idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:近藤真彦


    近藤 真彦(こんどう まさひこ、1964年〈昭和39年〉7月19日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。元レーシングドライバーであり、実業家、会社役員でもある。Sony Records所属。血液型O型。身長170cm。ニックネームはマッチ(MATCHY)(名付け親は事務所の先輩・松原秀樹)。既婚者。神奈川県大和市出身。
    85キロバイト (8,896 語) - 2020年12月31日 (木) 20:34



    (出典 eraption.com)


    十戒 中森明菜 - YouTube

    (出典 Youtube)


    自粛じゃなかったっけ(⌒-⌒; )

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/01(金) 18:06:29.52 ID:CAP_USER9.net BE:137560257-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    1/1(金) 17:15配信
    東スポWeb

    マッチの処遇に頭を悩ませるジャニーズ事務所

     25歳年下の一般女性Aさんと5年に渡る不倫が「週刊文春」に報じられ無期限活動自粛の処分を受けている近藤真彦だが、「アンジャッシュ」渡部建のせいで復帰のタイミングをつかめないでいるようだ。

    【写真】近藤真彦 中森明菜との伝説の謝罪会見

     近藤は不倫の事実を認め、昨年11月中旬から活動時自粛に入った。

     音楽関係者は「昨年は芸能活動40周年という節目の年。だからといって、大きなことをやる予定はなかったですが、作曲家の筒美京平さんが亡くなったことで、デビュー曲の『スニーカーぶる~す』など筒美作品を歌ってきた近藤に、各局の音楽番組が追悼企画でオファーをかける流れが生まれていました」と明*。

     それもすべてオジャンになったことで、近藤の復帰時期は見通せない。アンジャ渡部のケースもそこに重く圧し掛かってくる。

    「コメントだけ出して、会見せずに復帰すれば、『何もしないのか』と批判を浴びてしまう。とはいえ、近藤は天下のジャニーズの〝長男〟です。会見してもワイドショーは渡部のように厳しく追及はできないでしょう。すると今度はテレビ局が『忖度だ』『圧力だ』などと叩かれる。復帰の方法についても頭を悩ませているようです」(芸能プロ幹部)

     できればこのまま芸能界から静かにフェードアウトするのが、最も波風が立たないような気もするが、前出幹部によると「引退や事務所を辞めるなどということは今の段階ではないようです。一応、復帰のタイミングを模索しているようです」という。

     気付けば腫れ物扱いされる存在になってしまった近藤。身から出たサビとはいえ、激しい落差に嘆くほかないだろう。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc3f86439a0c3893491707ea3cae06697c824439


    【【近藤真彦】愚か者不倫近で復帰めぐりジャニーズもメディアも腫れ物扱い⁉️】の続きを読む


    近藤 真彦(こんどう まさひこ、1964年〈昭和39年〉7月19日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。元レーシングドライバーであり、実業家、会社役員でもある。Sony Records所属。血液型O型。身長173cm。ニックネームはマッチ(MATCHY)(名付け親は事務所の先輩・松原秀樹)。既婚者。神奈川県大和市出身。
    84キロバイト (8,719 語) - 2020年12月4日 (金) 15:13



    (出典 pbs.twimg.com)


    まず謝るべき人が…(ー ー;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/06(日) 05:27:01.47 ID:CAP_USER9.net

    12/6(日) 5:15
    東スポWeb

    「次はあなたの番です」近藤真彦がアンジャ渡部の〝火だるま会見〟に戦々恐々
    マッチも渡部コースか
    「アンジャッシュ」渡部建(48)の〝フルボッコ会見〟が他人事ではないのが、同じく不倫報道で大炎上したジャニーズの〝長男〟近藤真彦(56)だ。

    【写真】近藤真彦 中森明菜との伝説の謝罪会見

     近藤は「週刊文春」で25歳年下の一般女性Aさんと5年に渡る不倫が報じられ、渡部と同じく無期限活動自粛中だ。それまでジャニーズ幹部の庇護のもと、やりたい放題だっただけに、逆風は凄まじく、復帰のメドは立っていない。

     そんな矢先の今月3日、渡部が囲み会見を行い、見るも無残なフルボッコ状態に追い込まれた。「なぜ多目的トイレを選んだのか」「ホテルは考えなかったのか」などと矢継ぎ早に質問を浴びせられ、撃沈。あまりの一方的な展開に今度は女性リポーター陣に批判が向けられる事態となっている。

