idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:渡部建


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    27キロバイト (3,201 語) - 2021年2月22日 (月) 14:10



    (出典 static.blogos.com)


    大変そう(⌒-⌒; )

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/23(火) 07:10:17.21 ID:CAP_USER9.net BE:124320616-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    2/23(火) 5:15配信
    東スポWeb

    渡部は妻・佐々木希の考えを受け市場でバイトをしたという

    〝多目的トイレ不倫騒動〟で活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(48)が東京・豊洲市場で働いていることが報じられ、芸能界復帰への第一歩として注目されている。

     働いている市場にある仲卸業者は渡部はもちろん、妻・佐々木希(33)とも親交があり、信頼を寄せる人物に佐々木が「夫の渡部が働くことをお願いした」(芸能関係者)という。

     今月に入ってSNSの目撃情報とともに、各メディアには渡部が市場で働いている情報も寄せられていた。豊洲市場関係者は本紙の取材に働いていることについて「事実です」と認めた。

    「深夜から翌朝にかけて黙々と働いていたとか。コロナ禍もあり、市場はヤジ馬がいる環境ではないし、仕事にも集中できる。佐々木さんなりに夫のことを考えて、この場所を勧めたのでしょうね」(前同)

     実際、佐々木の考えを受け、前出の市場関係者も本紙に渡部の働きぶりを含めた詳細については口をつぐんだ。

    「佐々木さんはニュースで報じられたことにかなり怒っており、仲卸業者にも謝罪している」とは前出の芸能関係者。

     渡部の懸命な働きぶりは市場内で評価されているというが、逆風がやまなかった世間の見方も変わりそうだ。

    「ネット上では、渡部の姿を応援する声が大多数を占めている。今までにはなかったことで、芸能界への復帰に向けて大きな前進だと思います」とはテレビ局関係者。

     相方の児嶋一哉(48)は21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「僕から解散する気は一切ない」と明言。不倫騒動の被害者である佐々木も離婚せず、立ち直りを望んでいる。

     昨年6月に活動を自粛した渡部。昨年12月に謝罪会見を開いたものの、かえって批判が増してしまい、再び復帰が遠ざかったが、ようやく復帰への道筋が見えてきたのかもしれない。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e5bd5755af44c930930f5447ba016541b44c9f2


    【【渡部建】復帰への第一歩⁉️豊洲市場でアルバイト報道】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
    52キロバイト (6,429 語) - 2020年10月21日 (水) 10:57



    (出典 taishu.ismcdn.jp)


    頑張ってほしいです(><)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/08(火) 10:37:04.36 ID:CAP_USER9.net

    12/8(火) 6:08
    SmartFLASH

    渡部建「袋叩き会見」翌朝は余裕で犬の散歩…妻・佐々木希は夫と“添い遂げる”覚悟
    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
     凛とした空気にまぶしい陽の光が降り注ぐ、冬の朝。その男は、2匹の犬を連れて悠然と歩いていたーー。

     12月3日、多目的トイレなどでの不倫が報じられ、2020年の6月から無期限謹慎中だったアンジャッシュ・渡部建(48)が、謝罪会見を開いた。芸能リポーターからの手厳しい質問に必死で答える渡部は、憔悴しきった表情だった。冒頭の写真は、その翌朝の様子だ。

     会見中は、翌朝、散歩へ行けるような様子には見えなかったが……。

    「会見後、仕事を昼間で終えて自宅で待っていた、妻の佐々木希さんに、優しく励ましてもらったのでしょう。というのも、佐々木さんは渡部さんと添い遂げる覚悟を新たにしているんです」(芸能リポーター)

     その “きっかけ” が収められた動画がある。佐々木希(32)が所属する芸能事務所・トップコートの公式サイトで、月額500円の有料会員向けに、12月1日に公開された座談会動画だ。その内容は、佐々木のほか木村佳乃(44)、杏(34)、中村倫也(33)の計4人の所属タレントが、赤裸々に私生活を語るというもの。

    「木村さんと杏さんという大女優を前にして、佐々木さんは恐縮しっぱなし。相槌を打つばかりで、自分から会話に入っていけないのです。夫の芸人としての能力が芸能界でいかに貴重なものなのか、痛感したはずです」(同前)

     そのため、周囲の “説得” にも応じていないという。

    「イメージダウンを恐れ、離婚をすすめる関係者もいましたが、佐々木さんは一貫して拒否しています」(事務所関係者)

     本誌は、渡部の謝罪会見の6時間前、夫を案じていた佐々木の姿もキャッチした。撮影スタジオを後にする佐々木は、手すりを支えにして階段を下り、疲れているように見えた。

     今後は渡部が、“佐々木の支え” となるために、スポットライトの当たる場所を目指すことになるーー。

    (週刊FLASH 2020年12月22日号)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=427&h=640&q=90&exp=10800&pri=l
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc04eead914f8cfebe96fd20296d4e0a2e0ffd8


