idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:渡部健


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    33キロバイト (4,336 語) - 2020年11月14日 (土) 03:03



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    予告ってものがあるでしょ(^^;;

    1 幻の右 ★ :2020/11/22(日) 10:22:01.00

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、22日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。活動自粛中のお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が、大みそかの日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』での復帰報道について、「ルール違反も甚だしい」と不快感を示した。

     松本は「あの番組は、誰がゲストでどこで出てきて何をするのか、我々は知りたくない。ずっとドッキリを仕掛けられる受け身の側だから」と番組の趣旨を説明。ところが今回、収録前にネットニュースで知らされるって。考えられない」と不満をもらした。

     「収録の前にあれ(ネット記事)を出されて。知りたくなかったので、これはルール違反も甚だしいと思う。それをけっこうワイドショーが扱うという。いま自慢にしている”スルー”というパターンをなぜ使ってくれなかったのか」と他社の後追い報道についても指摘。実際に現場に渡部が登場し、去ったあとに「ネットで知ってたわ」とつぶやいたことも明かした。

     渡部の復帰については、一部スポーツ紙が「今月18日に行われた収録に参加した」と報道。同番組では、過去に不倫を報じられた俳優の袴田吉彦や原田龍二が”みそぎ”として出演していた。

    ORICON
    11/22(日) 10:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/718ba621f5fddb08f21d2f1dedf25727407a6774


    【【松本人志】「ルール違反も甚だしい」渡部建『ガキ使』復帰報道に言及】の続きを読む


    life・QOL)の考えが普及すると、介護にも導入され、介護によって病人、高齢者のQOLを高め、QOLのさらなる向上に貢献することもまた介護の目的とされている。 介護保険法や支援費支給制度により障害者が在宅介護や施設介護のサービスを また、介護を行う介護福祉士や訪問介護員等の介護職や、介護サービスの利用の調整を図る介護
    16キロバイト (2,503 語) - 2020年10月9日 (金) 14:34



    (出典 i.ytimg.com)


    確かに失礼な話(⌒-⌒; )

    1 muffin ★ :2020/10/20(火) 23:01:17.93 ID:CAP_USER9.net

    https://www.jprime.jp/articles/-/19173
    2020/10/20

    6月に“多目的トイレ不倫”が発覚し、現在は謹慎中のアンジャッシュ・渡部建。そんな渡部は、多大な迷惑をかけた家族や仕事関係者への贖罪の気持ちが強く、社会貢献ができる介護福祉士やケアマネジャーなどの、福祉系の資格取得を見据えて猛勉強中だと『女性自身』(10月27日号)で報じられた。
    中略

    「この流れを作ったのは酒井法子ですかね。覚せい剤取締法違反罪の裁判中、彼女は“介護の勉強をする”と話して、確かにその後の2010年に群馬県内にある大学の介護福祉コースに入学しました。ところが2013年に同校の運営資金が底をつき、まさかの廃校に。それ以降、別の学校に転入するわけもなく、なあなあになって結局、芸能界に復帰しました。確かに“勉強はした”のでウソをついたわけではありませんが(苦笑)」(芸能プロ関係者)

    また闇営業が問題となったロンドンブーツ1号2号・田村亮も謹慎中に老人ホームを訪れ介護の勉強をしていることが報じられたが、結局は芸能界復帰を果たし、うやむやに。
    渡部をはじめ不祥事を起こした芸能人が介護の勉強を始めることについて、実際に高齢者施設や障害者施設で働く 介護職の方々はどう感じるのだろうか。

    障害者施設で働く30代男性Aさんは「ナメてますね」とバッサリ。「罰ゲームじゃないんだから(笑)。私たちの職場は刑務所ですか? イメージアップみたいな気軽な気持ちだったとしたら大間違い。大変なところですよ」

    と怒りを通り越して呆れた様子だ。特別養護老人ホームで介護福祉士として働く20代女性Bさんは、「不祥事を起こした芸能人が介護を償いのように捉えているんだったら、世間の介護に対するイメージがもっと悪くなるのではと思ってしまいます」と介護業界への悪影響を心配する。

    芸能界のグルメ王とも呼ばれた渡部は、「夜景鑑賞士検定3級」「社交ダンス(ラテン1級)」「高校野球検定」など数々の資格を取得している。例えば介護系で唯一の国家資格である介護福祉士は高度な専門知識と技術をもち、現場でもリーダーとしての役割を求められる。養成施設などで学ぶルートでなければ、受験資格を得るために3年以上の実務経験と実務者研修を修了する必要があり、ハードルは高い。もし渡部が本気で目指すなら、並大抵の努力ではたりないだろう。

    「続いたら根性あるなって思います。現場に来なかったら意味がないかな」(障害者施設で働く20代女性Cさん)
    と渡部のやる気を問う声も。一方で、肯定的な見方もある。
    「きっかけはなんでもいいのでは、とも思います。実際現場に来たら、想像以上に感情が振れることが起こって、予想しなかった成長があると思う。資格を単に取得するよりは、現場で利用者さんに接してみてほしい」(障害者施設で働く30代女性Dさん)

    全文はソースをご覧ください


    【【渡部建】介護福祉でイメージ回復に現場職員が一喝「ナメてますね」www】の続きを読む

    このページのトップヘ