     ジャニーズの不祥事は数あれど、不倫を大々的に報じられたのは近藤が初。最近のトレンドを見る限り、近藤に残された道は2つしかない。

     1つは渡部のように記者会見を行うことだ。近藤の処分を発表した際、ジャニーズ事務所は「家庭を持つ一社会人による振る舞いとして大変軽率であり、自覚と責任に欠ける行動であったと重く受け止めております」「最年長である近藤の処分として当然の結論」とのコメントを残した。

    「つまりジャニーズ事務所も不倫が重大な問題であると認識している。会見を行わず、しれっと復帰するなんてことはありえないでしょう」とはテレビ関係者。

     ただ、渡部の吊るし上げ会見を見て、近藤がビビりまくる可能性は十分ありえそうだ。

     もう1つは事務所を離れるパターンだ。これは先月末に所属事務所を退社したタレントのブラザートム(64)のケースが当てはまる。「円満退社」を強調してはいるが、トムは10月に〝復興不倫〟なる新ジャンルの醜聞が「フラッシュ」で報じられた。

    「熊本地震の支援活動をしながら現地の女性と4年に渡り交際していたといいます。女性をホテルで軟禁したり、罵声を浴びせたり、トムさんがモラハラを繰り返していたとも報じられました」(ワイドショー関係者)

     それだけに退社は事実上の契約解除と見る向きも多い。

     果たして近藤はどちらの道を歩むのか――。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ddd5b45de2b8566a204f1ac2a41acd2aa25d6a2


    【【近藤真彦】「次はあなたの番です」渡部のフルボッコ会見に戦々恐々⁉️】の続きを読む


    東山 紀之(ひがしやま のりゆき、1966年〈昭和41年〉9月30日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。少年隊のメンバー。所属事務所はジャニーズ事務所。血液型はA型。愛称はヒガシ。妻は女優の木村佳乃。本名は同じ。 神奈川県川崎市出身。父方の祖父がロシア人。妹がいる。
    79キロバイト (10,588 語) - 2020年9月30日 (水) 13:18



    (出典 wezz-y.com)


    複雑でしょうね(⌒-⌒; )

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/22(日) 07:13:13.98 ID:CAP_USER9.net

    11/22(日) 7:03配信
    オリコン

    ジャニーズ事務所 (C)ORICON NewS inc.

     少年隊の東山紀之(54)が22日、司会を務めるテレビ朝日系『サンデーLIVE!!』(毎週日曜 前5:50)に出演。17日、先輩でもある歌手・近藤真彦(56)が不倫報道を受け芸能活動の無期限自粛を発表した件に言及した。

    【写真】近藤真彦の愛車・アルファロメオジュリエッタスパイダー(2009年撮影)

     近藤の活動自粛については、25歳年下の女性社長との5年に及ぶ不倫が12日発売の週刊文春で報じられ、事務所が本人に確認したところ「ご指摘の女性との交際は事実である」と認めたことから、一連の責任をとる形で近藤自ら芸能活動の自粛を申し入れた。

     番組内で東山は「事務所の対応もね、近藤真彦さんの結論出すのがちょっと遅かった」とし、「なので僕らもどう対応していいのかわからないということで…」と複雑な心境。

     続けて「近藤真彦さんとは40年以上、彼の背中を見てともに育ってきました。良きところ、悪いところも知っていますけど、事務所の中でも世の中的にも年を経て”責任”というのが変わってくると思う。その責任を果たしていない近藤真彦さんには大変大きな失望感があります」と苦言した。

     なお、ジャニーズ事務所は報道から処分までの経過について「家庭を持つ一社会人による振舞いとして大変軽率であり、自覚と責任に欠ける行動であったと弊社といたしましては重く受け止めております。そのため、近藤に対して厳正な処分が必要であると認識し、その内容について慎重に検討いたしておりました」と説明。

     近藤も17日、コメントを発表し「この度の件では、家族、関係者の方々、なにより応援してくださっているファンの皆様を裏切ることになり、大変申し訳なく思っております。相手の女性にもご迷惑をお掛け致しました。家族とは、話し合い、謝罪し、理解してもらいました」と報告。また、「昨日、芸能活動を自粛させていただきたい旨を事務所に申し入れました。皆様の信頼を回復できるよう、自分を見つめ直し精進いたします」としている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=435&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/48e710c5b915c5c70c5d64b3c217e47fe140c7b0