    【【佐々木希】渡部建フルボッコ会見後初のインスタに「頑張って」の声❣️】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    26キロバイト (2,983 語) - 2020年12月5日 (土) 09:55



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    そうなりますよね(ー ー;)

    1 湛然 ★ :2020/12/07(月) 08:41:29.92

    アンジャ渡部 大みそか「ガキ使」出演部分“お蔵入り”へ…日テレ、世間の批判考慮
    12/7(月) 4:30 スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6b08468693f6e4c03c8aa7c0c9b8b40612a71f5b


     日本テレビが、大みそかの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」特番で電撃復帰を予定していた「アンジャッシュ」渡部建(48)の出演部分を“お蔵入り”にする方向で調整していることが6日、分かった。

     多目的トイレなどでの不倫騒動で、6月から無期限活動自粛中の渡部。公での説明は避け続けていたが、同番組での復帰と極秘収録参加が先月の本紙報道で明らかに。本人が雲隠れする中で復帰計画が先立ったことで、世間で批判の声が高まっていた。

     それを受けて渡部は、急きょ今月3日に謝罪会見を開いた。批判をかわす狙いもあったとみられるが、大みそかの出演を見合わせる方向になったのは「世間の批判が根強いことを考慮して局が判断した」(同局関係者)という。

     電撃復帰をお膳立てしたのは、渡部がレギュラー出演していた同局の人気番組「行列のできる法律相談所」の中心スタッフだった。今回の年末特番にも参加しており、渡部側と出演交渉して先月18日に収録を行った。
    同局関係者は「温情から渡部さんの復帰を考え、サプライズ出演を計画したが世間の空気が分かっていなかった。渡部さんの参加は出演者も知らなかっただけに、そこにも多大な迷惑をかけてしまった」とした。

     「ダウンタウン」松本人志(57)は、この日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、年末特番について「お子さまからおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめる番組に仕上がっていると思うので、ご覧くださいとしか言いようがない」と発言。
    渡部の復帰に向けては相方の児嶋一哉(48)の存在を挙げ「もっと相方と向き合うべき」とアドバイスした。

     3日の謝罪会見で渡部は復帰について「白紙」と明言した。年内いっぱいを意図していた自粛期間も「再度話し合う必要がある」としており先行きは不透明なままだ。
    日本テレビの見込みが甘かったこともあって、さらに復帰を遠ざけたと言わざるを得ない結果となった。本紙の取材に同局はコメントしなかった。今後どのような対応をするのか注目が集まる。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    前スレ(★1=2020/12/07 04:37:19.74)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607283439/


    【【渡部建】日テレ、世間の批判考慮…大みそか"ガキ使"出演シーンお蔵入り】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    33キロバイト (4,350 語) - 2020年11月29日 (日) 14:53



    (出典 geitopi.com)


    確かに誰得でしたね(^^;;

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/06(日) 08:23:25.41 ID:CAP_USER9.net

    12/6(日) 8:02
    FRIDAY

    渡部建が謝罪会見で意識しすぎて失敗した「松本人志の存在」
    汗だくで謝罪会見の場を後にする渡部。活動復帰への足掛かりにすることはできたのだろうか……
    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が12月3日、緊急会見に臨んだ。6月に「週刊文春」で“多目的トイレ不倫”が報じられてから初の公の場。渡部は「(騒動で)7~8キロ痩せた」というように、頬はこけ、一気に老け込んだ印象を受けた。


    会見内容は多くのメディアで散々報じられているため割愛するが、すべてにおいて「誰得?」だった感は否めない。

    「先月、大みそかの日本テレビ系『笑ってはいけない』シリーズで復帰すると報じられ、一気に事態が動いた印象を受けます。これだとどうしても『番組に出たいから謝罪するんだろ』という目で見られてしまう。渡部さんも会見で同番組のことについて聞かれ、言葉を濁すしかないなど、気の毒な部分もありましたね。これなら会見はやらない方がマシ。一体なぜこんなことになってしまったのか」(スポーツ紙記者)

    キーマンは「ダウンタウン」の松本人志だった。渡部の大みそか出演情報が一部メディアによって報じられたことに激怒。自身の番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「重大なルール違反」と苦言を呈した。

    「そこから松本さんは終始、不機嫌モードでした。出演情報が漏れたことだけでなく、結果的に渡部さんにプレッシャーをかけてしまったこともあるのでしょう。3日の緊急会見でも松本さんの名前や番組名がしきりに取り沙汰されてしまいました」(テレビ局関係者)

