idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:酒井法子


    酒井 法子(さかい のりこ、1971年2月14日 - )は日本の女優、歌手。80年代アイドル。サンミュージックプロダクション(1986年 - 2009年夏)を経て、オフィスニグンニイバ(2012年 - )所属。愛称はのりピー。堀越高等学校卒業。 1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、
    60キロバイト (6,501 語) - 2020年7月27日 (月) 02:53



    (出典 geitopi.com)


    顔は可愛いのに…(⌒-⌒; )

    1 Egg ★ :2020/08/09(日) 10:03:01 ID:CAP_USER9.net

    アイドルとして活躍していた頃を、本人が振り返るシリーズ「あの頃のわたし」に今回は酒井法子(49)が登場。1990年のアイドル絶頂期、「マンモスかわいいのりピー」の秘蔵カットを、本人が振り返る。

     * * *

     この写真集のタイトル『White Girl』は、同時にアルバム制作や海外でのビデオ撮影、コンサートなども行なったプロジェクトでした。元々は、遠藤響子さんにいただいた曲のタイトルでもあります。

     歌詞の最初の1行目を初めて読んだ時、その時の私の心境を表現してくれていて、涙が溢れたことを覚えています。「いつも元気なのりぴー」──でもそれだけじゃない。色んな気持ちが本当はあったりして……懐かしいです。本当に大好きな曲ですし、思い入れがたくさんある写真集です。

     当時は本当にたくさんの写真集を作らせていただいていました。ひとつ、ひとつ大切に真剣に作り上げていました。今見返してみても、様々な場所の美しさも加わり本当に素敵! 私自身見ていて楽しいです。ぜひ皆様にもまた楽しんでいただけたら嬉しいです。

     新型コロナが流行していますが、見えない恐怖に囚われすぎるのも良くないし、かと言って何の対策もしない訳にはいかないですよね。自分自身できることから対策をしつつ、変わりゆく時代に合わせながら、努力をたゆまずしてゆくしかないと思います。Zoomやインスタを見ながら朝ヨガ始めたりしてます!!

     なかなか皆様と直接お会いできる機会がありませんが、いつの日か、またお会いできると信じて、ディナーショーやアジアでのイベントについても色々思いを巡らせていきたいと思います!! 今、皆様とタイムリーに繋がれるのはブログだったりするので、お伝えしたいことや近況など、日々綴らせていただきますね!!

     皆様も、お体を大切に元気でいてくださいね。

    【プロフィール】さかい・のりこ/1971年2月14日生まれ、福岡県出身。1986年にデビューし、アイドル歌手として活躍。自らを「のりピー」と名乗り、「いただきマンモス」「うれピー」などの「のりピー語」が一世を風靡した。ドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)、『星の金貨』(日本テレビ系)などで女優としても活躍。中国語圏での人気・知名度も高い。★酒井法子電子版写真集『White Girl』(ワニブックス刊、1500円+税)は各電子書店で8月4日発売。以降、8作の電子版写真集が順次発売予定

    8/9(日) 7:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f05597e218f0fe2defa650d0944d022e16f50c75

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【酒井法子】コロナ禍に「恐怖に囚われすぎるの良くない」発言www】の続きを読む


    酒井 法子(さかい のりこ、1971年2月14日 - )は日本の女優、歌手。80年代アイドル。サンミュージックプロダクション(1986年 - 2009年夏)を経て、オフィスニグンニイバ(2012年 - )所属。愛称はのりピー。堀越高等学校卒業。 1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、
    60キロバイト (6,501 語) - 2020年7月27日 (月) 02:53



    (出典 biz-journal.jp)





    逃亡しない方がよかったのに…

    1 Egg ★ :2020/07/29(水) 22:09:45 ID:CAP_USER9.net

    「久しぶりの連続ドラマになるはずでした。でも、その話はなくなってしまったんですよ……」(芸能プロ関係者)


     '90年代に出演したドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)で歌った主題歌『碧いうさぎ』が大ヒットし、女優としても歌手としても、スターダムに駆け上がった酒井法子。しかし、“あの事件”でその勢いが止まった。

    「'09年に、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。裁判では、起訴事実を認め、“夫と離婚して薬物を断ち切る”“芸能界を引退して介護の仕事をやりたい”と述べていました」(スポーツ紙記者)

     しかし、長年活躍していた芸能界への思いが強かったのか、引退はしなかった。

    「'13年にフジ系で放送された『さんまのまんま』に出演し、バラエティー番組に復帰。その後は、舞台やコンサートを中心に活動しています。ここ数年は、中国での活動に力を入れていますよ」(同・スポーツ紙記者)

     一方、女優業で復帰するハードルは高かった。

    「'13年7月6日にBSジャパンで放送された『黒い報告書 女と男の事件ファイル3「誤解」』というドラマに単発で出演したものの、やはり地上波は難しいのか“事件”以降、連続ドラマの出演はありません」(同・スポーツ紙記者)

    プロデューサーが消息不明に

     '18年には週刊女性で、酒井がインターネットで配信されるドラマに出演することが決まったと報じた。

    「動画配信やオンラインゲームなど、40以上のサービスを提供しているDMM.cоmで配信される『蛇の道は蛇』という連続ドラマに、意地悪な女性役で出演する予定で、撮影もしていました。'19年末までに配信する予定だったといいます」(制作会社関係者)

     実現すれば、'07年のドラマ『まるまるちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)以来、12年ぶりの連ドラ出演になるはずだった。だが、あれから2年たっても、いまだに配信されていない。いったい、何があったのか。

    「実は、お蔵入りになってしまったんです。公式に発表する前に情報が漏れたことで、ほかの出演者から制作サイドに“好奇の目で見られるような作品には出演したくない”とクレームが入ったそうです。そこから話がこじれてしまったみたいですね」(同・制作会社関係者)

     追い打ちをかけるように、もうひとつトラブルが。

    「DMMと出演者の間に、ある制作会社が入っていたのですが、突然、そのプロデューサーと連絡がとれなくなってしまったんです。現在もその人の消息は不明。こんな状況では、配信するのは難しいと思います」(芸能プロ関係者)

     酒井の出演する予定だったドラマがお蔵入りになっていたことについて、DMMに問い合わせたが、期限までに回答はなかった。

     女優として輝く酒井の姿はもう少し先になりそうだ。

    7/29(水) 21:01 週刊女性プライム
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b043d2c7628238d4bc998711fa444ed172cd08c5

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【酒井法子】ドラマ復帰が困難⁉️「一緒に出たくない」共演者の拒絶】の続きを読む

    このページのトップヘ