    【【東山紀之】愚か者不倫の近藤真彦に落胆、胸中吐露】の続きを読む


    近藤 真彦(こんどう まさひこ、1964年〈昭和39年〉7月19日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。元レーシングドライバーであり、実業家、会社役員でもある。Sony Records所属。血液型O型。身長173cm。ニックネームはマッチ(MATCHY)(名付け親は事務所の先輩・松原秀樹)。既婚者。神奈川県大和市出身。
    84キロバイト (8,712 語) - 2020年11月20日 (金) 01:02



    (出典 static.blogos.com)


    本当に最低ですね(~_~;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/21(土) 05:41:54.50 ID:CAP_USER9.net

    11/21(土) 5:15配信
    東スポWeb

    想定外の事態に見舞われるジャニーズ事務所

     25歳年下の一般女性との不倫報道で、無期限活動自粛処分となった近藤真彦(56)が〝親日〟で知られる台湾、香港からも総スカンだ! 近藤は、当地で絶大な人気を誇った香港人の歌手、女優で2003年に子宮頸がんのため40歳で亡くなったアニタ・ムイ(梅艷芳)さんと二股&不倫疑惑が報じられた過去がある。さらには歌手・中森明菜(55)との〝金屏風事件〟も蒸し返され、「史上最低のクズ男」と断罪される事態になっている。

    【写真】近藤真彦 中森明菜との伝説の謝罪会見

     12日発売の「週刊文春」で、近藤は25歳年下女性Aさんとの不倫が報じられ、17日にジャニーズ事務所が無期限活動自粛処分を発表。妻子ある身でありながらどこに行くにもAさんと一緒で、不倫交際は5年に及んでいたことも衝撃を与えた。

     今年はジャニーズ事務所にとっては、スキャンダル続出の受難の年。本来なら近藤は、手本にならなければいけない立場だけに、厳しい声が噴出した。

     近藤自身にとっても今年は、デビュー40周年のアニバーサリーイヤー。全国ツアー最終公演が中止になれば、今後の番組出演も白紙になり、関係各所に多大な迷惑をかける事態となった。

     まさに崖から転がり落ちるかのようにイメージダウンしているが、〝醜聞〟は崖どころか海をも越えているという。

    「親日で日本の芸能ニュースを多く報じる台湾では、多くのメディアが近藤の不倫を報じ、『史上最低のクズ男』『日本芸能界の最悪男』などと猛バッシングを展開している。台湾人から総スカンで、怒っている人も数多い」(台湾の芸能プロ関係者)

     日本の芸能界に関心があるとはいえ「そこまで叩かなくても…」と思うが、近藤にはそうなる背景があるという。

     台湾でも絶大な人気を誇った香港の歌手、女優で、03年に子宮頸がんのため、40歳で亡くなったアニタ・ムイさんと、近藤は二股や不倫疑惑が報じられていたのだ。

    「アニタは生前、台湾メディアに近藤との恋愛を告白。近藤も香港で行われたアニタの葬儀に出席。何度かアニタへの思いを明かし、現地では交際していたことが既成事実化している。台湾人の中には中森明菜との交際騒動を知る人も多く、明菜との二股や結婚後の不倫を疑う人も多い。女性への冷たい態度などで、今回の不倫報道への怒りが増幅している」(前同)

     日本では、香港のアクション俳優、ジャッキー・チェン(66)が出演する映画で共演するアニタを思う浮かべる人の方が多いかもしれないが、香港では「各家庭に1枚ずつアニタ・ムイのレコードがある」と言われたほどの人気歌手。中国政府の干渉もあり、台湾のようにメディアが大々的に報じることはないが、日本文化を愛する香港人も近藤の醜聞にショックを受けているという。

     そうはいっても「クズ」とまで断罪するのは、度を越えているような気もするが…。前出の関係者によれば、これには明菜との恋愛騒動が関係しているとか。

    「明菜が歌手として活躍していた時代、台湾人の日本熱は今以上で、日本の芸能ニュースが盛んに報じられていた。だから明菜の自殺未遂を鮮明に覚えている人も多い」

     アニタとの交際は、日本で報じられることはほとんどなかったため、明菜との交際は近藤にとって、日本では唯一のスキャンダルだった。さらに、自殺未遂騒動後に開かれた「金屏風事件」と呼ばれる2人の会見で、近藤が交際を否定したことは、今でも明菜に同情する声が聞かれる。

