エイベックス松浦会長、元AKB矢作萌夏をプロデュース 2月卒業の17歳元センター エイベックス松浦会長、元AKB矢作萌夏をプロデュース 2月卒業の17歳元センター
エイベックスの松浦勝人会長(55)が、今年2月にAKB48を卒業した矢作萌夏(17)のプロデュースに乗り出す可能性が浮上したことが17日、わかった。
(出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


矢作 萌夏(やはぎ もえか、2002年7月5日 - )は、日本の女性アイドルグループAKB48チームの元メンバー。埼玉県出身。姉は矢作有紀奈(元SKE48)。 2016年頃、姉の有紀奈とともにカトレアプロモーション(現・AIMSTONE PRODUCTION)に所属。同年、AKB48
10キロバイト (1,093 語) - 2020年2月15日 (土) 15:00



(出典 i.ytimg.com)


それはビックリ(゚ω゚)

1 ジョーカーマン ★ :2020/05/18(月) 06:35:27.48

エイベックスの松浦勝人会長(55)が、今年2月にAKB48を卒業した矢作萌夏(17)のプロデュースに乗り出す可能性が浮上したことが17日、わかった。
松浦氏は16日、自身の公式インスタグラムで、「17歳の元アイドル」と面談したことを報告。
松浦氏、エイベックスともに名前は明かさなかったが、関係者によると、かねて松浦氏による矢作のプロデュース案が浮上しており、今回の面談相手も矢作だったという。            

6月開催予定の株主総会でCEOを退任し、クリエイティブ活動を行うことを宣言していた松浦氏。
その“第1弾”は、国民的アイドルグループ・AKB48の元センターにして、電撃卒業したばかりの矢作となる公算が高まった。

松浦氏はインスタグラムで「僕がネットで見た時からこの子はすでに人気者だった」と面談相手の特徴を説明。
「ここに来たから成功したのだと、あとでやはり自分は思ってもらえるようにしなければならない」「そのために出来ることをしてあげよう。そして、たくさんの議論もしよう。自己主張とわがままのはざまで大いに話し合おう。今日話した君の夢をかなえるためにね」と、矢作のソロデビューを念頭に置いた話し合いだったことをうかがわせた。

矢作は18年1月、第3回ドラフト会議でAKB48チームKに1巡目指名された。
昨年1月にはグループ最速でソロコンサートを開催。
7月発売の56thシングル「サステナブル」ではセンターに抜てきされたが、10月にテレビ番組で卒業を電撃発表した。

愛らしいルックスと“天然キャラ”が注目されたが、歌唱力にも定評。
グループの「歌唱力No.1決定戦」では第1回が2位、第2回は優勝と抜群の結果を残した。
今年2月、AKB48として最後の活動となったライブ後には、卒業後について「何も決まってないんですけど、機会があれば…」と明言を避けていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000000-dal-ent

元AKB48 矢作萌夏

(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


矢作萌夏センター
【MV full】サステナブル / AKB48[公式]

(出典 Youtube)


【エイベ松浦会長が元AKB48・矢作萌夏をプロデュース❣️】の続きを読む