまだ《事故後に立ち去ったという情報もあり》という、捜査関係者への取材から得られた情報のみで報じていたが、その後には次々にその全貌(ぼう)が明らかになった。

    「本来、芸能人は男女関係ほかスキャンダルは隠したがるものですが、自動車事故の場合は、報道されてしまうことが多い。

     伊藤のひき逃げ事件も頭にあったのでしょう。後に報道によって“バラされる”事後報告よりは、先に自ら事故を告白し、そしてミスを認めて謝罪を済ませる“自己報告”のほうがイメージダウンは少ない。むしろ、被害者が気遣ってくれたことで、世論もこれ以上は彼女を責めることはできませんよ」(前出・芸能デスク)

    静香が謝罪したかった相手
     そしてもう一つ、事故を起こした彼女の頭にあったのは夫・木村拓哉が出演するCMへの影響だったかもしれない。

    「やっちゃえ NISSAN」今年8月から『日産自動車』のブランドアンバサダーに起用され、新CMが放送されている木村。彼が自動車会社のCMに起用されるのは『TOYOTA』以来のことだ。

    「当然ながら大金が動いているでしょうし、何よりも『マクドナルド』に続くナショナルクライアントからの起用は“キムタク復活”を印象付けるものでした。もちろん、事故を起こしたのは木村さんではありませんが、どうしても夫婦イメージが強く結びつく2人ですから、静香さんの先手をとった謝罪は被害者や世間へと同時に、日産にも向けられたものとも考えられますね」(広告代理店関係者)

     これを機に、木村がCMで薦めている「自動運転」に切り替えてはどうだろう。

    週刊女性PRIME
    11/19(木) 6:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/14fbbba681e17a2cd6b4957cc94788e5787e0c9d


    【【工藤静香】運転中、全集中せず接触事故を起こし自己報告www】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
    57キロバイト (4,200 語) - 2020年11月1日 (日) 15:36



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ずっと悲しいですよね(><)

    1 湛然 ★ :2020/11/16(月) 05:24:33.18 ID:CAP_USER9.net

    2020.11.15デイリースポーツ
    工藤静香 36年前に他界した兄へ「今でもふと背中に寄りかかりたくなる」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/11/15/0013867664.shtml
    工藤静香

    (出典 i.daily.jp)



     歌手・工藤静香(50)が15日、インスタグラムを更新。36年前に他界した2歳上の兄の墓参りをしたことを報告した。

     「お仕事の帰りに2つ上の兄(お兄ちゃん)に会いに行ってきました」と書き出し、「1人きりでお墓に行く事はなかなかないのですが、暗闇で誰も居ないと、こんなにも『心が解放されてしまうものか?』と、ビックリするくらい、いやいやいや泣きました」とお墓の前で1人、泣いたことを明かした。

     そして「幼い頃、お兄ちゃんの後しかついて行かない私を、全身全霊で全てのものから守ってくれていました そんな兄が私の唯一の自慢でした」と最愛の兄との思い出を振り返り、「もう36年も経ちますが、今でもふと兄の背中に寄りかかりたくなります  想い、愛情は永遠ですね。」と兄への慕情、愛情を1字1字に込めながらつづっていた。

     「お兄ちゃん」は工藤のデビュー前、中学生の時に帰らぬ人となったことになる。

    (おわり)


    【【工藤静香】インスタで36年前に他界した兄の墓参り報告「今でもふと背中に寄りかかりたくなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