idolland

芸能、アイドル、時事ニュースなど 綴っていきます!  宜しくお願いします(*´꒳`*)

    タグ:飯田圭織


    飯田 圭織(いいだ かおり、1981年(昭和56年)8月8日 - )は、日本の歌手、タレント。身長164cm、血液型A型。アップフロントクリエイト所属。ハロー!プロジェクトおよび、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーであった。 北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北
    30キロバイト (4,000 語) - 2020年7月25日 (土) 00:50



    (出典 stat.ameba.jp)


    私もやってみたい(o^^o)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/01(金) 19:32:10.79 ID:CAP_USER9.net

    元「モーニング娘。」の飯田圭織(39)が26日までに自身のインスタグラムを更新し、年末年始を迎えるにあたって点滴を受けたことを明かした。

     飯田は「こんにちは 今日も朝からバタバタと子供達の用事に動き回っています ここ数日ずっと忙しくしているので少し疲れも感じ始めたので、元気に年末年始を迎えるためにもここでエネルギー補充 わたしの救世主、高濃度ビタミン点滴をしてきました 元気に笑顔で年末年始を迎える為にも自分を労ってあげるのも大切ですね」と記し、マスクをしたショットや点滴のボトルの写真をアップ。「#こんにちは #エネルギー補充 #高濃度ビタミンc点滴 #救世主」とつづった。

     飯田は2007年にロックバンド「7HOUSE」の元ボーカル・ケンジさんと結婚。08年2月に第1子長男を出産も、7月に慢性腎不全で死去したことを公表。13年5月に第2子次男、17年9月に第3子長女を出産した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e555c7eb38fb961a9f79f39697ee3e9fd2afd30
    2020/12/26(土) 21:00配信


    (出典 hochi.news)



    (出典 hochi.news)


    【【飯田圭織】「疲れも感じ始めたので」補充した高濃度ビタミンC点滴って⁉️】の続きを読む


    飯田 圭織(いいだ かおり、1981年(昭和56年)8月8日 - )は、日本の歌手、タレント。身長164cm、血液型A型。アップフロントクリエイト所属。ハロー!プロジェクトおよび、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーであった。 北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北
    30キロバイト (4,000 語) - 2020年7月25日 (土) 00:50



    (出典 stat.ameba.jp)


    いいなぁ(o^^o)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/25(水) 20:04:03.57 ID:CAP_USER9.net

    画像出典:飯田圭織オフィシャルInstagramより
    11月23日、元モーニング娘。の飯田圭織が、Instagramを更新した。

    飯田は自身のInstagramアカウントにて「スキンケアについてご質問があったのでお答えしますね」と切り出し、「化粧品メーカーのあきゅらいずさんのお仕事をさせて頂き、洗顔と保湿の大切さを知り自宅で気にする様にしました」と洗顔と保湿に気を使っているとコメント。

    そして「乾燥だけは絶対にしないようにお部屋のあちこちに保湿出来る物を置いて乾燥が気になったらいつでも保湿 という感じで過ごしたら 肌の調子もトーンも上がり遂に39歳で脱ファンデしました」「#39歳 でも出来る」と現状をコメントやハッシュタグで綴り、素肌感のある自撮り写真を公開した。

    この投稿に、ファンからは「とてもお綺麗です!」「お肌がツルツルのピカピカ」「お肌キレイで羨ましい」といった飯田への称賛や、「脱ファンデ素晴らしい」「私も気をつけようっと」といった声が寄せられていた。

    そんな飯田は、別日の投稿では「余り物でパスタランチ」「子供達のリクエストでお出汁のパスタです」と綴り、自作のパスタを公開。また“レシピを教えてほしい”というコメントに対し、「自己流ですが 参考になれば」と調理法を返信していた。

    飯田は、1998年にモーニング娘。の初期メンバーとしてデビューし、2001年には2代モーニング娘。リーダーに就任。グループの中核を担うが、2005年にグループを卒業した。私生活では、息子、娘を育てる2児の母で、自身のブログやSNSでは、子供たちの様子や、小学1年生の息子のために作る彩り豊かな弁当などを公開し、その良き母親としての一面に注目が集まっている。