    〝愚か者不倫〟の代償は予想以上に大きい。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd4f5705de2ce151fdb4b46acb9aa8e26b4a9dae


    【【近藤真彦】台湾&香港メディアから「史上最低のクズ男」に認定されてしまうwww】の続きを読む


    中森 明菜(なかもり あきな、1965年7月13日 - )は日本の歌手、女優。本名同じ。1982年5月1日デビュー。松田聖子と並ぶ1980年代アイドルの双璧として、数多くのヒットナンバーを世に送った。 東京都大田区(大森)生まれ、清瀬市育ち。明治大学付属中野高等学校定時制中退。研音、コレクション、コンティニュー、N
    109キロバイト (13,235 語) - 2020年11月15日 (日) 03:44



    (出典 news-watch.info)


    あれは酷いですね( ; ; )

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/17(火) 11:43:43.43 ID:CAP_USER9.net

     週刊文春が報じた、マッチこと近藤真彦の不倫が大きな波紋を呼んでいる。本人が不倫を認め、近藤は無期限で芸能活動を自粛すると発表された。近藤は今年で歌手デビュー40周年を迎えていたが、今後の番組出演などは白紙になった

     通常、男性芸能人の不倫報道では相手女性にも非難の声が向けられることも多いが、今回は一般人ということで、その反応は薄い。一方で世間の反応で目立つのは、中森明菜との一件を蒸し返し、近藤を改めてたたく声だ。活動自粛発表前の、11月11日に配信された「近藤真彦が不倫相手に語っていた『明菜のこと』、平成芸能を揺るがせた金屏風事件」(週刊女性PRIME)という記事でも、2700以上のコメントがつき、多くの人が「明菜がかわいそう」「許せない」などと書き込んでいる。

     1989年7月、明菜は交際中だった近藤の自宅で手首などを切った。そして、活動を休止したあと、大みそかの夜に復帰会見を開く。そこには、近藤も同席。その後ろには金屏風が用意され、メディアは婚約発表かと色めき立った。

     実際、明菜は自殺未遂の理由を「仕事上の人間関係」としつつ「一番最初に見つけてほしかった」と近藤への愛を告白。ところが、近藤は、

    「(復帰会見の)お手伝いが少しでもできたことに、すごく喜びを感じています。結婚? そういうことはまったくありません」

     と「ズレ」を感じさせる発言をした。ふたりはその後、破局。近藤は94年に一般人と結婚した。

     一方、明菜は90年代に入っても、主演ドラマをヒットさせたり、そこそこのヒット曲を出したりしたが、それ以上にトラブルメーカーとしてのイメージが強まっていく。一時は「お母さん」とまで呼んで慕っていた付き人と対立して、

    「騙され裏切られることには慣れっこの私も、あんなタイプの人は初めてです」(「マルコポーロ」95年1月号)

     と罵倒するようになったのをはじめ、事務所との確執、写真集出版やマンション使用をめぐるトラブルなど、あちこちでもめまくり、自殺未遂以前から不調だった心身の状態もますます悪化。芸能活動も尻すぼみとなり、2010年から4年間ほどは活動休止を余儀なくされた。

    そんな経緯から、明菜の失速は近藤との破局のせいだとする見方が存在する。ファンは特に、そう思いたいようだ。だが、本当にそうなのだろうか。

     というのも、破局はもう30年前の話だ。その後、芸能界では貴乃花・宮沢りえ、小室哲哉・華原朋美といったカップルも破局した。これらの「平成芸能界三大破局」は、女性のほうが捨てられた構図も似ているわけだが、宮沢や華原のファンは明菜のファンほど、過去を引きずってはいないように思う。

     その理由はもっぱら、宮沢や華原が次のステージに進めているからだろう。結婚したり、離婚したり、出産したり。失恋について、女性は上書きができるとよく言われるが、それを実践できている感じだ。いや、男性である近藤もそれができている。

     しかし、明菜の場合は破局のあたりで人生の時間が止まってしまった印象というか、そこが彼女を被害者とする見方の固定につながっているのだろう。

     ただ、その見方は彼女に失礼かもしれない。気の毒な被害者ではなく「偉大なる敗者」としてとらえたほうがよいと思うのだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/05127a414494153c682f3ef66687d502073fe4c3?page=1

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【中森明菜】近藤真彦の不倫で"金屏風事件"再燃…ファンはなぜ「過去」を引きずり続けるのか】の続きを読む

    このページのトップヘ