    「渡部のことを不憫に思った松本がケツを持つ」「週末のワイドナショーに渡部を出演させる」などなど、不透明な情報が流れたのだ。昨年の“闇営業問題”で《松本、動きます》と投稿し、事態収拾に動いた松本だけに、たしかに現実味を感じられるものもあった。

    松本は芸能界だけでなく、世間にも影響力がある。その彼に渡部サイドが“すがりたく”なる気持ちも分からなくもない。

    実際、フジテレビ系列のスポーツ紙「サンケイスポーツ」は会見当日3日発行紙面で、番組名は明かさなかったものの、渡部の「ワイドナ」出演をにおわせた。ところが、当の松本は渡部の会見直前に《共演は当分ないと思うよ~》とツイート。その後、渡部の所属事務所関係者も番組出演を明確に否定した。

    「ワイドナ出演の“ウワサ自体ガセだったのか?”というと、それはないと思う。ひっくり返ったのでしょう。松本さんは予定調和や敷かれたレールに乗せられるのが大嫌い。今回はマスコミ主導で事態が動いていった。松本さんが不機嫌モードなのもそのためでしょう」(同・テレビ局関係者)

    渡部の苦渋の表情も印象的だった。あれだけ復帰、復帰と騒がれながら、今後については

    「オファーがあっての復帰だと思う。オファーがなければ一生復帰はできない」

    と白紙を強調。いまは妻の佐々木希や愛息と過ごす時間を最優先に考え、記者の「オファーがなかったら別の仕事も考えているか?」の質問には「そういうことになるかもしれない」と力なく語った。

    ただ、お笑い界からは意外なことに渡部に「引退」を勧める声も。関西の某お笑い芸人は、

    「会見で吊るし上げられる渡部さんを見て泣きそうになった。あそこまでされる意味あるのか。だったら、マスコミに文句や思うところを全部いって辞めちゃえばいいのに。俺ならそうしますよ」

    と憤る。別の芸人は“闇営業問題”で吉本興業をクビになった「カラテカ」入江慎也に学ぶよう力説する。

    「入江さんは引退後、新たに清掃関連の事業を起こして頑張っている。渡部さんも弁は立つし、人脈はあるのだから、芸能界に捉われず仕事をして欲しい。スキャンダルを帳消しにするには、芸人時代のMAX年収を別の仕事で超えること。そうすれば、文春に『あの時はありがとうございました』と嫌みのひとつも言えるでしょ。奥さんや子供のことを考えれば、別ジャンルで成功しちゃうのが一番いい」

    結局、渡部もその事務所も「松本人志」の存在を意識しすぎた結果、空回りしてしまったのではないか。まずは落ち着いて自分の人生を考える時間が必要だと思うのだが――。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ae1bb018ebe730c2fd55e6b067a71fd8becf37f


    【【渡部建】「誰得⁉️」感満載の謝罪会見で意識しすぎた松本人志の存在】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    26キロバイト (2,983 語) - 2020年12月5日 (土) 09:55



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    テレビ局も大変ですね(⌒-⌒; )

    1 首都圏の虎 ★ :2020/12/06(日) 08:03:11.41 ID:CAP_USER9.net

    スポンサーが不安を示している

    不倫スキャンダルで、芸能活動を自粛中の芸人・渡部建(48歳)が再び世間を騒がしている。

     11月16日、年末特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 』(日テレ系)の「笑ってはいけない」シリーズに渡部が復帰出演するとネットメディアが報じたのだ。

     「すべて事実です。渡部の復帰計画は極秘裏に進められていました。出演者が驚く画が欲しかったので、番組プロデューサーなど一部を除いて、ほとんど知らされていなかった」(日テレ関係者)

     今年は、新型コロナの感染拡大によって大規模なロケができない。そのため、10月から日テレの生田スタジオで数回に分けて収録が行われていたという。

     「渡部の収録が行われたのは18日です。ただ、事前の報道があったことで松本人志(57歳)など出演者のリアクションは芳しくありませんでした。

     その上、渡部の復帰出演が表沙汰になってから、視聴者から『復帰は早すぎる』といったクレームまで入るようになったんです。

     この事態にスポンサーは不安を示しているようで、12月に予定されていた渡部の追加収録は流れてしまいました。いま制作陣は、収録済みのシーンを放送で使うべきかどうか頭を悩ませていますよ」(同)

     渡部にとっては本当に笑えない年越しとなることは間違いない。

     『週刊現代』2020年12月5日号より

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d54b82d90cdeeec3b0db09cd1cf7a540fa35853

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【渡部建】『ガキ使』復帰出演で日テレが大パニック⁉️】の続きを読む

    このページのトップヘ