    画像出典:飯田圭織オフィシャルInstagramより



    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12252-871409/

    2020年11月24日 18時20分 E-TALENTBANK


    (出典 etb-media-photo.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【飯田圭織】お肌がツルツルと話題、キレイの秘密とは⁉️】の続きを読む


    飯田 圭織(いいだ かおり、1981年(昭和56年)8月8日 - )は、日本の歌手、タレント。身長164cm、血液型A型。アップフロントクリエイト所属。ハロー!プロジェクトおよび、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーであった。 北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北
    30キロバイト (4,000 語) - 2020年7月25日 (土) 00:50



    (出典 kodoyoko.com)


    自律神経大事ですね(;´д`)

    1 フォーエバー ★ :2020/11/08(日) 09:27:13.82 ID:CAP_USER9.net

    飯田圭織が、今年の夏頃に体調不良だったことを自身のブログで告白した。検査結果には異常がなくしばらく悩んでいたものの、その後体調不良の原因が判明したという。コロナ禍とも関係するその原因を知ったファンからは共感の声があがった。

    5日、元モーニング娘。の飯田圭織(39)が『飯田圭織オフィシャルブログ「飯田圭織のいいかおり~」』を更新し、今年夏頃に体調を崩していたことを明かした。飯田は「体調は今はとってもよくて元気なのでご心配なくね」と前置きした上で経緯を説明している。

    飯田は様々な検査や人間ドックを受けたものの、特に異常は見つからなかったという。そして「どこも悪くないのにずっと体調不良である事がずっと気持ち悪いと感じていました」と当時の心境を綴った。

    その後、飯田の体調不良は自律神経の乱れが原因であることが判明。「みんな同じだと思いますが、この様な世の中ですからストレスや心配が重なったのが原因」とコロナ禍が多少なりとも体調不良の原因となったのではないかと推測した。

    この投稿を見たファンからは「私も全く一緒です」「僕も自律神経失調症っぽい感じが今年いきなり来たから分かるよ」と共感の声が集まった。SNSでも「私もこれだろなぁ、自律神経恐るべし」という反応があり、飯田と同じようにコロナ禍の影響で体調不良を感じている人は多いようだ。

    新型コロナウイルス流行後、うつ病や自律神経失調症が急増しているという。生活環境変化の影響で増えた疾患について全国の医師に調査したところ、約4割の医師が「精神疾患」と回答。こちらの調査は今年8月に『e*ケア』がインターネットで実施したものである。

    体調不良の原因が分かった飯田は、その後好きなヨガを再開し鍼治療に通うなど体調改善に努めたそうだ。その結果「10年前に戻ったと思える位身体も気持ちも軽い」状態になったと報告。ファンからは安堵の声と「無理しないでくださいね」というコメントが寄せられていた。


    飯田は2007年に解散したバンド「7HOUSE」のボーカル・ケンジと結婚。翌年、長男を病気で亡くしている。現在は2児の母として子育てに奮闘中の飯田は、ブログでも頻繁に子育ての様子を綴っている。

    次男のために作った手作り弁当の写真を載せることも多く、ファンからは「いつもお疲れ様」と飯田をねぎらうコメントが寄せられている。栄養バランスを考えた手作り弁当を見るだけでも、飯田の我が子への愛情を感じられる。

    飯田は自分の性格を「気合いでやり切れる自分を知っているから、あれこれやりこなそうとしてしまう自分がいる」と分析。子育てやコロナ禍によって気持ちが張り詰め、リラックスできていなかったことを反省していた。

    我が子に対して穏やかに接してあげられるように、「頑張り過ぎず頑張る」と誓った飯田。飯田自身も「人によって合う、合わないはあるかもしれません」と言っているように、ヨガや針治療がすべての人に効くわけではない。しかし飯田のように原因不明の体調不良に悩まされている人にとって、今回の体験談はひとつの希望になったかもしれない。

    2020/11/08 08:45
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8423822?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【【飯田圭織】体調不良"自律神経の乱れ"が原因であることが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