idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:松本人志


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    32キロバイト (4,065 語) - 2019年11月6日 (水) 06:55



    (出典 xn--u9j5h1btf1ez99qnszei5c8ws.com)


    昔の彼女とは会いづらいんですね…(;´・ω・)


    1 ひかり ★ :2019/11/08(金) 22:01:15.65 ID:pBG4o9xd9.net

    上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)の8日放送分に松本人志(56)が出演。
    番組内で松本が「共演NG」を明かした。

    上沼から「苦手な人、絶対に共演NGはいないのですか」というきわどい質問が飛ぶと、松本は「基本的はないようにしています。いるんですよ、どっかには。
    それをスタッフに言うには恥ずかしいんですよ」と明かした。

    さらに「唯一あるとするならば…」と前置きし「昔、肉体関係があった人ですよね」と話すと、上沼は大爆笑し、すかさず「1人、知ってますけど、あとは…」
    と突っ込むと、松本はタジタジ。上沼は「女はまったく大丈夫。気にするのは男です」と持論を展開し、「とくに女優さんは大丈夫です」。この言葉に
    敏感に反応した松本は「完全に1人、分かってますね」と白旗をあげた。

    さらに松本は「この人にだけは勝てない」という人物を告白。「鶴瓶さんですね。あのなんて言うんですか、僕はずっと“鶴瓶最強説”と思っていて、
    あの人は全部、手のひらで転がして、こっちは勝ったような気になる。でも、よく考えてみたら負けていた」と明かした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11080905-nksports-ent


    【松本人志、共演NG者について上沼恵美子からの突っ込みにタジタジになる】の続きを読む


    クレイジージャーニー』(英: CRAZY JOURNEY)は、TBS系列で2015年(平成27年)4月17日(16日深夜)から2019年(令和元年)9月4日まで水曜版『テッペン!』枠で放送されていた紀行バラエティ番組である。 世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー
    63キロバイト (3,435 語) - 2019年10月21日 (月) 13:06



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    この番組に限らず、他の番組でもやってますよね(>人<;) 

    1 ひかり ★ :2019/10/21(月) 21:12:54.62 ID:4npzO+Iz9.net

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が21日、自身のツイッターを更新。TBSがやらせ演出問題で放送終了を発表した「クレイジージャーニー」(水曜後11・56)について言及した。

     番組MCを務める同番組について「ひとつ お願いがあります。全てのクレイジージャーニーがヤラセだったと誤解しないで下さい。あの番組ではマジの素晴らしいクレイジージャーニー達と
    たくさん出会えました。そして設楽や小池とまた一緒に仕事したいです。願いがふたつになってしまいました」とツイートした。

     「クレイジージャーニー」のやらせ演出は同局が9月11日に発表し、謝罪。9月11日放送回から休止した。

     やらせ演出があったのは8月14日放送の2時間特番と同日深夜のレギュラー枠。いずれも、は虫類ハンター・加藤英明氏がメキシコで棲息する珍しい生物を探し、捕獲する旅を放送した。
    その中で6種類の生物を紹介したが、アリゲータートカゲなど4種類は番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、事前に準備。現場でその生物を放ち、あたかも偶然発見したように撮影した。
    ロケは7月2~5日の4日間行われ、スタッフが狙った生物を発見できない場合を想定して準備したという。

     TBSは番組終了を発表したこの日、公式サイトで「爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影」したが、その後の調査の結果、同様の手法は他には
    確認されなかったと報告。「私どもは、改めて、これらの不適切な手法で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました。
    これまで、番組をご覧頂いた視聴者の皆様、番組に出演して下さった方々、取材に協力して下さった方々、関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000218-spnannex-ent


    【松本人志「クレイジージャーニー」放送終了に「全てがヤラセだったと誤解しないで下さい」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,993 語) - 2019年9月16日 (月) 01:06



    (出典 img.jisin.jp)


    難しい問題ですね(><)

    視聴率も上げないといけないしヽ( ̄д ̄;)ノ 

    1 muffin ★ :2019/09/30(月) 17:25:24.67 ID:ERA2UKY+9.net

    https://friday.kodansha.co.jp/article/69615

    「ダウンタウン」の松本人志が9月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、TBSの新番組のMCに抜擢された立川志らくに対し「僕はちょうどTBSが一本なくなるんですよ」と笑いを誘った。

    クレイジージャーニーはDVDの販売も好調で、‘16年には「リアカーマン」という企画でギャラクシー賞を獲った超人気番組。芸能人の中にもファンは数多くいる。

    その中で最も人気がある企画のひとつが、静岡大学の講師である加藤英明氏が海外で珍しい生物捕獲するもの。その撮影中にスタッフが事前に準備した生物を、その場で発見して捕まえたかのように見せる“やらせ”演出をしたとして番組休止を発表。ホームページでは過去の放送で発見した26種類の生物のうち11種類が“仕込み”で、その生物名を公表した。

    一方で、仕込みを知らされていなかったとされる加藤氏は、いまだに沈黙を貫き身の潔白を証明しようとしない。9月26日発売の『週刊新潮』の取材に対しても、「取材はお受けしていません。TBSまでお問い合わせください」とメールで回答するなど、まるで他人事のような対応だ。

    「問題となったメキシコでのロケは4日間でした。海外ロケの場合、ディレクターは言葉の壁もあるので、現地のことは海外コーティネーターにすべて依頼します。クレイジージャーニーの加藤氏が出演したメキシコ以外も毎回、同じ女性コーディネーターだったとか。制作サイドからの“やらせ強要”にも応えてくれるからこれだけ仕事が舞い込んできたのでしょう」(ワイドショー関係者)

    つまり、番組ディレクターと海外コーディネーターが“一蓮托生”となってやらせを行っていたようだ。だが、“やらせ”を行わざるをえない状況は、テレビ局とコーディネーターの力関係が大きいと、テレビ撮影に詳しい別の海外コーディネーター関係者が明*。

    「海外ロケは予算も厳しく日程も短いが、オンエア日は絶対動かせない。しかも松本さんがスタジオで見ているのに“何も撮れませんでした”と放送するわけにはいかない。相当追い込まれる環境だったのはないでしょうか。そこで、おのずと“やらせ”という保険に手を出すことになったのでしょう。我々コーディネーターが制作サイドの無茶ぶりにどこまで付き合うかは難しい。仕事は請け負いたいがハードな“やらせ”に加担するのも嫌なので毎回せめぎ合いです。実際に墓場まで持っていかなければならないやらせは無数に経験しています。ですが、“やらせ”だからって毎回のように断っていたら、それこそ『あそこのコーディネーターは使えない』という噂が日本中のテレビ局に広まってしまい、干されてしまいますからね…」

    経費節減がうるさいテレビ局だが、海外ロケで払うコーディネーター料だけは今も“言い値”で払われている。物価にもよるが、1週間で数百万円を払うのはざら。そこには当然、日本から行くスタッフの飛行機代や宿泊費は含まれない。また、国によっては、どんな小規模の商業放送の撮影でも、その国のコーディネーターを通さないと法律違反になるところもある。

    「今回、担当したディレクターはTBS局員ではなく外部の制作会社のスタッフだった。彼らにとっても、多額の経費がかかる海外ロケで、使えないVTRしか撮ってこられなければ、当然、契約解除されるというプレッシャーを感じている。だから、現地のコーディネーターに“やらせ”をお願いしてまで、上の期待に応えられるモノを撮ってきたかったのでしょう。この構図はTBSだけでなく、他のテレビ局でもよくあることですよ」(テレビ局関係者)

    局員からのプレッシャーから“やらせ”に手を染める下請けの制作スタッフ。そんな彼らの強引なお願いに、日本の評判を気にして受けてしまう海外コーディネーター。そんな“負のスパイラル”が「海外ロケ」には当たり前のように存在しているのだ。


    【松本人志、テレビ番組の海外ロケが“やらせ放題”で困惑、上の期待に応えられるものを撮ってきたかった⁈】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,993 語) - 2019年9月9日 (月) 11:19



    (出典 cdn.narinari.com)


    松ちゃん、もう56歳なんですね…月日が経つのは早いです(;´・ω・)

    1 ひかり ★ :2019/09/08(日) 14:45:32.21 ID:JDBGcIhT9.net

     お笑いタレント・たむらけんじ(46)が8日、自身のツイッターを更新し、この日56歳の誕生日を迎えた「ダウンタウン」の
    松本人志のバースデーパーティーの写真を公開した。

     たむらは「松本さん!ハッピーバースデー!!」と主役の松本や、木村祐一(56)、藤本敏史(48)、宮川大輔(46)ら
    豪華メンバーとの写真をアップ。

     宮川も自身のインスタに「松本さん#お誕生日会#56歳#おめでとうございます!」と祝福の言葉をつづった。また、松本の似顔絵つきの
    バースデーケーキの写真も投稿した。

     コメント欄には「松っちゃんお誕生日おめでとうございます」「最強メンバーですね!!」「めっちゃナイスショットです」
    「松本人志さん大好きです ところでどうして浜田さんは居ないんでしょう?」などの声が寄せられた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000112-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【松本人志56歳 キム兄、フジモン、たむけん、宮川大輔など豪華メンバーで誕生日パーティー】の続きを読む

    このページのトップヘ